おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近聴いたCD
PRINCE「CONTROVERSY」

僕が初めて買った、プリンスの'81年のアルバムで邦題は「戦慄の貴公子」。
当時から散々LPで聴いて脳裏に染み込んでいる位だから今更CDでもないのですが、ワゴンセールで¥280なら買っちゃいますとも!

タイトルを直訳すると「物議、論争」なんですね、既に堕胎も近親相姦も同性愛も歌にしている彼は1曲目のタイトルナンバーで様々な信条や正邪に問いかけてきます…もちろん本作でも自慰とかズバリ「セクシュアリティ」について歌っておりますが、当時の大統領レーガンに冷戦状態の解決を訴える歌もあるんです。
そんな歌詞、現代では過激でも何でもないし盛んに歌われてるかもしれませんが…そこまでタブーに切り込んでいけてたアーティストが34年前に他にもいたのか僕は知りません、なーんて事は深く考えてもみませんでしたけどねあの頃は。

サウンド的にはエレクトロ・ファンクといった感じですが、テクノ・ポップ初期のシンセ音ですから今からすればチープな印象かも…7分越えのタイトル曲と2曲目の、やたら生々しいギターのカッティングや耳許で囁かれるようなボーカルのデッドな音処理は未だに謎で非常に衝撃的でした。
LPのB面に相当する4曲目以降は正直なところ面白味には欠けますが、このディスコビート+ロックンロール調で次作「1999」のヒットを生み、ワウを効かせた派手なギター・プレイは次々作「PURPLE RAIN」に活かされた訳で…つまり本作は、いわば「プリンス・ブレイクの素」なのです。

僕は「BATMAN」でプリンスを見放したんですが、そこまでのアルバムで最高傑作を挙げるなら…思い入れ抜きでも本作、じゃなきゃ「PARADE」になるでしょう。
特に本作までの、ブレイク前の彼のアルバムは宅録っぽいアナログさが感じられて好きです…デビュー作から作詞作曲だけでなく全楽器の演奏とプロデュースまで独りでこなす彼ですが、まだ機材やスタジオに金をかけられなかった時代の作品は曲自体の好さがハッキリ感じられる気がします。
さて未だに「見た目がキモい」とか言ってる人にお願いがあります、彼が死んだ後になってから冗談でも「キング・オブ・なんちゃら」とか言うんじゃねーぞ…そういう輩は一生プリンスを聴かないでね、マジで。


〈プリンス〉関連記事:
【最近聴いたCD】PRINCE「Planet Earth」| 2007.07.25
【最近聴いたCD】V.A.「コントロヴァーシー:ア・トリビュート」| 2008.09.22
【最近聴いたCD】プリンス「ブラック・アルバム」| 2008.12.18
【最近聴いたCD】V.A.「トリビュート・トゥ・ジョニ・ミッチェル」| 2009.06.07
【最近聴いたCD】PRINCE「ART OFFICIAL AGE」| 2016.10.09
【最近みた映画】「UNDER THE CHERRY MOON」| 2016.11.26
【最近聴いたCD】THE TIME「WHAT TIME IS IT?」| 2018.02.17
【最近聴いたCD】PRINCE & THE REVOLUTION「PURPLE RAIN DELUXE」(Disc 1)| 2019.05.09
【最近聴いたCD】PRINCE & THE REVOLUTION「PURPLE RAIN DELUXE」(Disc 2)| 2019.05.17
【最近聴いたCD】PRINCE「Piano & A Microphone 1983」| 2020.01.17


*以下の動画は、携帯からでは視聴できないかもしれません。

『Prince - Controversy - 01/30/82 - Capitol Theatre (OFFICIAL) 』(7分超えの1コード・ファンクです、多分じきに消されるでしょうけど・・・アルバムでは一人で全部演ってましたがライブはバンドを従えてます、でもやっぱアルバムのベタッとした音の感触が好きだな)


『Prince - Do Me, Baby - 01/30/82 - Capitol Theatre (OFFICIAL)』(こちらは10分超えのエロいバラードです、意外なとこでは渡辺貞夫がインストでカバーするなど割と幅広く取り上げられているシンプルな曲です)
0
    | music | 2015.01.25 Sunday | comments(0) | - |













    ↑ top