おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 最近読んだマンガ | main | 昨日の脳内BGM >>
最近聴いたCD
THE HORACE SILVER QUINTET「CAPE VERDEAN BLUES」

'14年に永眠したピアニストのホレス・シルヴァー率いるクインテットにJ.J.ジョンソンが客演している、'65年録音のアルバムです…この人もJ.J.同様ハードバップとかファンキー・ジャズにカテゴライズされるそうなんですが、本作の2年前に吹き込まれた「SILVER'S SERENADE」のピアノは茶目っ気を感じる洒脱さが感じられました。
しかしながら本作は、ジャケットのアートワークからしてエキゾチック・ジャズっぽい雰囲気ムンムンで…とはいっても東洋的ではなく全面的にラテン寄りなんですけど、どちらにしても趣向がかなり変わったように思えるのは確かです。

都会的な印象から一転して蒸し暑く泥臭いタイトル・ナンバーは、父親の故郷カーボベルデの音楽をブルースに落とし込んでるとか…幼少時に訪ねたイメージが根底にあるようで、そう考えると本作はホレス流の回帰指向があったのかも?
とはいえ表題にしかエキゾチックな気配は感じられず、かといって都会的かといえば若干アーシーといいますかブルージーな印象で。
モダンなワルツの「Pretty eyes」にもジョー・ヘンダーソンによるテナーが野趣を添え、4曲目「Nutville」以降「Bonita」「Mo' Joe」にはJ.J.ジョンソンが参加しているせいか彼のリーダー曲に近い印象。

ま、単に前に聴いたアルバムとは雰囲気が違ってるというだけなのでしょうが…それにしても'63年の「SILVER'S SERENADE」の軽さと比べると、ドラムスが別人なのかって位に鳴ってるし全体的に重い気がしてね。
因みに'65年はマルコムXが暗殺された年で、前年にはキング牧師がノーベル平和賞を受賞するなど公民権運動の盛んな時期で…またハード・バップの衰退期に「ゲッツ/ジルベルト」のヒットで流行したブラジリアン・ジャズと、シルヴァーの青年期に流行ったラテン・ジャズが念頭にあったのかもしれませんけどね。

それに父親をジャケ写に使った前作からの流れも、本作に無関係とはいえないでしょう…なんて、所詮は素人が分かったような深読みしてるだけなんです。笑
実際のところ、マルコムX暗殺と本作を関連付けたのは強引でしたね…かつてジャズ・メッセンジャーズを共に立ち上げたアート・ブレイキーと袂を分かった理由が、彼のイスラム信仰に耐えかねたからだと言われているそうなので。

本作は意外とジャズ・ファンの間で評価が高いみたいですけども、僕は何度聴いても何かしっくり来ないんですよ…ジャケットは本当にね、LPなら部屋の壁に飾りたい位なんですが。
きっとジャケで勝手にラテン・ジャズを期待しちゃった分、肩透かしを食らった気になるんだと思います。
アフロ・キューバン系なら所謂エル・バリオ界隈に、ブラジリアン系ならミルトン・バナナとかかな…そしてホレス・シルヴァーなら、僕はこれじゃないなぁ。
Horace Silver - The Cape Verdean Blues


関連記事:
【最近聴いたCD】ホレス・シルヴァー「シルヴァーズ・セレナーデ」| 2009.07.11
【最近聴いたCD】マイラ・アンドラーデ「ナヴェガ〜航海」| 2011.08.10
【最近聴いたLP】THE J.J.JOHNSON SEXTET「J.J.INC」| 2012.05.16
0
    | music | 2015.03.29 Sunday | comments(0) | - |













    ↑ top