おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近聴いたCD
BONDE DO ROLE「WITH LASERS」

不穏な夜空の下、モアイ顔の巨人→コルコバードのキリスト像が目から怪光線を放って街を攻撃している…このジャケを見る度に、僕はブラジリアン・メタルだろうと思ってましたよ!
バンド名がポルトガル語っぽいし、ブラジルはメタル大国だと聞いてたので…ただ、ブラック・メタルが特に人気だという噂だったので惹かれなかったんです。
だけど、いざ手に取って解説書に目を通すと「バイレ・ファンキ」の文字が…以前聴いた「BAILE FUNK」というコンピ盤が意外と好かったのを思い出し、どんなもんかと借りてきた次第。

バイレ・ファンキとは、ブラジル的な意味で下町なエリアで人気がある音楽スタイルだと読んだ覚えがあります…とはいえ前述の「BAILE FUNK」を聴いた印象では、アメリカのファンクとは確かに違うけれども例えばギャングスタ・ラップのような暴力性をアピールする音楽ではないんですよ。
本作もゲットーやスラムを連想させるヤバさは感じません、ただ「BAILE FUNK」より現代的といいますかサウンドに共通性はないですね…バイレ・ファンキの定義は分からないんだけど(ボンヂ・ド・ホレのWikipedia情報によりますと“Funk Carioca (リオデジャネイロからのファンクの意)という音楽が流されているダンスパーティーのことを指し、音楽のみを指している訳ではない”のだそうです)、僕には期待外れでした。

'07年リリースの37分14曲、アフリカ・バンバータの名を連呼してるし音の質感もリスペクトしてそうで特に嫌いって訳でもないんです…単に自分の思っていたバイレ・ファンキとは違ったんだよねぇ、しかも印象に残る曲が全然ないの。



*以下の動画は、携帯からでは視聴できないかもしれません。

『Bonde Do Rolê - James Bonde』(曲名からすると007と関連性ありそうですが、音楽的には特にないかな?笑;Sound Only)


『Bonde do Rolê - Bondallica [Live, Brasília, 2010]』(ライブでも1曲が短いのね、この曲名からするとメタリカの音源をサンプリングしてるのかな?)
0
    | music | 2015.05.01 Friday | comments(0) | - |













    ↑ top