ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
R.A.ラファティ(著)、伊藤典夫/浅倉久志(訳)「昔には帰れない」

初版'12年のハヤカワSF、その10年前に亡くなった著者は電気技師の職を経て'60年に45歳でデビューしたのだとか…時代的にはパルプSFからハードSFへの移行期でしょうか、なんてまた分かったような気に勝手になってますが。
初出年が定かではないので憶測に過ぎないのだけど、おそらく本書には70年代くらいまでの作品が収録されているんじゃないかな?
SFといってもシュールでファンタジー要素の強い、全体的に星新一のショートショートを思わせるユーモアSFという感じです。

中には古典的アメリカン・ジョークみたいなのやオチが意味不明すぎる作品もあって訳者のセレクトに疑問を感じなくもないけど、そこら辺の評価は読み手のユーモア・センスによって意見の分かれる所なのかも。
それとまぁこれは作者に限った事じゃないんですが、書き出しが謎めいているというか奥歯に物が詰まったような調子で徐々に色々とハッキリしてくる構成には若干ウンザリしましたね。
しかしそういった難点も素朴さの一種として受け入れられる、不思議な懐かしさと魅力的なストーリーテリングは今でも充分に通用する筈。

以前読んだSFアンソロジー「冷たい方程式」がそうだったように、本書もまた浅倉/伊藤の共編を謳いながら実質上は伊藤の単独編集なのだそう…既に浅倉が鬼籍に入られている事情もあり、本書は“二人がSFマガジンなどに訳し、それぞれ一冊にまとめるには至らなかった短編がおさめられている”という事です。
ご両人は自分たちが気に入った海外のSFやファンタジー作品を国内に紹介するスタンスで翻訳しているので、基本的に依頼されて仕事する訳ではないようです…それで「冷たい〜」の場合は、お互いが推す作品のカラーに隔たりがあるので訳者毎に分冊したとか。

ちなみに本書は二部構成になっていて、第一部に収録された8編は伊藤が気に入って訳した“シンプルな小品”…第二部は伊藤にとって“ちょっとこじれているかなあと思う作品”と“浅倉さんの長めの翻訳”で8編の、合計16編を収録。
メカニカルなガジェットも天文物理学も出てこない、けれど著者の旺盛な好奇心が伺える雑多な知識と微妙なフェイクを織り混ぜた作風を「SF界のホラ吹きおじさん」と評したのは実に言い得て妙という感じが。
饒舌なようで冗長なようで、面白いような退屈なような…身近にいたら楽しそうでもあり厄介そうでもあるヘンなオジサン、かな?笑
昔には帰れない (ハヤカワ文庫SF)


〈浅倉久志(訳)〉関連記事:
【最近読んだ本】ウィリアム・ギブスン「あいどる」| 2010.12.19
【最近読んだ本】ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア「すべてのまぼろしはキンタナ・ローの海に消えた」| 2013.05.12
【最近読んだ本】ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア「たったひとつの冴えたやりかた」| 2014.01.10
【最近読んだ本】シェイムズ・ティプトリー・ジュニア(著)、伊藤典夫(共訳)「愛はさだめ、さだめは死」| 2014.03.26
【最近読んだ本】ポール・アンダースン「地球帝国秘密諜報部員」| 2014.09.08
【最近読んだ本】V.A.「きょうも上天気」| 2015.01.09
【最近読んだ本】テッド・チャン「あなたの人生の物語」| 2017.01.07
【最近読んだ本】ポール・アンダースン「大魔王作戦」| 2017.06.21

〈伊藤典夫(訳)〉関連記事:
【最近読んだ本】ジャック・ヴァンス「ノパルガース」| 2013.04.21
【最近読んだ本】シェイムズ・ティプトリー・ジュニア(著)、浅倉久志(共訳)「愛はさだめ、さだめは死」| 2014.03.26
【最近読んだ本】トム・ゴドウィン・他「冷たい方程式」| 2014.09.20


以下、ネタバレ含む作品の寸評。
『素顔のユーリマ』
ヒューゴー賞を受賞したというだけあって、少なくとも本書に収録された作品の中では最も読みやすく非常に奥深い気が…アルバートは出産時調整されている人々と違う唯一人の愚鈍で、自分が作ったロボット達から馬鹿にされ自分の発明で繁栄する世の中にも相手にされない彼が思い付く逆転の発想は恐ろしくも痛快。
“病気のカキだけが真珠を作れるのです”
“世界は、不健康な精神がそのなかにまじっているからこそ健康なのです”
“人間が作った最初の道具は、石斧でも石のナイフでもありません。それは松葉杖であり、健康な人間には作ることができないものです”

『月の裏側』
慣れない好奇心が揺るぎない筈の日常を暗転させるという、まるで使い古されたジョークみたいな小劇。

『楽園にて』
探査船が発見した惑星には、かつて地上では失われた楽園があった!…後半の種明かしから生臭い駆け引きに一転する極上のシニカルさに、遅咲きの著書の半生を垣間見るような気分が。
“人間の本性にはな、完全無欠な楽園というアイデアに逆らえないところがあるんだ。荒らし、ぶちこわすためなら、連中は大はしゃぎで押しよせてくる。こいつは強欲や、新天地開拓の意欲なんてものじゃ割りきれない。まぁ、それもないわけじゃないがな。でかいのは、汚れないものを汚し、毒してみたいという狂熱なんだ”
“わかりきったペテンに手もなくひっかかるのは不信心な人間だけさ”
“「しかし、ある意味では、あれは楽園だったよな」とスタイナーがいった。
「どうして?」
「おれたちがいたあいだ、ずっと、女がしゃべりもしなかった」”

『パイン・キャッスル』
会話が進むにつれ恐るべき状況が明らかになる、というラファティの冗長な側面の典型的作品。

『ぴかぴかコインの湧き出る泉』
これまた非常にまどろっこしい、オチの(ポケットに湧き出すコインは1日1セント)というショボさはパクられ過ぎたせいなのか?

『崖を登る』
僕には全っ然、意味不明…単に「バカと煙は高い所が好き」っていう冗談か?笑

『小石はどこから』
雨上がり、軒先に何故か小石が溜まっている?…今なら(ねーよ)で片付くホラも発表当時は真に受ける人がいたのかね、オチも含め今じゃ面白くも何ともない。

『昔には帰れない』
読んでみて、チャーミングな表紙イラストに合点がいく表題作…子供の頃に冒険した2つめの月、思い出を訪ねた仲間たちの顛末。
誰もが「帰れない事にしている場所」を胸に抱いていると思わせてくれる佳作。

『忘れた偽足』
平修女モイラや平司祭ミグマに付く“P・T・ド・C”の由来はピエール・テイヤール・ド・シャルダンだそうで、ドゥークとはロシア語で精神や魂を意味するそう…もしかしたらサルヴやクルーグという言葉も鍵になってるのかな、僕の知識レベルじゃ理解不能。

『ゴールデン・トラバント』(浅倉訳)
直訳したまんま、金の衛星を巡る一悶着…充分に脚色すれば面白い長編になりそうな、その骨格だけ抜き書きしたような惜しい駄作。

『そして、わが名は』
敬虔なカトリック信者らしい、聖書エピソードの改変物…隠しネタが分かれば面白いけど分かんない読者はチンプンカンプンという、これもまたラファティ作品の典型的な一側面。

『大河の千の岸辺』(浅倉訳)
まどろっこしくはあるけれど、個人的には読み進むうちに惹き込まれました…しかし著書って「超存在」とか「忘れられた歴史」を持ち出すのが好きみたいね?
中には他愛ないネタもあるにせよ、本作で描かれる写真以上にリアルなタぺストリーの想像力と謎解きは話の中に飛び込みたい位。

『すべての陸地ふたたび溢れいづるとき』(浅倉訳)
これもラファティ作品の特徴なのか、得意分野の異なる男たちの会話劇で始まります…これも聖書エピソード改変物ですな、洪水と千年王国を足したような話。

『廃品置き場の裏面史』(浅倉訳)
刑事物のパロディなのか、二重人格の犯人と犬とを交えた気だるい緊張感が最後に(へっ?)と肩透かし…ラストの決め台詞は自虐なのか、確かに著書こそが終盤を気にするべきという。笑

『行間からはみだすものを読め』(浅倉訳)
著書って深遠そうな要素をチラつかせる癖があるけど、本作を読んでると単に内輪ネタで自分が楽しんでるだけかもって気がしました…思わせ振りな題名も忘れられた歴史も、実は仲間内の下らないジョークでは?

『一八七三年のテレビドラマ』(浅倉訳)
伊藤いわく“ぼくの理解にあまる”作品ながらラファティ自身は“これは「わたしがいままでに書いた二つが三つの大傑作のうちの一つ」”と評しているらしく、浅倉も気に入った作品だったようです…もっともらしい大ぼらも、ここまで念入りにこさえれば天晴れ。
だけどやっぱりオチが尻すぼみ、大風呂敷を拡げるのは上手くても畳めないのがホラ吹きおじさんの残念なところだわ。笑
0
    | books | 2015.06.25 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top