(JUGEMレビュー »)

「チャンス」のピーター・セラーズが主演した'68年のMGMコメディ、冒頭の劇中劇で状況が分からないうちから笑わされました!
インドから来た駆け出し俳優に扮して、Mr.ビーンの原点か?っていう密室サイレント・コメディ・・・から騒ぎの果てが微妙にセンチメンタルなオチ、という抜け感もまた洒落てますよ。
紹介記事【2017.08.02】
デイブは宇宙船 [DVD]
デイブは宇宙船 [DVD] (JUGEMレビュー »)

「現代文化を異文化の視点で描く」という「星の王子 ニューヨークへ行く」パターンを、もう一捻りして「異星人集団のSF冒険活劇」に練り込んだ本作。
時代遅れの事前情報で人工衛星から計算外、妙に多機能なデイブ・ミン・チャン号・・・原始的で野蛮な文明に毒されていく乗組員、そして地球人と宇宙船のロマンス!
個人的にはクローゼットで大笑い、Old Navyネタも可笑しいな・・・「キャプテン・クランチ」ネタやアイスクリーム屋と間違われるコンチなスーツ姿など、分かればウケる要素も。
紹介記事【2017.03.14】
コンボイ [DVD]
コンボイ [DVD] (JUGEMレビュー »)

故サム・ペキンパー監督作では評価の低い本作、分かってねーよなぁ。
70年代に隆盛したカー・アクション的ロード・ムービーの流れを汲みつつも、救世主の物語が仕込まれてるのは何故?
少なくとも当時のアメリカにおけるトラック運転手という生業の社会的地位はド底辺、その連中からエクソダスが始まり・・・賞賛から憎悪へ豹変する世間に諦めない男と男、死して英雄となる世の中を笑うラストは痛快の一語!
紹介記事【2017.01.17】
PlayStation 2 ミッドナイト・ブラック SCPH-50000NB【メーカー生産終了】
PlayStation 2 ミッドナイト・ブラック SCPH-50000NB【メーカー生産終了】 (JUGEMレビュー »)

正直、ゲームはこれで未だに事足ります。
メーカーには悪いけど、精彩グラとかオンラインとか不要だし。笑
紹介記事【2017.04.21】
勝手に観光協会 勝手に御当地ソング47+1
勝手に観光協会 勝手に御当地ソング47+1 (JUGEMレビュー »)
勝手に観光協会
みうらじゅん&安斎肇による歌とコーラスで、全国各地の郷土愛を歌い上げる本作。
モチーフ探しの観光後、旅館の角部屋で共同作詞&レコーディング…テレコ直録りの部屋鳴りがまたトリップ感を昂ぶらせます。
10年越しの生みの苦しみは、ラスト沖縄の不自然なフェードアウトで昇天したかのよう。笑
[Disc1]紹介記事【2017.06.07】
[Disc2]紹介記事【2017.06.17】
ミッドナイト・ドリーム
ミッドナイト・ドリーム (JUGEMレビュー »)
マンハッタンズ
日本版ジャケの、煌めく摩天楼の夜景がピッタリな甘々コーラス。
ドゥワップ時代から息の長い男声グループによる、ブラック・コンテンポラリーなA.O.R.盤です。
正直、こういう毒にも薬にもならんようなベタさって本来は苦手な筈なんですが・・・1曲目でガッチリ掴まれましたよ、改めて聴いてみても非の打ち所がありません。
紹介記事【2017.01.31】
Discovery
Discovery (JUGEMレビュー »)
藤田千章,佐藤竹善,アンドリュー・オセロット,クリアー・フィッシャー,小林正弘,キャット・グレイ,西村智彦
今となってはジャケのCGがチープですけど、本作のサウンド・デザインは今でも驚異的です・・・楽器の各パートやフレーズと、イコライジングによる音域(周波数)特性の強弱とを緻密に計算してミックスされている気が。
特に最初の2曲に顕著で、更にラスト2曲ではデヴィッド・T・ウォーカーのギターをフィーチャーした佐藤竹善A.O.R.という意外性も。
紹介記事【2017.03.09】
 (JUGEMレビュー »)

久々に腹の皮が捩れるほど笑わせてもらいました、北海道ローカル局には勿体無いほど優秀なマジメ君の斜め上を行く“バカ枠入社”の花子さん・・・放送事故か奇跡の視聴率かとハラハラ、腹の皮がw
紹介記事【2017.01.19】
ローグギャラクシー ディレクターズカット PlayStation 2 the Best
ローグギャラクシー ディレクターズカット PlayStation 2 the Best (JUGEMレビュー »)

通常版に様々な新要素を追加し、ゲームバランスも再調整された本作・・・いわゆるクソゲー要素が低減したかは判りませんが、新たに水の星アリスティアへ行けるようになり嬉しい!
ただし武器が増えた分、その合成ルールが通常版から一部変更されて思い通りにいかないもどかしさも。
紹介記事【2017.08.16】
もののけ姫 [DVD]
もののけ姫 [DVD] (JUGEMレビュー »)

世間では不当なほど評価が低いようですが、宮崎駿のジブリ作品では本作こそが最高傑作です。
鎮西の乙事主の“このままでは わしらはただの肉として 人間に狩られるようになるだろう”という言葉が、やがて“小さくバカになりつつある”猪たちを狩りもせず流れ作業で食らう千尋の親に繋がるのです。
紹介記事【2017.04.29】
Zill O'll ~infinite~
Zill O'll ~infinite~ (JUGEMレビュー »)

PS版からのグラフック向上と、仲間キャラクターやイベントの増加で分岐するエンディングもアップした本作。
出身地によって変化する展開、イベントでの対処次第で敵にも味方にもなるキャラクター。
そして奥深い歴史設定が反映された人物造形など、何周しても飽きのこないゲームソフトです。
紹介記事【2017.11.15】
EMOTION the Best 機動警察パトレイバー2 the Movie [DVD]
EMOTION the Best 機動警察パトレイバー2 the Movie [DVD] (JUGEMレビュー »)

前作の(大規模ハッキングによるサイバー・テロ)が絵空事ではなくなった現在と、フェイク情報に自衛隊と警察が翻弄されて東京が戒厳令下に置かれる本作。
冒頭の場面は、PKO日報問題で揺れる現在が25年も前に描かれた本作に重なります。
ハードボイルドな展開に織り込まれた大人の恋路に、古典芸能の趣きを漂わせた演出は意味深です。
紹介記事【2017.04.30】
 (JUGEMレビュー »)

正直に言って、この作者の絵柄は苦手です・・・でも、本作にはこの絵柄しかない!って感じ。
だから苦手な方にも読んでみてほしいです、あの戦争について語らなかった人の気持ちが伝わってきます。
そしてラストの、現代に突き刺さる批評に思いを巡らせてほしいです。
紹介記事【2017.06.20】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近聴いたCD
ICE「ICE TRACKS Vol.01」

正確には上記タイトルの後に「THE BEST OF ICE IN THE PERIOD OF 1993 TO 1998」と続きます、つまりセルフ・タイトルのデビュー盤から6作目までをコンパイルした初期ベストです。
今までデビュー盤だとばかり思ってた「WAKE UP EVERYBODY」はセカンド・アルバムだったのね、それに思ってたより長く活動されてたんだなぁ…アイスは女性ボーカルの二人組ユニットと裏方スタッフのプロジェクト・チームだったそうですが、中心人物だった宮内和之の死去により実質的には活動停止しております。

リアルタイムで聴いたのは「WAKE〜」から3枚ぐらいで、当時も(スゲーな!)とは思ってましたけど…写真で見た宮内のキザな感じに(こんなチャラい奴が?)と嫌悪感を抱き、なんとなく遠ざかっておりました。
しかし宮内の訃報が音楽雑誌に載り、実際の彼が自分の印象と全然ちがう事を知り…その頃にはネットも普及してたので、ライブ動画や彼らについて書かれた文章を読んで遅蒔きながら自分内再評価に至った次第。
というかね、最初に聴いた時は嫉妬してたんですな…オクターバーかけたギターでベースラインを刻むとか、自分の思い付きを先取りされたような気がして。

しかも宮内は著名なギタリストと違って、ギターが上手いだけじゃなく作詞作曲アレンジをこなし楽曲全体をプロデュースしているんですね…甘々な歌謡曲テイストの匙加減といい打ち込みサウンドの絶妙なブレンドといい、何気にマニアックな音作りも含めて僕は強い羨望の念を嫉妬に転嫁していたと気付いたんです。
今、これらの曲をサラッと聴いてもピンとは来ないでしょう…一つには当時と今じゃ時代が違うし、もう一つは「一流スポーツ選手は簡単そうにプレイする」のと同じようなものです。

一聴して分からない細部で、じっくり聴くとヘンな事してる…(ここでこの音?)とかね、まぁ全部が全部って訳ないんですけれど。
それに彼も、歌謡曲が実はオールジャンルのミクスチャーな事を利用していたと思うんです…これはヘビメタ風だろうがジャズ風だろうが「歌謡曲」と言ってしまえば問題ない、という僕の方法論に近いよなぁと。
ラブソングのようで抽象的な歌詞、というのも非常にシンパシーを感じるんですよ…しかも詩としての言葉選びではなく詞としての響きを重視してますよね、引っ掛かりがなく流れていく音として組んである感じ。

なんだか自分でも意外な程ベタ誉めになっちゃってますが、初めて聴いた曲と改めて聴いた曲とがシームレスなのも驚きでした…ベスト盤って大抵はアルバム毎の質感が収録曲に反映されてるのに、本作は新録みたいな統一感があるのです。
と、ここまで誉めちぎっておいて何なんですけどね…絶賛するほど好きなのかっていうと、それはそれでまた別の話になるんです。笑
好きなバンドとか好きなアーティストとか、そういうんじゃないっていうね…楽曲は好きだけど、要するに楽しむための音楽というよりは作詞作曲をたしなむ端くれ目線としてなんです。
正直なところ国岡の歌唱がね、狙ってるにしてもやり過ぎな気がして鼻白むんですわ。

僕が自宅録音に没頭して自分なりに音楽の方法論を確立しようとしていた時期、勝手に鼻っ柱を折られた気分を味わわされたミュージシャンは何人かいました…高野寛もその1人ですし、アイスもまたそうでした。
特に宮内の楽曲プロデュースは手の内を読まれたような、というか実際どう考えたのかは分からないけれども自分事のように感じられ…そして言うまでもなく自分じゃ及ばないレベルに洗練された構成に打ちのめされながら、何度となく聴いていたのでありました。
宮内さん、生きていたら話を聞いてみたかったです。合掌
0
    | music | 2015.07.29 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    http://mot.lanikeha.gonna.jp/trackback/1006909




    ↑ top