ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 最近聴いたCD >>
最近読んだマンガ
端野洋子「はじまりのはる」2巻

表紙の「チェーンソー・ラプソディー」なるサブタイトルと公卿眉メガネ男子に不穏な予感がしたのですけど、中身は椎茸農家@福島の現実感たっぷりなお話なのでした。
まぁ正直、311後の現場に僕は言葉を持ちません…言葉にする度ちがってしまう気がして、僕が何かを言う事ではないのでしょう。
作者は舞台と同じ福島在住のようで、特に放射能と被曝に関して非常に勉強していらっしゃる…でも多分、域外に住んでいても本作を描いたら同じように勉強されていたのだと思います。

ただ、それらの知識を主人公に語らせているせいで、この星研一青年が可哀想なくらい可愛げがないのね…それも計算ずくで、この無愛想な顔なんだろうけど。
正しい知識を知ろうともしないで恐れている人って実際、よくいるレベルじゃない大多数だろうなって気はします…まぁ僕も知ろうとはしませんけど別に恐がってはいませんし、福島産かも気にしてなければ敢えて福島のために何かしようとも考えてはいませんから。
本当にね、東京に原発を作ってればよかったんですよ…どうしても作るならって話であって、本来は全然要らないと思ってますが。

受験生の目を通して現実的な社会の再生ビジョンを考える、小理屈こねる青二才を狂言回しに世の中の閉塞性を暴く…一面的に見えて多面的な切り口があるのが本作の魅力でしょう、2巻で完結という短い尺に詰め込んだせいで急ぎ足な印象を受けるのが惜しいなぁ。
そうそう、研一青年は若さ故に面倒臭い奴なんですが強く張っていなきゃっていう脆さの裏返しなんです…だから彼が素直な本心に気付いて涙を流すクライマックスは、してやられたと思いつつも胸に沁みますね。
因みに第4話の章題「nowhere fast」って、ザ・スミスの曲名からですよね?
初版'13年、初出も同年の「月刊アフタヌーン」。


補足:原発に関する、気になった記事のリンクを自分用に張っておきます。
   興味ある方はご覧ください。
   「原発がどんなものか知ってほしい(全)」
   「安倍晋三が「原発を簡単にやめられない」本当の理由!原発利権」Page1
   「安倍晋三が「原発を簡単にやめられない」本当の理由!原発利権」Page2
   「安倍晋三が「原発を簡単にやめられない」本当の理由!原発利権」Page3


〈311〉関連あるかもしれない記事:
【最近読んだマンガ】海野つなみ「後宮」5巻| 2011.11.24
【最近読んだ本】パール・S・バック(文)、黒井健(画)「つなみ ―THE BIG WAVE―」| 2012.08.06
【最近読んだ本】池澤夏樹「終わりと始まり」| 2014.05.20
【最近読んだ本】ニコンサロン選考委員会(企画・編集)V.A.「Remember 3.11」| 2014.11.25
【最近読んだ本】鍵井靖章「ダンゴウオ 海の底から見た震災と再生」| 2015.04.05
【最近読んだマンガ】V.A.「ストーリー311 あれから3年」| 2017.06.18


以下、個人的メモ。
“末端の職員いじめて溜飲を下げても一銭も出ないでしょう”

“核実験由来のセシウムは栽培椎茸では過去平均10Bq/kg程度検出されてきましたが/今回は量が違う/外国からの飛散ではなく我が県に発生源がある”

“俺らとか0.7とかで大騒ぎしてんのに3桁μSv普通ですってとこ…/そりゃ人が行かなきゃ原発あのままだけど「お疲れ様です行ってらっしゃい」とか簡単に言える話か?”

“あとは本社の動きだな/ポンポン新しい“基準”出して出費抑えようとする/県内事務所の人間は上と俺達の間でボロ雑巾になってな/あの会社は自分の部下でも使い捨てて構わないと思ってる”

“「フォールアウト(※ここでは1950年代から60年代前半に行われた大気圏内核実験による放射性降下物を指す)分が栽培キノコに出なかったのは汚染が木本体じゃなく落葉層や表土に留まっているから」で/この膨大な菌糸様がそれを維持している”

“生き物の命を意味づけするっていうか/ランク付けするのは人間の勘違いな気がするんです/自分に近いか役に立つ生き物に意味づけしてきただけで/自然に寄生して調子乗ってきたっていうか/いや利用価値があるとか同族だとかで優遇するのは戦略として正しいんですけど/牛とか意味が無いから殺すっていうのは経済の枠ん中でしか生き物扱えない社会の弱さの現れで/牛そのものの生きてる意味とは関係ないと思います”

“…や、放置というより手が足りないんだろうね/あとは1Fがまた爆発したら…/遠くで騒ぐのと違って作業中になんかあったら/手当てするにも水も出ないし医者に行くにも時間がかかるし”

“人間は誰かの役に立てないままだと心が死んじまう”

“本当にエネルギー政策をなんとかしたいんじゃなくて「そういうポジション」で商売したいだけにしか見えない/そうかもしんないね放射能で色々駄目になった時何か対策するんじゃなくて俺達を攻撃するほうに夢中だったもんね/不安煽って商売したい奴と不安っていえばなんでも許されると思ってる人達っていうか/ちっちゃい子なら仕方ないけどさ…”

“だいたい誰か叩いてすっきりしようとしたら/広野から今でも何百万kw送電されながらフクシマカラニゲロとかその電気使ってネットに書いてる奴と同じになっちまう/推進派反対派なんてのもざっくり言ったらT大とK大の派閥争いだろ/昔どっちの推す型式採用したかとかいう/どっちもこの事故を防げなかったそんなおっさんの代理戦争に付き合う義理も余裕もない/今一番暴言吐いてるのが火山だか地学の研究者ってのもさ暴言吐いて無力感誤魔化したいだけなんだ/どいつもこいつもなんの役にも立たなかった半生を直視したくないから格好のサンドバッグ見つけてはしゃいでるんだよ”

“誰の心の傷が一番深いか他人が勝手に比べるような事増えた気がしない?/…家族亡くした人が一番辛いと思うけど/それでさえ亡くした状況とか色んな事情とかでランク付けされてるみたいな…”

“他人のつらさを正確に計測するなんて無理だしただの傲慢だ/だけどつらかった分ひとのも見当つくようになるだろ”

“仕方ねえよ財布の中身覗くのが一番簡単なんだ/ただ同じ県に住んでるだけで理解しあえるとか幻想だし/昔全国大会出てた奴が初心者の中学生リンチして寝たきりにさせた事件あったべ加害者が未成年だとかで刑事事件にならなくて/家族の人が民事裁判起こしたら「金目当てだんべ」とかそういう事言っちゃうような奴も元々いっぱい住んでんだ”

“応援買い減少と「下がった分はトーデンに賠償させろ」という買い叩きで23年よりもかえって24年のほうが単価下がってる/ここの給食センターにも納めていて基準は10Bq/kg(※一般的な検査では検出限界値が25Bq/kg。測定時間を長くするなど、精度を上げている事を表す)それをクリアしていても戻らない/人を頼んで働いてもらっている以上見合った賃金を出す事/食品を作る以上お客様に満足していただける事/賠償頼みではこの目標が達成できない/…いや 賠償が出ている内になんとか足場を固めないと菌床も生き残れない という事かな”

“「形に残る物を賠償として出せない」という決まりがあるようだ/その菌床屋さんの場合はどうなるかわからんがまだ原木で頑張ってる人が「汚染されないように原木置き場増設するからその分賠償しろ」と言ってるんだが通らない/仮にその人の原木が汚染されたら数千万の賠償になるんだ最終的に/置き場作るのは100万でできるが”

“あ 元々我々自体が100Bq/kgちょっとの放射性物質ですからカリウムや炭素とかのアイソトープで”

“お陰様で今は元気ですけど/なんか身近であれだけ放射性物質注射されたり放射線で焼かれたりしてるのを見た後だと…”(←癌の治療と再発抑制の処置)

“あと輸入品は370Bq/kg未満なら1986年からこの4月まで流通してました”

“駄目っていうイメージだけ残って検証や知識が普及しないと最悪だな/2発も原爆落とされた国なのに放射能の知識こんなもんだったから悪い予感当たりそうだが/被爆二世三世の人らの味わった屈辱も汲み取れてねえわけだな俺も含めて”

“…俺だって広島長崎東海村とか全部他人事だと思ってたよな/どこが同じでどこが違うかもっと勉強しなきゃ/記録も記憶も沢山あるのにそれを無視するとか冒涜だ/それに/…真っ先に福島助けに来たのはあそこら辺の人達だった”

“…俺がもう駄目かもと思って見てた空/助けに行く人達が飛んでたんだ/…たった一晩たった数日だけど/助けに来る人がいるってわかるまで/さびしかった/そうか/俺/さびしかったんだ”

“あと/いい加減くたびっちる全国の福島の皆さん/立場は色々だけどあんまし思い詰めんな/がおったら休め。”
0
    | comic | 2015.04.12 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top