ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 最近やったゲーム >>
最近読んだ本
バリー・ユアグロー(著)、柴田元幸(訳)「憑かれた旅人」

「HAUNTED TRAVELLER」という原題をこう訳すとは、さすが柴田元幸って感じでしょうか…原書は'99年に刊行され、邦訳は先ず'01年から1年あまり新潮社の「波」に連載されてから未連載分と併せて'04年に単行本化された次第です。
デビュー作「一人の男が飛行機から飛び降りる」は当時ちょっと話題になったと記憶しています、かなり遅れてから本屋か図書館で立ち読みしましたが…僕も「訳者あとがき」の意見と同様に“真価が試されるのはこれからだ”と思ったものです、というと偉そうな感じになっちゃいますけど。

でも大方の読者も、著者を一発屋と見なしていた筈です…奇想天外な悪夢を僅か2ページ前後の超ショートショートでまとめる才能も力量も、100本書いたって一冊分には満たないのだから体力も発想も長くは続かないと考えますよ普通。
仮に続いたとしても読者が付いてくるかというより、先ずは出版社が難色を示すだろうなっていう気が。笑
だけど本書で3冊目になり、更に次作も邦訳が控えているとなれば的外れな先入観など捨てるべきですな。

前作「セックスの哀しみ」では恋愛要素が全体のテーマになっていたそうで。
本書は空港や列車内、異国のホテルやバーなどを舞台としたシュールな掌話ですが…それは「一人の〜」のような物理的なシュールさではなく、意外性に満ちた非日常が日常だったりする旅の(あるある感)を作風に活かした奇想天外さです。
全景がミステリアスな旅人視点、過不足ない場景描写の醸し出す夢幻のビジョン…突拍子のなさではデビュー作より堅実ながら、著者が想像力だけでなく実は文才にも優れている事を知らしめる装置としても旅というテーマは効いてますね。


〈柴田元幸〉関連記事:
【最近読んだ本】ポール・オースター「リヴァイアサン」| 2008.01.23
【最近読んだ本】柴田元幸・編「どこにもない国」| 2008.03.27
【最近読んだ本】エドワード・ゴーリー「題のない本」| 2012.12.13
【最近読んだ本】エドワード・ゴーリー「華々しき鼻血」| 2012.12.16
【最近読んだ本】ポール・オースター「リヴァイアサン」(再読)| 2014.07.31
【最近読んだ本】ポール・オースター「ミスター・ヴァーティゴ」| 2014.07.31
【最近読んだ本】チャールズ・シミック「コーネルの箱」| 2014.10.05
0
    | books | 2015.03.01 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top