おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近みたDVD
「ヤング・シャーロック ピラミッドの謎」

邦題だけ見ると続編作る気満々な印象ですが、原題は単に「YOUNG SHERLOCK HOLMES」だけだったんですね…公開は'85年ですけど僕が観たのはもっと後で、別の映画が目当てで行った2本立ての名画座だったと記憶しているのですけども。
面白いもので観たかった映画の事は何一つ思い出せず、本作の方が不思議といつまでも折に触れては心によみがえってくるのです。
僕は推理小説ってまず読まないですし、シャーロック・ホームズにも基本的に関心はないんですがね…レンタル店にはなかったのですが、またAmazonでレンタル落ちの格安DVDを見つけたので買っちゃいました。

記憶の中ではゴシック調の暗い映像が印象的だった本作、スピルバーグ製作総指揮ながら黒歴史レベルで忘れられてるようで…監督はバリー・レビンソン、脚本は後に「バリー・ポッター」シリーズを手掛けるクリス・コロンバス
本作はワトソンによる述懐という体裁で、若き日の出会いと最初の冒険が描かれます…しかしこのヤング・ワトソン、一見ハリポタ風ながら無愛想なハリセンボン春菜っぽい顔してる!笑

ちなみに先日読んだヤング・シャーロックも非公式設定ですが、あちらは本家からお墨付きを頂戴した公認の二次創作で本作とは何の関係もないんですね…こちらは「ホームズとワトソンが少年時代から仲良しだったら?」というIF設定で繰り広げられる、クリスマスのロンドンを舞台にしたほろ苦いストーリー。
ビクトリア時代を再現した建物の古風な内装や、現代でも通じる位コンサバティブなメンズ・ブリティッシュ・トラッドなど映像を眺めるだけでも魅力的です。

若干ネタバレしちゃうと、当時のイギリスとエジプトの地政的な関係が伏線に絡んでいたんですね…それが邦題サブタイトルのピラミッドに繋がっている訳なのです、まさか大人になってから本作を観直すとか世界史に興味を抱くなんて初見時の僕にしてみれば意外中の意外だろうなぁ〜?笑
ヒロインのエリザベスが最後は添え物扱いでしたけど、青春ロマンスにファンタジック・アドベンチャーと娯楽要素は少しずつ盛り沢山なバイキング料理風。
前述の小説版「ソフロニア嬢、空賊の秘宝を探る」でイメージが浮かばなかった景色を、映像で補ってくれたのも有り難かったな。

タイトルと光学処理をMGMに任せたのは、一種ノスタルジックな気品を作品にもたらす効果があったかも…SFXはインダストリアル・ライト&マジック(ILM)、ガラス男だけはルーカス・フィルムの一部門だったピクサーのCGチームが担当。
明らかに続編を期待させるエンディングではありますが、そこは好意的に解釈して(続きこそが原作)という意味に受け取っておきましょう…ホームズ役はニコラス・ロウ、ワトソン役はアラン・コックス、エリザベス役はソフィー・ワード、レイス役はアンソニー・ヒギンズ、大人ワトソンの声はマイケル・ホーダーン。


〈シャーロック・ホームズ〉関連記事:
【最近読んだマンガ】もとなおこ「Dear ホームズ」1巻| 2011.10.19
【最近読んだマンガ】もとなおこ「Dear ホームズ」2巻| 2011.10.22
【最近みたDVD】「劇場版 名探偵ホームズ」| 2014.03.19
【最近読んだ本】アンドリュー・レーン「ヤング・シャーロック・ホームズ vol.1」| 2014.12.07
【最近みたDVD】「ヤング・シャーロック ピラミッドの謎」(再視聴)| 2016.07.12
【最近みたDVD】「俺たちホームズ&ワトソン」| 2020.05.02

〈ヴィクトリア朝、あるいは近代英国〉関連記事:
【最近読んだマンガ】森薫「シャーリー」| 2008.07.13
【最近読んだ本】ラヴァット・ディクソン「グレイ・アウル 野生を生きた男」| 2011.12.23
【最近読んだ本】岩田託子、川端有子「図説|英国レディの世界」| 2013.09.244
【最近読んだ本】ダーリング・ブルース、ダーリング・常田益代「図説|ウィリアム・モリス」| 2013.11.05
【最近読んだ本】ゲイル・キャリガー「ソフロニア嬢、空賊の秘宝を探る」| 2015.01.31
【最近読んだ本】クリストファー・プリースト「奇術師」| 2017.09.23
【最近みたDVD】「ノー・サレンダー」| 2020.02.13


*以下の動画は、携帯からでは視聴できないかもしれません。

『Young Sherlock Holmes - Trailer』


『Young Sherlock Holmes (Barry Levinson, 1985)』(ガラス男ことステンドグラスの騎士が襲い掛かる印象的な特撮シーンです、当時の最先端技術が今ではレトロ感たっぷりに観えるのも実は計算の内だったり?)


『Young Watson Meets Young Holmes in "Young Sherlock Holmes"』(映画の冒頭シークエンスです、この寒そうな雰囲気が何故か好きなのです)
0
    | cinema | 2015.04.21 Tuesday | comments(0) | - |













    ↑ top