ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近やったゲーム | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだマンガ
五十嵐大介「魔女」第二集

初版'05年の小学館IKKICOMIXで、月刊「IKKI」に掲載された中編と短編と描き下ろしで更に短い1編を収録…第一集から間が空いてしまいましたが、この2冊は今のところ僕が所有している唯一の漫画本なのです。
作者の他の作品も読んでみたいと思いつつ、本作ほど作者のテイストに相応しい題材で描かれた漫画は出ていないように感じてね。笑
前巻では魔女自身が主役でしたが、本作では魔女未満の少女目線で進行します。

どうしても本作は巻頭の中編「PETRA GENITALIX」ばかりが語られがちで、しかしまた作品自体が言葉にするのを拒んでいる風でもあって歯がゆい思いを抱き続けておりました。
おそらく作者は先ずカンブリア爆発に着想を得たのだと今回は思いました、地球の生命系統とは根本的に異なる種子が軌道上を漂流していて…それが持ち込まれる事で科学の傲慢さと男性的権威主義の脆さが露呈され、地球または宇宙の声を聞く者が答えに至る的な順でストーリーを膨らませていったのではないかと。
しかし、そう考えると作者はアン・ハサウェイが好きって訳でもないのかね?笑
そして中盤で登場する神父が、前巻ラストの小話との繋がりを示唆します…多くの人には見えない魔女が語ったのは、この未曾有の事態への警告だったのでした。
オガム文字や来訪神クランプスが分かったのが割と最近で、燻し十二夜の儀式については未だに分からず…読むたびにまた少しずつ新しい発見があり、今ここで何かを述べても読み終わった事にはならないけれど。

次の短編「うたぬすびと」は沖縄の話で、千足という魔女に罠を仕掛けられた女子高生ひなたの悲劇です。
ひなたが聖地で癒されるシークエンスの幻想的な描写を初めて見た時、僕は作者の表現力に圧倒され(漫画が漫画を超えた!)とさえ感じたのですけどね…それと、真名を奪われるという民俗学的な部分もポイントです。
僕もフェリーで与論島までは行った経験があるので、この船の描写は親近感を覚えました…正直なところ作者が本作の舞台となった世界各地へは実際に行っていなかったと知った時は唖然としましたが、船上のリアリティまでも写真と想像力だけって訳はないよね?
今回の発見は、ひなたが千足の罠に嵌まる時に月面から凝視している千足の祖母でした…目を描かず口許だけで険しい表情が伝わり、それは孫の悪意を咎めているのか聖地に踏み込もうとする余所者を不安視していたのか?

そして描き下ろしの「ビーチ」も、なんで今まで気付かなかったんだろう…これって証拠はないけれど幼い頃の千足と祖母ですよね、ほのぼのとしたエピソードではありますがグソーのオババがシュールすぎる!笑


関連記事:
【最近読んだマンガ】五十嵐大介「魔女」1,2集| 2008.02.12
【最近読んだ本】五十嵐大介「画集 海獣とタマシイ」I&II| 2013.09.09
【最近読んだマンガ】五十嵐大介「魔女」第一集(再読)| 2014.04.13
【最近読んだ本】シャルル・フレジェ「WILDER MANN 欧州の旅人―仮装する原始の名残」| 2015.10.24


以下、個人的メモ&メモ画像7点。
「“体験”と“言葉”は同じ量ずつないと、心のバランスがとれないのよ。」

「自分の“楽”は必ず誰かが肩がわりしているの。大きな技術に関わっている人たちがその事を忘れてしまうのは、ほんとうに恐ろしいことよ。」

「連中はものを作り出すことを知らん。生活を形づくっているものがどこから来ているか。それは我々の根っこだからな。根がなかったら自分の力でしっかりと立っている事はできないだろう。それで根のない噂にも振り廻される。」

「遥か別の場所で生まれたコトバが、あなたを通して語られる事もある。予兆は常に他者によってもたらされるとは限らないのよ。」

「自分の身を危険に晒さない者は口を慎みなさい。」

「あなた達の言葉は、ありとあらゆる可能性を特定の性質に切り分けるナイフ。自分達の都合のいいように世界を刻む道具。わたし達は世界をあるがままに見る。わたし達は言葉を知りながらそれを棄てることができる者。」

「生物の進化っていうのは、こんな死体の海を泳ぎきるレースみたいなものかもね。」

「“魔女”は考えないの。魔女は、ただ知っているのよ。自分自身のするべきことをね。」

「いちども空を見たことがない人が『晴れた空は青い』と言ったら、言葉は間違ってなくてもそれはウソなんだわ。あなた達の言葉は汚れてしまって悲しんでいます。」

「“言葉”ではなく“行い”を見ろ」

「“大いなる魔女”はね大きな大きな“力”や、ずっと昔から未来へとつながる“流れ”の呼び名なの。わたしはその一部にすぎない。“森”はそこにはえている木のことではなくて、そこにある全ての命、光や時間がかたちづくるものでしょう。そこにいる事に気づいた時から、誰だってその森の一部になる。それと同じ。」
(by「PETRA GENITALIX」)


「ひなた、体じゅうどこもかしこも。ねむってる。ドアも窓も閉めきったままで、なんにも入って来ない。だからカラッポ。」

「耳をすませば鼓膜が音の振動を受けとめるように、全身をすましたとき、目や腕や内臓全部。『想い』や『心』がうけとめるの。世界のうたう『うた』を。」

「約束を破ったら。これから受け取るはずの祝福も全部、とりあげられちゃうのよ。」

「…それぞれのリズムが響き合うことで世界が形づくられているのなら……オレたちから見れば世界は、うたのようかもしれない…」

「マラソンのランナーはね、自分の体と対話しながら走るんだ。筋肉の収縮と弛緩の摩擦。ふみしめる大地の密度。呼吸の温度。風の湿度。全てのハーモニーが美しく響き合うように。うたうように走る。水泳の選手も、畑で美しい野菜を作る人も。みんな、世界のうたを感じてるよ。自分もうたの一部になれるように…世界に、溶け込めるように。」

「…あの子の祝福は名前とともにとりあげられる。約束を破ったあの子の名前を、もう、誰も呼ぶことはない。」

「『一、むやみに約束をしないこと』
『一、約束したら必ず守ること。』
『一、自分にとって大切な場所は自分だけで発見すること』
誰かのいいなりになってると気づいたら立ち止まってみることね。」
(by「うたぬすびと」)


五十嵐大介「魔女」第二集1
五十嵐大介「魔女」第二集2
“わたし達は皆・・・・・・“彼女たち”の眷属なのだから。”(by「PETRA GENITALIX」)

五十嵐大介「魔女」第二集3
五十嵐大介「魔女」第二集
五十嵐大介「魔女」第二集4
五十嵐大介「魔女」第二集5
空間の密度を表現する巧みさ、見えない世界への畏怖を描ける稀有さを感じます。(by「うたぬすびと」)

五十嵐大介「魔女」第二集6
“抜け道の神様”という気持ちが素的です。オバァの言葉を聞いてたセミは、ひなたが盗みを働くのを見てたセミと係っているのだと思います。(by「ビーチ」)
0
    | comic | 2015.01.12 Monday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top