ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近買ったもの | main | 最近読んだ本 >>
最近聴いたCD
DIONNE WARWICK「BEST HITS COLLECTION」

以前ご紹介したのはバート・バカラックの曲ばかりを集めたベスト盤でしたが、本作は別の作曲家による歌も含まれております…しかし24曲中たった2曲(「(Theme from) the valley of the dolls」と「You've lost that loving feeling」)のみ、そして件の「SINGS BURT BACHARACH」と11曲も被っています。
残り11曲もバート・バカラック/ハル・デヴィッドという名コンビによる楽曲なんです、どんだけ彼らに気に入られてたんだディオンヌ・ワーウィック!…っていうか、どんだけ持ち歌あんだよ?っていうね。笑

解説書によれば本作は'62〜71年のセプター・レコード在籍時にチャート・インさせた38曲から選曲されているそうで、そもそも彼女をセプターと契約させデビューを後押ししたのがバカラックだったとか…以来10年間で32曲のヒットを放った、両者にとっての黄金時代も“行き違いからコンビを解消”して裁判沙汰にまで発展したそうで。
以降は移籍を繰り返し、ヒット曲にも恵まれたディオンヌですが…往時の華々しさには到底及ばず、'85年に再びバカラックと組んだカバー曲を大物アーティスト達と歌って注目を集めた程度で今や過去のスターと化してしまった感じです。

道理でオリジナル・アルバムより数多くリリースされている各種ベスト盤が、どれもキャリア初期のバカラック/デイヴィッド作品を中心にしている訳ですな!
まぁ70年代はSSWやロックバンドの台頭が著しく、R&B系に限ってもニュー・ソウルやディスコ・ミュージックといった新風が吹いてきてバカラック・サウンドには厳しい時代だったろうね…60年代を席巻したロマンチックで明朗な音楽は、例えばアメリカン・ニュー・シネマが流行する世相では主流じゃいられなくなったのでしょう。

バカラック/デイヴィッド作品の再評価は90年代に日本の渋谷系から興ったのだそうですが、'97年の映画「オースティン・パワーズ」にバカラックが登場するなど世界的にノスタルジックへの反動で見直される機運が高じていたのかも…そうした流れから彼女の楽曲にも再び陽の目があたるようになり、またぞろ代わり映えしない選曲のベスト盤がリリースされたり。笑
まぁ個人的には以前聴いたベスト盤の方が耳に馴染んでおり、一枚に絞るなら前者ですけども…本作と併せて聴けば、セプター時代のディオンヌによるバカラック/デイヴィッド作のヒット曲はすべて網羅できます。
0
    | music | 2015.03.22 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top