ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
V.A.(著)、浅倉久志(訳)、大森望(編)「きょうも上天気」

初版'10年の角川文庫、本書は同年に亡くなった翻訳家の浅倉を偲んで編集されたSFアンソロジーです。
60年代から英米の優れたSF作品を日本に紹介した訳者の、短編だけで600編を超える訳出から厳選した9編を収録しています。
“浅倉さんがこよなく愛した”というP・K・ディックヴォネガットに、ル・グィンやJ・G・バラードといった有名所を加えて“浅倉さん好みの五〇年代SF(洒落たアイデア・ストーリー)”でまとめ、80年代以降の作品を削ったのには“古手の読者には懐かしく、若い読者には新鮮に読んでもらえる”ようにという意図からだそうです。

彼の功績やエピソードは巻末解説に詳しいですが、9時から18時まで翻訳に没頭して締切内に完璧な原稿を上げる仕事人だったそうで…かと思えばSFファンをニヤリとさせるようなパロディ短歌を詠んだり、また同業者に“困ったときの浅倉頼み”と言われるほど信頼され慕われていたとか。
またSF同人誌〈宇宙塵〉で知己を得た同郷の高校生が伊藤典夫で、大学入学と共に早川書房へ入り浸った彼に誘われて1ヶ月違いで創刊3年目のSFマガジンにてデビュー…“修行時代”なしで翻訳業を開始、専業になるや自ら企画を持ち込んで多作ぶりを発揮するなどの逸話がゾロゾロ!

実際“翻訳の耐用年数”という言葉どおり、特にSFというカテゴリーではそれが未来的な概念や仕掛けの方から色褪せていきます…90年代のサイバーパンク物ですらそう感じる時があるのだから、ケータイもパソコンもない時代の訳語では却って現代の読者には伝わりにくくなってしまう事も珍しくないでしょう。
そんな翻訳目線で読む必要もない位、浅倉訳というのは耐用年数の長い自然な言葉で組み立てられています…尤も、本書に収録された作品に宇宙船やロボットなどが登場しないのは編者の心遣いからなのかもなぁ。
原作者だって、半世紀先の読者は想定し得ない筈で。

ともあれ、ネタバレ含む作品紹介は個人的メモにて。


〈浅倉久志(訳)〉関連記事:
【最近読んだ本】ウィリアム・ギブスン「あいどる」| 2010.12.19
【最近読んだ本】ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア「すべてのまぼろしはキンタナ・ローの海に消えた」| 2013.05.12
【最近読んだ本】ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア「たったひとつの冴えたやりかた」| 2014.01.10
【最近読んだ本】シェイムズ・ティプトリー・ジュニア(著)、伊藤典夫(共訳)「愛はさだめ、さだめは死」| 2014.03.26
【最近読んだ本】ポール・アンダースン「地球帝国秘密諜報部員」| 2014.09.08
【最近読んだ本】R.A.ラファティ(著)、伊藤典夫(共訳)「昔には帰れない」| 2015.06.25
【最近読んだ本】テッド・チャン「あなたの人生の物語」| 2017.01.07
【最近読んだ本】ポール・アンダースン「大魔王作戦」| 2017.06.21

〈SFアンソロジー〉関連記事:
【最近読んだ本】赤木かん子・編「SFセレクション7 未来世界へようこそ」| 2012.10.09
【最近読んだ本】赤木かん子・編「SFセレクション1 時空の旅」| 2012.10.17
【最近読んだ本】大森望・編「時間SF傑作選 ここがウィネトカなら、きみはジュディ」| 2014.01.22
【最近読んだ本】日本SF作家クラブ・編「SF JACK」| 2014.02.18
【最近読んだ本】伊藤典夫(訳)「冷たい方程式」| 2014.09.20
【最近読んだ本】山岸真(編)「90年代SF傑作選〈上〉」| 2015.03.14
【最近読んだ本】V.A.「2030年の旅」| 2019.01.04


以下、個人的メモ。
アーシュラ・K・ル・グィン「オメラスから歩み去る人々」
誰もが幸福に暮らす理想都市オメラス、その代償は一人の少年に負わされていた…「これから『正義』の話をしよう」でサンデル教授が本作に言及してるという、初出'73年の“最小不幸社会”を描いた傑作短編。

J・G・バラード「コーラルDの雲の彫刻師」
コーラル砂漠の空にグライダーで雲を彫刻する若者たちと余興を求める富裕者の短い夏を描いた、初出'67年のファンタジー。

ロバート・シェクリィ「ひる」
「ウルトラQ」のバルンガ元ネタで倉橋由美子の初期長編にも引用されたという究極生物の飛来からゾッとするオチへのスリリングな筆致が見事な、短編の名手による初出'52年の作品。

ジェローム・ビクスビイ「きょうも上天気」
“「うる星やつら2 ビューティフルドリーマー」や「涼宮ハルヒの憂鬱」の原点”とされ、かつて「トワイライトゾーン」TVシリーズや劇場版で映像化された初出'53年の作品。

ウォード・ムーア「ロト」
旧約聖書のエピソードを冷戦下の核戦争時に置き換えた、終末SFの古典といわれる初出'53年の作品。

マック・レナルズ「時は金」
タイムトラベルを世界史に絡め、預金利息で全世界の資産を手にした男の正体と使途が痛快なオチに来る初出'56年の作品…著者は友人フレドリック・ブラウンに薦められてSFを書き始めたという、アイデア・ストーリーの多作家だそう。

ワイマン・グイン「空飛ぶヴォルプラ」
初出'56年、人語を解する知的な生物ヴォルプラを生み出した悪意なき科学者の目線で語られる切ない物語…著者は寡作で知名度も低いそうですが、名作です。

カート・ヴォネガット・ジュニア「明日も明日もその明日も」
死なない世界の今や笑い事じゃない生々しさを、著者らしいブラック・ユーモアたっぷりのドタバタ劇に仕立てた初出'54年の作品。

フィリップ・K・ディック「時間飛行士へのささやかな贈物」
初出'74年、前口上によると“米ソ宇宙開発競争を下敷きにした異色の時間SF。数あるディック短編の中でも折り紙付きの名作であると同時に、時間ループものの先駆的な作品でもある”そうで…国家の威信を賭けた時間飛行に失敗し、円環連鎖に陥った世界の鍵を握る「予め死にゆく者」の厭世的な物語。
0
    | books | 2015.01.09 Friday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top