ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近みたDVD
「デス・レース2000年」

原題も同じく「DEATH RACE 2000」で副題が「ACROSS COUNTRY ROAD WRECK」、公開は今から30年前の'74年…当時のレーティングでR17指定でしたが、フィクションとはいえ得点のため無差別に人を轢き殺す映像は今じゃ想像もつなかない程の衝撃を観客に与えたのではないでしょうか?
「アメリカを横断する殺人レース」というフォーマットは既にあったのかもしれませんが、カー・アクション映画やダークなSF映画など様々な切り口から語られる本作が後のエンターテイメントに及ぼした影響も少なくないと思われます。

N.Y.からニューL.A.へ…まるで「Route 66」の歌詞みたいに爆走するのは「チキチキマシン」ばりに改造された車、更に「75歳以上は高ポイント」など一般市民を悪い意味で巻き込んで娯楽番組に仕立てるメディアのアイロニカルな未来。
主役は若かりし日の故・デヴィッド・キャラダインが演じる、元祖ダース・ベイダーの量産型「今年のフランケンシュタイン」…当時「ロッキー」を構想中の若きシルヴェスター・スタローンが演じるマシンガン・ジョーの他にカラミティ・ジェーンや暴君ネロといった奇抜な連中が、これまた絵に描いたような未来都市を駆け抜けて殺し合います。

中古のフォルクスワーゲンをベース車両にしているとは思えない、今でも通用しそうな疾走感あふれるカー・アクションは意外な見所でしたよ…逆に車とかセットの痛々しいレトロ・フューチャー加減やスプラッター場面の安っぽさには不思議とほのぼのしますね。笑
確かに本作はスタッフ自ら語るように“低俗でくだらない”チープなB級映画で低予算のカルト・ムービーなんですが…ヌードが男女とも妙にエロチックに撮れていて感心する反面、スタローンですら艶かしいってのは微妙な気分ですな!笑

“西暦2000年 ひき逃げがスポーツになった”…第四次どころか第三次大戦も起こらなかったから笑える、この大らかなアホ発想の味わいも若い世代だとピンと来ないかもしれません。笑
しかし5台とも2シーターのオープンカーって、やたら車体のレスポンスが良く撮れてるせいでレースゲームのリプレイ画面にも見えるのですが…こんな風に感じる40年後の世界を描いた映画があの時代にあったら、その頃の観客はどんな感想を抱いたろうなぁ〜?


関連記事:
【最近読んだ本】長山靖生「彼らが夢見た2000年」| 2009.10.28


*以下の動画は、携帯からでは閲覧できないかもしれません。

『Death Race 2000 (1975) - Trailer』(このスピード感はコマ数を計算したスロー撮影の成果だそうで、車載カメラ映像はラリー・ゲームの「WRC」を連想させます・・・しかしオープンカー&コースアクシデントという点では「エディット・レーシング」を、挙動の軽さや異様な加速力では「バギーグランプリ」を連想しました)


『Death Race 2000 killcount』(ケチャップ感満点とはいえ轢殺シーン集ですが、風景の美しさも見所かと)
0
    | cinema | 2014.12.24 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top