ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近聴いたCD
RODRIGO Y GABRIELA「同」

彼らの3枚目にあたる'08年リリースの本作は、邦題「激情ギターラ!」!…何故こんな手を出しあぐねちゃうようなタイトル付けるかねぇ、ロドリーゴとガブリエラは“メキシコのスラッシュメタル・バンドを経てアイルランドはダブリンに渡り、そこを拠点に北欧で活躍していた”という異色のインストゥルメンタル・アコースティック・ギター・デュオです。
しかし海外のストリート出身アーティストって、音楽性だけでなく履歴の特異さもポイントなのかって気がしてきます…ゴーゴル・ボールデロとかね、まぁジャンルは違いますけれども。

ブックレットを開いて目に飛び込んでくる、ワニに肉弾戦を挑むジイサン…彼こそが1曲目の題名になったタマクンその人で、ゲレーロ州政府と結託した土建屋の環境破壊で滅びかけたワニたちを自腹で世話する彼の存在を知らしめるべく2人は曲を書いたのだとか。
また氷点下のデンマークで2人をサポートしてくれたホームレスの男性に捧げた「ヴァイキング・マン」、本作をプロデュースしたジョン・レッキーに付けた“メキシコ風ニックネーム”をタイトルにした「フワン・ロコ」など人との関わりが反映された曲作りに僕は先ず興味を惹かれました。

他にスタンリー・ジョーダンのカバーにヒントを得たツェッペリンの「天国への階段」や“メキシコシティの音楽学校への入学を断られてからもギターを弾き続ける原動力になってくれた”メタリカの「オライオン」をカバーしております、もちろん歌はないけど。
とりあえず一言で言えば「巧いね!」です、今ならYouTubeにアップするだけでデビュー出来たんじゃないかな…でも彼と彼女はバスキングの日銭で糊口を凌いでいたんですね、家計に直結するだけにアーティスティックな表現だけでなく大道芸的なエンターテイメント性も持っていそうです。

基本スパニッシュ風味の掛け合いギターで時々バイオリンなんかが乱入します、メロディとコードを交互に弾き分けながらパーカッシブにボディを叩いたりして「ブチ切れモードのゴンチチ」といった感じかな。笑
パコ・デ・ルシア辺りを聴きまくってるスパニッシュ・ギター好きからすれば物足りなさそうだけど、タック&パティとかフライドプライドのボーカルうぜぇって方には向いてそうです。
個人的には演れば演るほど一本調子なので、路上の見物客を足止めするように音で隙間を塞がなくても…1音で惹き付けるような緩急を工夫すれば耳疲れしないだろうに、と感じました(偉そうだな!笑)。
0
    | music | 2015.04.29 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top