ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近聴いたCD
WEATHER REPORT「BLACK MARKET」

ウェザー・リポートの名前は小学校6年生の時に、友達の家で見せてもらった彼のお母さんの遺品だったレコード・コレクションにて初めて知ったのですが…まさか、ご縁があるまでこれほど長い歳月を要するとは思いもしませんでしたね。
本作は図書館でも、何度も手に取っては棚に戻した記憶があります…貸し出し枚数との兼ね合いで他のCDと比較すると(今じゃない)という気がして、なかなか折り合わなかったのです。
それにしても何故か本作ばかり手にして、他のアルバムには惹かれなかったんですよね…怪しげなタイトルのせいか、ジャケットに描かれた祝祭的でトロピカルなイラストのせいかな?笑

ともあれウェザー・リポートといえばジャコ・パストリアスですけども、本作の製作途中で参加したらしく前任者のアルフォンソ・ジョンソンが全7曲中5曲を担当しております…ベース弾きとしてはジャコが作曲した6曲目「Barbary coast」に続くアルフォンソ作曲の「Herandnu」に注目すべきなのでしょうが、本作はジャコ目的ではなく飽くまでもウェザー・リポートの一作品として興味があったので特に気にしません。

本作がリリースされた'76年の前後はメンバー交代が相次いだようです、メインのジョー・ザビヌルにウェイン・ショーターを除くとドラムスとパーカッションもベースと同じく2人ずつクレジットされてますね…ナラダ・マイケル・ウォルデンがドラム叩いてる曲がどれなのか、気にはなるものの分からないんだな!笑
1〜3曲目「Black market」「Cannon ball」「Gibraltar」がザビヌル、続く5曲目まで「Elegant people」「Three clowns」がショーターの作曲とテリトリーを区切ったような並び順…ロックにありがちな「友達同士」じゃなく、完全に業務分担といった印象です。

サウンド的にはアナログ・シンセの音に時代を感じますね、ショーターのサックスも同じような音色に聴こえるのは僕だけ?…ジャコのアルバムで聴けるサックスと似てる気がして、あれは音がハマってると思うけど立ち上がりがキツくて個人的に苦手なタイプだな。
全体的にエキゾチックなコンセプトなのもあり、浮遊感漂う楽曲が多い感じで。
ただロニー・リストン・スミスっぽい方が好きというか、少なくとも本作には惹かれる曲がありませんでしたね…無意識に期待してハードル上げてたのかな、演奏スキル高いのは分かったから何か心に響くような音を出してみてよっていう。


関連記事:
【最近聴いたCD】V.A.「クロスオーバー・イレブン」| 2008.05.09
0
    | music | 2015.02.22 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top