ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近みたDVD
「ショウタイム」

再視聴の今回は、原案を執筆したプロデューサーのジョージ・サラレギーと監督のトム・デイによるオーディオ・コメンタリーです。
大抵、この手の音声解説は裏方の仕事ですな…主演俳優が自ら喋ってる場合は、まるで契約上こなしてるだけっていう感じで面白くも何ともなかったりしますが(「俺たちニュースキャスター」とかね)。
映画のジャンルには「バディ・ムービー」というのがあるようで、まさに本作のミッチ刑事とトレイ巡査もコメディの典型的なバディです、年齢も肌の色も職業意識も対照的という2人。

導入部では、ミッチの堅苦しい業務説明(小学校の特別授業)とトレイが警察署長にバッジを叩き返す場面(俳優オーディション)で2人のキャラクターが紹介され…次のシーンでは雑貨店に仕事で立ち寄ったミッチと仕事をサボっているトレイの初顔合わせ、そしてクライマックスでミッチが使う仕込みが伏線的に出てきます。
クライム・サスペンス調に展開してきたシークエンスは、ヘリの投光+テレビの現場映像で派手な銃撃アクションに早変わり…英雄トレイの間抜けっぷりで一気にドタバタ・コメディへとシフトし、お膳立ては冒頭15分でテンポよく完了。

実際に“LAでは常に報道ヘリが警察無線の傍受を試み――事件発生の情報をつかむとただちに現場に直行する”のだそうで、それが分かると話の流れが自然で無駄なく組み立てられている事に感心させられます。
刑事が巡査をパートナーにするとかヤラセ入ったTV番組が捜査に密着するとか、普通あり得ない突飛さも違和感なく丁寧に繋いであるんですよね…時々「編集の過程で破綻した辻褄合わせを観客の理解力で補わせる映画」ってありますけど、本作は上手いんですよ。

LAの多面的な地域性を意識したロケーションは、確かに他のLAを舞台とした映画とは違った雰囲気がありますね…北部の実在するトラッカーズ・ダイナーではカウンターにゴキブリを這わせて苦情が出ないのかと気になりますが、リテイクでデ・ニーロが食べたハンバーガーが20個とは!
それと弁護士のジョニー・コクラン、これはLA限定のローカル・ネタなのかぁ…このピンポイントな出オチとか、全米公開とは信じ難いLAネタが多いよね?
ところでアニー役ドレナ・デ・ニーロは案の定ロバートの娘でしたよ、その一言を期待して聴いてたようなものですが終盤まで待たされるとは思わなかった!笑(→Whikipedia情報によりますと“養女であるドレナ・デ・ニーロ”とありました)

ある研究によれば“いざテレビに出ることになった時――外見を気にしない人はほぼ いないそうなんだ”との事で、自供シーンの下っ端の高揚ぶりと裏腹にトレイの冷酷な洗脳じみた誘導は笑えるけれどコワイ!
この場面は同時に、なんちゃって刑事トレイが麻薬捜査の行き詰まりを挽回してミッチに認められていく転換点ですが…ミッチ&トレイと黒幕の乱闘騒ぎを経て白昼の現金強盗と急展開、すっかり麻薬捜査そっちのけで特製貫通銃の話へ“シライド”してしまいます。
黒幕バーガスを演じたメキシコのプロデューサーは演技経験ほぼゼロ…デュラン・デュランみたいな私服で、周囲は困惑したとか。笑

ところで唯一テレビカメラの影響力に屈していないようだったミッチも実は白髪混じりの髪を黒くしたり“身なりも少しずつ洗練されていく”のでした…確かにトレイから“格子やチェックの服はあか抜けない着るなら無地だスリムに見える”と言われますが、そこでミッチが着てるシャツがチェックなのに細かすぎて無地にしか見えないのね。笑
しかし注意して観ていると、無地シャツに宗旨変えしたミッチだけでなくトレイまでもがラストシーンでは格子柄のシャツじゃん?!
思わぬ発見に深読みしてると、監督が“ラストまで来ると彼の服がミッチの好みに近づいている”って!笑


関連記事:【最近みたDVD】「ショウタイム」| 2015.05.23
0
    | cinema | 2015.06.03 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top