ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近みたDVD
「王立宇宙軍 オネアミスの翼」

まぁタイトルの流れから「県立地球防衛軍」で思い出したってのもあるんですけど、その前から何度か思い出す機会があったんですよ…実は以前にも観た事あるんですがね、CATVのアニメチャンネルから録画したビデオだった筈だけど。
近日公開のチラシをもらったのは「クラッシャージョウ」だったか「風の谷のナウシカ」だったかを観た映画館で、ちょうど時期的にダグラムとかボトムズといった(ガンダム以降)のリアル系ロボットアニメが流行してた気が…そんなタイミングで敢えてロボットを出さず、ロケット打ち上げというシンプルな宇宙進出に回帰した強気な作品です。

本作のメニュー画面は英語表記で、日本語表記に切り替え可能…特典映像は劇場未公開シーンのみですが、音声選択は「1997サウンドリニューアル版」「1987劇場公開版」「1994英語吹替版」と3バージョンも用意されているのであります。
そして何故か、メニュー画面を日本語表記にして放置すると英語表記に数分で変更されるという謎仕様。笑
よく分かりませんが普通にサウンドリニューアル版で観賞しましたよ、リニューアルといっても台詞や声優は変わらないようですけど…おそらくDVD化に際して効果音などを手直ししたのでしょう、今時そこまで旧コンテンツに手間を掛けるとは、分かってらっしゃるバンダイビジュアル!

企画に岡田斗司夫、キャラデザ&作画監督に貞本義行の名が…庵野秀明も作監の一人に名を連ねており、制作がガイナックスとは(しかも何故か企画協力にDAICON FILMのクレジットも)!
因みに音楽監督には坂本龍一(エンドロールには窪田晴男の名も)、主役のラーダット=シロツグの声を担当したのは森本レオ…漫才師役でアントン・ウィッキーとオースマン・サンコン、アナウンサー役はお馴染み徳光和夫が特別出演。

物語はオネアミス王国の宇宙軍に所属する主人公らグータラ集団が心機一転、人類初の有人宇宙飛行を実現するまで…冴えない顔で超人的な才能もない主人公の日常と恋心、徐々に本格化する計画の顛末や如何に?
本作の魅力の一つである「人が宇宙を目指すという憧れと興奮」は、少なくとも僕の知る限りの後発作品で似たような場面を目にする度に比べてしまいます。
牧歌的ながら不思議な懐かしさを感じさせる異世界の文化、科学と宗教と戦争…政治的な駆け引きを織り交ぜつつ描かれるのは、主人公の成長であり男のロマンであり人類の寓話であり。

注入した液体酸素で結露したロケット外装から、発射の衝撃ではがれ落ちる氷の破片…敵国言語の発音といい、妙にこだわったディテールは実に印象深いです。
衛星軌道から地上の人々に語りかけるシロツグ、彼の命運を暗示するかのように滲んで消える雪…この結末を如何に受け止めるかは、人それぞれでしょうけど。
考えてみれば、この時代にしては毛色の変わったアニメでしたね…前に観た時も思わないではなかったけれど、改めて思いましたよ。

本作の大きな特徴は2つ、先ず従来のアニメで省略されがちだったファンタジーSF世界の奥行きを精緻に描写している点…そして物語が架空の設定に頼らない人間ドラマであるという点でしょう、仮に本作が「ロシア版プロジェクトX・スプートニク成功秘話」だとしても違和感ない筈です。
しかし、まったく違うけどPSソフトの「RIVEN」で感じた奇妙な懐かしさは本作のイメージを重ねていたのかもなぁ…細部まで辻褄を合わせたように破綻のない世界設定とかね、やけに心に残る映像なのです。
そういやこのDVD、チャプター機能がないんだ?笑


補足;Wikipedia情報によると当初はOVAとして企画され、バンダイの映像事業進出計画と山賀監督の思惑が合致して本編制作のため設立されたものの“総製作費は約8億円。配給収入は3億4700万円。製作費の回収には15年かかっており、ガイナックスは本作で生まれた赤字の補填の為に『トップをねらえ!』を制作する事となった”との事です・・・もし本作の収支がトントンだったらガイナックスは解散し、その後のエヴァ現象も起きなかったんですなぁ。
また“坂本龍一がアニメーションの音楽監督を担当した唯一の作品”ながら“坂本が4種類の基本的なテーマ(プロトタイプ)を提示、それをもとに、坂本を含めた各作曲家がかなり自由なアレンジ(バリエーション)を行っている。また各作曲家オリジナルの楽曲も含まれる”のだそうで、岡田斗司夫いわく“「手を抜かれた。「リイクニのテーマ」以外は作曲してもらえなかった」「どこまでを「本人の作曲」と定義して良いかわからないけど、少なくともメインテーマは坂本さんの作曲ではない」等といった発言をしており、各曲に於いてどこまで坂本が関与したかは不明である”のだとか。


関連あるかもしれない記事:
【最近みたDVD】「ゼロ・グラビティ」| 2014.10.07
【最近みたDVD】「楽園追放 -Expelled from Paradise-」| 2015.07.12
【最近読んだ本】池井戸潤「下町ロケット」| 2016.06.11


*以下の動画は、携帯からでは視聴できないかもしれません。

『王立宇宙軍パイロットフィルム "Royal Space Force" pilot film』(本編に先駆けて公開の2年前に制作されたパイロットフィルム、なので本編とは同じ場面も微妙に違っています・・・街の印象はショーン・タンの絵本のようでもありますね)


『Wings of Honneamise - 庵野秀明 Anno Hideaki?』(政治家はロケットを敵国との緩衝地帯で打ち上げさせ、意図的に紛争を煽り・・・しかし打ち上げの瞬間、彼らにとって未曾有の光景は戦闘中である事さえ忘れさせるのでした)
0
    | animation | 2015.07.02 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top