おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
湯川豊彦(著)、浅岡敬史(撮影)「超ロングセラー 絶滅寸前商品」

表紙には「『サライ』編集部 湯川豊彦(編)」という表記になってますが、奥付けを参考にしてみました。
ショトル・ライブラリーなるシリーズの一冊で、同じサライ関連の書籍でも前に読んだ「野仏の見方」とは別のシリーズみたいね…版のサイズも違うけど、こちらは物にピントを合わせた企画を扱うっぽいです。
で、本書。
図書館の帰り際、出入口近くの特集コーナーに置かれていた本書を目にしまして(なかなか好い切り口だな)と追加して借りたのです。

絶滅寸前と危機感を醸し出してはいますが、言い換えれば古き時代の産物といいますか…生活文化の発展によって忘れ去られようとしている、かつて身近で当たり前だった日用品の数々。
しかしまだ完全に絶滅してしまった訳ではなく、細々とではあれど昔のように作られているのです…もはや改良や工夫の余地がない完成度に達した品々は、完全であるが故に後は廃れゆくしか道はないのかもなぁ。
しかし気が付けば、それらの後釜に座った物の多くは電化製品なのね…電気が通じなくなれば役に立たない品物に包囲された生活と、今まさに失われんとしている職人技に一抹の不安も。

単なるレトロ製品カタログとして昭和の気配を懐かしむも好し、暮らしの中にあった手仕事を見直すも好し…伝統工芸に劣らぬ技の温もりに歴代の仕事ぶりを感じ、これらを駆逐した社会として現代日本を眺めてみるなど実は意外と懐の深い読み方が出来る一冊です。
初版'96年。


関連あるかもしれない記事:
【最近読んだ本】長山靖生「彼らが夢見た2000年」| 2009.10.28
【最近読んだ本】高井潔「日本の暖簾 ―その美とデザイン―」| 2011.05.28
【最近読んだ本】INAXギャラリー企画委員会「れんがと建築」| 2012.10.26
【最近読んだ本】小泉和子「昭和 台所なつかし図鑑」| 2013.10.09


以下、個人的メモ。
価格などの数字は基本的に本書の記述から概算しているが、生産数量や最盛期は全国平均と一致しない可能性が高い点に留意。

《足踏みミシン》
生産のピークは'69年頃、年間約400万台が現在は職業用に約60台…家庭用が1分間800回転に対し職業用は1800回転も可能、価格は1台¥102,000。

《あんか(行火)》
「豆炭1個で24時間保温」で'59年に発売された品川あんか、最盛期の年間300万個も今や秋口だけ栃木工場で6万個…本体¥2,150、豆炭3kg(約60個)¥850。

《インク・プロッター》
吸い取り紙を装着する、英国由来の文筆具…60年代前半は月産だった1,000ダースが今は年産量、本体は材質によるが¥900前後。

《運搬用自転車》
郵便や新聞の配達に使う実用車から氷屋の配送車など、今でも一方通行の多い大阪の繁華街では現役…最大積載120kgの大運搬車が¥73,000で150kgの三輪はサイドブレーキ付き¥98,000。

《貝ボタン》
明治末期には既に材料の貝も輸入され、戦後も関西が主産地だったが日産6万個では400万個のポリ製に太刀打ち出来ず衰退の一途…材質や形状とサイズ違いで多岐に渡り、最高級の白蝶貝で作ると1個で¥500。

《鰹節削り器》
70年代前半には月産1万台に達したが、真空パックの削り節が発売されて激減し今は年産2万台…鰹節は品物によって木より固いので鉋の刃も特注、1台¥2,500〜¥20,000。

《ガラスペン》
明治35年に佐々木定次郎なる人物が開発し特許を取ったが、今では弟子筋の家系が日本で唯一の生産者…最盛期は'60年頃で年間10万本超が今は1万数千本、着物の下絵や製図の他に新生児の足の裏に名前を書くのにも使われているとか。

《五右衛門風呂》
元は僧侶が宋代の鉄湯船を真似て作らせ、西日本では今も長州風呂で通っているとか…正確には風呂釜全体が鉄製だと長州風呂で上部が木桶だと五右衛門風呂だそう、本体価格¥6,5000〜工事費は別途¥150,000〜。

《裁縫箱》
静岡市を中心に江戸時代から続いた伝統も、50年代をピークに下り坂…踏み台に使われても壊れない頑丈さ+折れ針などを収納する建前で実際は女性のヘソクリ入れにされた隠し戸棚の親切設計、¥66,000。

《洗濯板》
最盛期は4〜50年代、クリーニング店用に長さ1mの洗濯板も作られていたそう…脂気が多く摩擦抵抗が強い木材に弧を描いた溝が刻まれていて、今でも病院や離島の農家で需要がある他に海外青年協力隊や子供の服汚れの予備洗いにも重宝されているという絶滅寸前にしては密かな売れ筋。

《大学ノート》
明治17年に現・東大前の文具店が製造販売したのが最初だが、昭和30年代後半から各メーカーがデザインを競い始めてからは最盛期の1割に…表紙に混ぜてある毛は汚れを目立たなくし「1万年以上永久保存」が利くという筆記用の最高級品フールス紙にはダンディマーク(透かし)入り、ただし業界的に大学ノートはB5判ノートの総称だそう。

《達磨ストーブ》
最初の鋳物製ストーブは幕末の函館で鋳物職人が外国船のそれを見真似で造ったが、一般化したのは大正期で公共施設から…現在は日本製の金型から内モンゴルで部品を製造し日本で組み立て年産1,000個、弾性が高く割れにくいネズミ鋳鉄製で重量は42kg強あり¥40,000(石炭20kg約¥2,000)。

《たわし》
実は南九州原産のシュロは和歌山県が主産地で水に強く腐りにくいがピークは50年代、天然シュロは濃い茶色で手触りが柔らかいそう…山間部で棕櫚包丁を用いる重労働と非採算性で現在は中国産と東南アジアのマニラ麻やパーム製のみ、家内制手工業で月産2万個。

《椿油》
主成分のオレイン酸はオリーブ油より高い約90%でリノール酸の含有率は低いので酸化しにくく植物油に混ぜると風味が胡麻油に似るという、また美容の他に金属や木製品の磨きなど多用途…防風林として植樹していた大島の精油が本格化したのは明治期からで最盛期は全島で90,000lを産出した50年代末、今は高齢化で椿畑は放置され全国的に出回っている椿油は中国産でサザンカの油だとの事。

《手押しポンプ》
何故か名古屋は江戸の昔からポンプ製造の中心地で、つるべ井戸に替わって大正期から広まるも水道整備と電動ポンプが登場した50年代に需要が失われ…阪神淡路災害の時は早朝から深夜までフル回転が3か月も続いたそう、現在は年産4,000個で一基2万円台。

《握り鋏(糸切り鋏)》
奈良時代に朝鮮半島を経由して渡来し庶民に普及したのは江戸期、家庭での裁縫が廃れる'70年前後を境に減少…西洋鋏と違って左右どちらでも使える上に細かい細工に適している、刃が長めの関西型と短い関東型の他に先が尖った堺型など26種の月産総数8,000丁。

《日本剃刀》
飛鳥時代に中国から伝来したが明治初期に理髪と共に紹介された西洋剃刀(レザー)や明治末期に登場した安全剃刀に押され、この片刃の剃刀を作る職人は日本でも2〜3人に…日産35枚、日本髪を結う業界の必需品で1本¥4,500だが有名な刃物店では倍で売られる。

《鼠捕り》
家庭では冷蔵庫の普及や気密性の高い住宅設計でネズミが減り、明治32年のペスト騒動から輸入され80年代まで月産4〜5万個だった金網式も1万を割る現状…現在の主流は接着剤方式だが地下街や検疫所など需要が減った訳ではない、仕掛けるコツは臭いが強く色が赤い食品が最適(なので紅しょうが入り薩摩揚げが一番)で障害物を避ける習性を踏まえてネズミの通り道から1mくらい離れた端に置いて排ガスを当てると簡単に絶命するそう。

《蝿帳》
冷蔵庫の普及に伴って食卓から消えた、虫除けと通気性を兼ねて木枠に網を張った小さな戸棚…80年代に見直されて年産30,000個まで盛り返すも再び落ち込み現在は1,500個、サイズによるが¥12,000〜¥20,000。
因みに、傘状に開いて卓袱台を覆う簡易タイプも同じ蝿帳(はいちょう)と呼ぶ。

《歯ブラシ》
明治初年から製造され大正期に木や牛骨からセルロイドそして戦後はプラスチックのハンドル(柄)に、また昭和26年にナイロン繊維製が登場するまでは天然の獣毛を用いる黒い歯ブラシが当たり前だったが今やそれも歯ブラシ全体の0.4%…しかも大正期から既に中国産の原毛輸入が主流となり最高級は重慶産の白豚毛だったが今は水狢と馬のタテガミと豚の背中の毛を混ぜたのが最高級品で¥2,000、値段相応に利点は多いが個人的にそんな得体の知れない毛は口に入れたくない。

《バリカン》
明治期に輸入したフランスのメーカー名が日本語として定着、今や在庫販売のみ¥10,000弱(付属品込み)となった手動式の技術は理容師の国家試験でも不問に…世界一の製造精度は上刃と下刃の擦り合わせを半径100mという僅かな曲面に仕上げる工夫にあり、メンテナンス部門の人材育成は製造終了後も行われている。

《ハンガー》
洗濯用品として売り場に並ぶと価格だけでなくプラスチック製には敵わないが、服飾業界では木製が欠かせない…一般用で約20種あり業界用は数百、板状くり貫き型の方が却ってコスト高のため主流は厚みがあるヘの字形(人体型)で中心価格帯は¥500だが棒状の一文字型は1本¥100〜¥150。

《肥後守》
その名の由来は旧熊本藩の御用鍛冶とされ、折り畳みナイフの代名詞として全国に浸透したのは大正中期…戦前は兵庫県三木市平田地区で月産100,000丁を数えたが今は最後の1軒で約10,000丁、最高級は鉋の刃にも用いられる三層鋼の青鋼で作られた通称青紙2本セット(10&12cm)で¥3,000。

《べいごま》
別名ばいごまとも言いバイ貝の殻に鉛を流し込んで作ったコマから鋳物製に発展したが、本来は鋳物職人の小遣い稼ぎという片手間仕事だった…日本最後の1軒で作られているのは産業用の鉄を使用、新規デザインを起こすなら最低1万個なので¥1,000,000近くなる。

《ホルダー式安全剃刀》
既にインジェクター式が一般化して電気シェーバーが主流の現在、安全とは名ばかりの横に引けばスッパリ切れるホルダー式には何のメリットもない…油紙に包まれた薄い剃刀刃をネジ止めするタイプで、アメリカで発明され明治末期に日本に輸入されたという。

《マッチ》
長さ5.5cmで軸の断面は正方形、太さも今は2mm(昔は2.2mm)が世界的な規格…戦後最高の生産量は昭和48('73)年の790,000マッチトン(1=約40本入りの箱マッチ7,200個分)、理想的な軸木はマツだが現在はオーストラリアやアフリカからの加工済みポプラ材が主流。

《水枕》
医療現場では氷枕(ひょうちん)と呼ばれている、明るい茶色の天然ゴム製品…大正12年に素材・デザイン・製法が完成し、40年代半ばには24時間体制で月産100,000枚を数えたが現在は年産で200,000枚。

《柳行李》
奈良時代から日本全国に広まった、柔軟で通気性にも富む収納家具であり運搬にも用いられてきたが今では年産たったの数十個…杞柳(コリヤナギ)製品には手間と労力がかかるため後継者が育たず編みと縁かがりの各2人が但馬地方で最後の職人…故に注文から1年以上かかる上に特上の柳行李ともなれば6万円を超えるが、一般的な物なら2万円台で手に入るという。

《ラムネ》
よく知られているので省略、リターナブル・ボトルは洗浄だけでなく瓶の口に付いているパッキンの交換にも手間が掛かっているがワンウェイ・ボトルではラムネを飲む意味がない気も。

《リヤカー》
自転車の卸店が多かった大正時代の秋葉原で生まれた純国産車、元はサイドカーから着想し小型トラックが登場するまでは原付きバイクで引く時代もあったとか…この牽引スタイルは日本だけで他アジア地域は後ろから押すのが普通らしく近年はアフリカで水の運搬に普及しつつあるそう、各地のサイズを1〜5号に統一した戦時中で完成の域に達し一般的な2号が¥72,000で折り畳み式は¥98,000。
0
    | books | 2015.07.24 Friday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top