ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 最近やったゲーム >>
最近読んだ本
ダン・シモンズ(著)、酒井昭信・嶋田洋一(訳)「ヘリックスの孤児」

先日の「90年代SF傑作選」で日本に卑屈なアメリカの未来を描いた著者ですが、まるでその弁解をするように本書の序文から日本贔屓をアピールしております…借りてきたのは同時で、たまたま本書を後から読んだのですが順番が逆だったら印象もまた違っていたのだろうとは思います。
著者は“どんなジャンルの作品もそつなくこなす多才な作家”だそうですけれど、一方で“自作の解説を否定する”という割に作者集としての序文だけでなく作品毎の序文まで長々と書く辺りに面倒くさそうな性格の一端も垣間見えます。笑

原書の初版は'02年で邦訳は'09年のハヤカワSF文庫、本書には'98〜02年の各年に発表された5編が年度順に収録されています。
どれもメカメカしくはないものの特異な話なのに、著者そのもののような主人公たちの統一された主観のせいか違和感なく物語に入っていけますね…読者の疑問は常に明かされないのを何故か自然に受け入れてしまうのも、やはり著者の力量なのだという気がします。

「ケリー・ダールを探して」は、かつての教え子に翻弄される老いた教師の話。
「ヘリックスの孤児」は著者の「ハイペリオン」シリーズに連なる外伝的な内容で、人類の末裔と奇想天外な異種族の接触を描いた壮大な宇宙叙事詩の一編。
「アヴの月、九日」は旧約どおり最後の人類となった人々が地球環境のリセットに臨む話でヴォイニッチ手稿は無関係、ユダヤ人である事への愛憎半ばする感覚が分かれば面白いかも。
「カナカレデスとK2に登る」はカマキリ型の宇宙人を伴ってエベレスト登山をする羽目になる突飛さと、彼らが飛来した理由でもある“歌”の顛末がユニーク。
書き下ろし「重力の終わり」はロシア宇宙局を取材する作家と元宇宙医とのロマンスに無重力を夢見る魂を重ねた、正に脳内上映会な“映像シナリオ用作品”。


追記:「カナカレデスと〜」で話の要となっていた“地球の歌声”について、気になる記事を発見したのでリンク貼っときます。
『NASAが「地球が奏でる歌」を公開 / イルカの鳴き声に似ていて神秘的!』(by「ロケットニュース24」)
『これが地球の奏でる「歌」?NASAの放射線帯嵐探査機「RBSP」が観測した地球の音が公開される』(by「カラパイア」)

*以下の動画は、携帯からでは視聴できないかもしれません。

『Sounds of Space: "Chorus" radio waves within Earth's magnetosphere』(上のリンク記事中にも埋め込み動画がありますが、これは'12年にNASAが公開した「地球の磁気圏から放出された電波の音」だそうです・・・作者は既に知っていたのか、それとも別のイメージがあったのか不思議です)



以下、個人的メモ。
“プライバシーなど投げ捨ててすべてをさらけ出そうとする今の時代は、わたしには息苦しい気がする。いや、気がするのではなく、確かに息苦しい。「しゃべるな、訊かないから」というのが、あまりにも暴露的な世界に対するわたしの態度といっていいだろう”(「序文」)

“問題児、一匹狼、担任のペット、クラスの道化、そのほか小学校にはさまざまなステレオタイプが存在する”

“すべてを理解せずに、その一部だけを理解するなんてことはできない。自然は……すべてなの。何もかもが入り混じってる。わたしたちもその一部で、ここにいることで、理解しようとすることで自然を変化させてる……(中略)つまりそれはモナ・リザをばらばらにしてみんなに配って、それで絵を理解したって言ってるようなものなの”

“思い描ける場所は、訪れることができるの”(「ケリー・ダールを探して」)

“「でも、ガンはあなたがたの病気です。どうして治そうとしなかったのですか?」(中略)「だが向こうもしぶとくてな」(中略)「向こうもしぶといですね」”

“「だがそっちは何も話そうとしない。いつになったら対話を始めるつもりなんだ?」
「あなたが聞くことを覚えたときです」”

“「人類は運がない」とポール。「はじめて出会った異星文明が、エホバの証人みたいな連中だったなんて」
「まだ小冊子は渡されてないけど」とわたし。”(「カナカレデスとK2に登る」)

“両腕を広げ、遠く、高く、深く、歌う宇宙の彼方へと、永遠に地球の重力を離れて太陽風に運び去られる心の準備をする。だが、まだ何かすべきことがある。
「息をして、ノーマン。ノーマン!」
 かぶりを振って、ふたたび声を耳から遠ざける。だが、彼は枕の下に手を伸ばす。たたんだ三枚の紙はまだそこにある。一枚を選び、指を開く。
 読むには目を開けなくてはならない。ロスは目を固く閉じたまま泣いている。小さくなっていく地球の栄光を、昇る太陽の父親のような抱擁を、月の冷たい球体の手触りを感じることができなくなり、エックス線の周波数で歌う燃える星々のコーラスを聴いて理解することも、もうできなくなるとわかって。
 それでも、自分がどの未来を選んだのか、知らなくてはならない。
 ノーマン・ロスは目を開ける”(「重力の終わり」)
0
    | books | 2015.04.26 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top