ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近聴いたCD
AC/DC「ROCK OR BUST」

先日買った、AC/DCの最新作です…こないだ「最近買ったもの」で書いたように、マルコム・ヤングが痴ほう症のため引退して本作では甥のスティーヴィーがリズム・ギターのパートを引き継いでおります。
これでオリジナル・メンバーは弟のアンガスだけになってしまいましたが、ベースのクリフ・ウィリアムズもボーカルのブライアン・ジョンソンも全盛期を支えて30年以上ですし…本作の製作後にまたバンドから離脱したらしいフィル・ラッドにしても、僕が聴き込んできたアルバム全部が彼のドラムなので過去に劣るような音ではありません。

というか前作「悪魔の氷」は(若年リスナー層の開拓を狙ったポップ路線)というか、過去の焼き直しといった印象があって個人的には物足りなかったんですよ…本作の売り方も前作を引き継いだようにYouTubeとかAmazonとかでやたら宣伝してるので、マルコム引退の報がなければ聴く気にさえならなかったでしょう。
しかも(ロックか死か!)的なオッサン臭いアルバムタイトルですからね、昔にも(すべてのロックする者たちへ、我ら祝杯を掲げん)的なタイトルのアルバムを出してますし前作にもロックと機関車を結び付けた80年代チックな曲がありましたけど勘弁してっていう。

まぁそういった先入観は音を聴いて安堵に変わりました、一段と泥臭さが抜けちゃった感じが寂しい気もしますけど自分をパクってんのかみたいなリフもないし一時は衰えを感じたブライアンの声もハリがあるし。
硬質なサウンドは、初めて全米一位を獲得したアルバム「悪魔の招待状」を進化させた感じで…硬いといっても耳障りなシャリ感ではなく、粒立ちが明確でザラザラとしてるのに全体としては岩塊のように重く引き締まって聴こえるですね。
正直言って(買って好かった〜!)と思いましたよ、マルコムへの餞別ぐらいの気持ちで中身に期待はしてなかったのですけれども。


関連記事:
【最近聴いたLP】AC/DC「FLICK OF THE SWITCH」| 2007.11.14
【最近聴いたCD】AC/DC「悪魔の氷」| 2010.05.18
【最近聴いたCD】AC/DC「FLICK OF THE SWITCH」(再聴)| 2014.01.23
【最近買ったもの】AC/DCの新譜| 2014.12.15
【最近聴いたCD】AC/DC「ROCK OR BUST」「FLICK OF THE SWITCH」(再聴)| 2015.11.03
【本日の脳内BGM】「Play ball」「Rock or bust」| 2019.01.19
0
    | music | 2014.12.26 Friday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top