ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近みたDVD
「ティーン・ビーチ・ムービー」

最初タイトルの「ティーン」を「ティン」と読み違えて(ブリキと海辺の物語?)と、意外すぎる組み合わせにワクワクしちゃったんですよね…まるで泉昌之の漫画で「ああ無情」から「アーム・ジョー」という腕相撲一代記を妄想する話みたいですが、オールドSFと若者文化が融合したイメージが勝手に湧いてきて手に取って見たら違った!笑
本作は「現代の恋人同士が波に呑まれて辿り着いたのが50年代ミュージカル映画の世界だった」という、これはこれで訳の分からない設定の映画なんですね。
しかもディズニー・チャンネルという子供番組のスピンオフ作品、そら無いわw

と、棚に戻した後で(いや待てよ)と…「50年代ミュージカル映画の世界」って、それはそれで気になる設定に思えて結局借りちゃったという次第なのです。
フィフティーズを扱ったミュージカルといえば若きトラボルタが主演した映画「グリース」ですが、子供の頃にTVで観て中学の時に輸入盤の中古サントラを買ったんですよね僕…MGMミュージカルも割に好きなんですけど、原体験といえば「グリース」なのです。
舞台でのミュージカルは、高校の時に劇団サムシングが上演してた「ルパン三世」しか観た事ないし基本的に興味はないんですがね。

サーフィンしてて波に呑まれたら過去にタイムスリップ、という映画「ザ・ライド」が非常に好かったのもありまして…そこに「グリース」的な振り付けのミュージカルが加わるなら、個人的には観たくなる訳で。
逆に、まともな大人は観たくならないんじゃない?笑
明日のポップ・アイコンを夢みる少年少女の作り笑いなんて、普通に考えりゃ痛々しいだけです…いや演技が下手とかではなくね、要するにアイドル予備軍のアイドル風映画ですから。
とはいえロングボードでの波乗り場面の映像も美しいし、昔っぽい振り付けのダンスも僕は楽しめました。

サーフ・ショップを経営するヒロインの祖父と主人公が大好きなミュージカル映画「ウェット・サイド物語」は、地元で対立していたサーファーとバイカーのチームが団結して不動産屋の悪巧みに立ち向かうストーリー…その中に来ちゃったものだから主人公はダンスも踊れるし浮かれっ放し、だけど彼女の方は状況に翻弄されて逆ギレ気味!笑
しかも2人は本来なら恋に落ちる筈のロック少女と爽やかボーイのハートを掴んでしまい、エンディングで起こる予定の嵐を利用して元の世界に戻ろうとしてたのにストーリーが変わり始めて2人まで映画の登場人物になってゆくのでした。

ある意味ドラマとしては不自然というか非日常的なミュージカルというスタイルをパロディにしてるメタ発想のユニークなアイデアと、先の事なんて考える必要のない恋人同士の日々が終わる直前に訪れた(永遠の夏)という「うる星やつら2ビューティフルドリーマー」な舞台…これぞラブコメ調「バック・トゥ・ザ・フューチャー」、と言ったら身も蓋もないかもね?笑
現実主義のヒロインがミュージカル好きになるのも悪くないし、甘酸っぱいクライマックスも悪くないな…クレジットが無いのは疑問だけど、ご都合主義な展開もネタって事で精神年齢が低めな大人向けです。
カワバンガ!


〈ミュージカル〉関連記事:
【最近みたDVD】「オズの魔法使い」| 2013.03.11
【最近みたDVD】「サタデー・ナイト・フィーバー」| 2013.06.23
【最近みたDVD】「ロック・オブ・エイジズ」| 2014.02.26
【最近みたDVD】「メリー・ポピンズ」| 2014.05.25
【最近みたDVD】「巴里のアメリカ人」| 2015.10.01


*以下の動画は、携帯からでは閲覧できないかもしれません。

『Teen Beach Movie - Can't Stop Singing - Sing-a-Long!』(終盤、ミュージカル嫌いのヒロインまで喋ると歌になってしまう場面・・・ここでタップは大笑いしちゃいました、ヒロイン役のマイア・ミッチェルが可愛いんだなぁ)


『Surf's Up (from "Teen Beach Movie")』(ラストのダンス・シーンです、ヒロインが「私はマック」と名乗るのは序盤のダンス・シーンを受けた台詞)


『Grease - We Go Together』(ちなみにこちらは「GREASE」ラストシーンのダンス、不良少年たちと優等生少女たちが和解するストーリーは本作の「ウェット・サイド物語」元ネタっぽいなぁ)
0
    | cinema | 2014.12.28 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top