ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだマンガ
森博嗣(原作)、皇なつき(漫画)「黒猫の三角」

ついこないだ「黄土の旗幟のもと」を絶賛したばかりで見つけましたよ早速、そしたら借りちゃうでしょ当然…でも原作の小説家ってミステリー系だった気がして迷ったんですが、あの漫画家が現代劇を手掛けるとどんな感じになるのかな?
という期待は微妙に外れてしまいましたねー、原作物でも宮部みゆきの「あやし」は面白かったんだけど…まぁ画力の高さは相変わらずなので、単に話が僕の好みじゃなかっただけかも。
原作者の名前は知ってても読みたいって思った事ないし、そもそも推理小説って基本的に興味ないしな!笑

洋館で起こった殺人事件、そこに3年前から1年毎に繰り返されてきたゾロ目の殺人が絡んでいて…という筋書きを追っかけてる間に謎解きが始まり、そうだ推理物なんだから犯人捜しをしなきゃいけなかったのかと悔やむ間もなく犯行の解説を理解するので頭がいっぱいになっちゃいました。
なので読後の感覚は、月曜の朝礼で「社長の訓話」を拝聴していたような気分です…って単なる物の喩えですけどね、なんか「すっげー深イイ話(死語)」を聞いた気がするのに夢から覚めたように空白がある感じ?

でなければ(惜しい!)っていうか、あと一押しで目が覚めるのにっていうか…結局のところ一般論でしかないのと、一同が「クロネッカのデルタ」で納得する場面は(はぁ?)って感じで。
つまりこの話、僕はお呼びじゃないって事ですよね。
僕が原作者の作品に興味ないように、原作者の想定する読者に僕は含まれてなかったと考えればね…つまり漫画家の構成力に起因する訳では決してないですし、これに懲りる事なく今後もご縁あれば皇なつきの作品は臆せず読んでいきます。
出来れば次はSFっぽいのを読んでみたいけど、ディテールに凝る作風からすると難題だったりして?笑
0
    | comic | 2015.06.28 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top