ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだマンガ
山岸凉子「ゆうれい談」

初版'02年メディアファクトリー社刊のMF文庫、本作は「怖い体験談」をベースにしたコミック・エッセイ集です…なので作者得意のキツい顔したキャラは出番なし、ユルい自画像や友人知人キャラで話を進める毛色の変わった構成です。
収録作5編の初出時期は不明ですが、最初の表題作に'73年の浅間山噴火の予知夢話が出てくる辺りで多少は察しがつくかと…その頃は漫画家同士がアシスタントを共有していたそうで、それ故にか著名な漫画家の名前が次々に挙げられて交友関係や内輪の繋がりが垣間見えるのも面白いかも。

“もりたじゅんの悪友宅にて”みやわき心太郎が語った、さいとう・たかをプロのアシスタントが見たという「国分寺の石垣」の話…もりたと婚約中だった本宮ひろ志、竹宮恵子は脇役出演。
萩尾望都が生家で見た謎の男女、ささやなえこの予知能力と大島弓子の前述した予知夢…一条ゆかりのアシスタント宮本令子が夢で見た末期、阿佐ヶ谷の貸本屋は身内の霊を見るだけでなく膝に乗った幽霊に関節を外された経験を持つとか。
そして作者自身が“昭和46年10月の末”に九州で遭遇した、枕元で肩を掴んだ幽霊…豆しぼりで顔を隠し、意味深な手つきをした不可解な姿が印象的すぎます。

2話目の「読者からのゆうれい談」は、1話目に募ってしまった体験談です…段ボール箱いっぱいの手紙を6年も保管していたそうなので、表題作からはそれ以上の年月を経ている様子。
かくれんぼをしていて箪笥の中から掴んだ手が妹のじゃなかった件、かつて刑場があった阿佐ヶ谷でモヤ状の人物が蚊帳を持ち上げ「今日で百年目〜」と言う件…臨死体験で三途の橋を疾走する自動車を血塗れの女性が運転していた件、寝ている母の上にもう一人の母が浮かんでいた件。
いずれも簡潔ながら不条理かつスッキリしない読後感と、僕好みな怪談のフォーマットで小気味よいです。

3話目の「ゆうれいタクシー」は'89年の出来事らしく、愛猫を連れてタクシーで通院していた時期に作者が聞いた話…定番中の定番ながら、車内に当該女性のカーディガンを息子が見つけるというオチは珍しい。
そして半年後、猫の葬儀で呼んだタクシーの運転手が当事者だったのも不思議。
4話目の「蓮の糸」に、表題作が20数年前とありました…当時はオカルト・ホラー漫画が皆無だったそうで、となると「エコエコアザラク」や「悪魔の花嫁」以前って事でしょうか?
前半は“先ごろ亡くなったマンガ家のKさん”こと花郁悠紀子の没後談ですが、その妹が波津彬子とは!

後半は先ず作者の実兄ネタ、既に建て替えられた新橋の某ホテルでは作者の知人も同じ体験をしているとか…続いて亡父の話と同じく愛猫の死後の話、そして5話に繋がる京都のホテルでチェックイン直後に作者だけが聞いた声と物音の話。
5話目の「タイムスリップ」は、4話中で描かれた京都の話の翌日の出来事…琵琶湖までタクシーで比叡山越えをした時に堂々巡りに遭った話で始まります、それは代表作「アラベスク」執筆時で20数年前の話。
それを仕事場で話すと、アシスタントの一人も同じ体験をした上に運転手が「この辺はこんなことがよくある」と言ったのだとか。

数年後に比叡山の2話を聞かせると、今度は十和田湖から八戸へ向かう途中でも似たような体験談があり…この時は飯場のような無人の木造家屋に立ち寄ったら街の灯りが見えてきて、旅館に着いたのが夜中だったにも関わらず不思議なくらいの歓待ぶりだったそう。
ここで作者はコリン・ウィルソン「世界不思議百科」から、ハイチで“五百年前のパリ”に行った話を紹介…共通するのは「到着が夜中や朝方になっても現地の人は何かを心得ていたかのような歓待ぶり」で、TV番組で松島トモ子が語った話でも都内なのに飯場のような無人の木造家屋に立ち寄ると帰宅出来たそう。

更に上記の一連の話を顔ぶれが変わっている仕事場で再びすると、今度はメシスタントの両親の話が…田沢湖を目指すも一向に辿り着けず、車外で一服つけたらすぐ着いたのだそうです。
よく「狐狸の類いに化かされた時は一服つけろ」とは言いますが、作者はそう考ずに色々と考察するのがまた面白いです…タバコのない場合は車から降りてる事で堂々巡りが解けるとか、すべての話に必ず湖が関係しているとか無人の小屋も五百年前のパリ同様タイムスリップした過去の世界だったのではないかとかね。
いわゆる超常現象の話になりましたが、むしろ個人的には好きなカテゴリーなので予想外に楽しめました。

解説の木原浩勝いわく“目の前の現象であっても、恐怖からの脱出のために、心のどこかがそれを否定し続けるものです。怪を否定するための要素を探す注意力が、観察的視点となります。これによって得られた情報が表現に切り替わる時、読者にはその恐怖が焼きつけられます。昔の怪談本には、この視点が欠落していました”との事で、確かに怪談で怖いと感じるのは全体像ではなくディテールの奇妙さにある気がします。
彼もまた長ったらしい怪談が退屈に感じるそうで、作者の「手拭い幽霊」の絵に感銘を受けてました…実際、恐怖が描かれている訳ではないのに強烈ですよね。
山岸凉子「ゆうれい談」1
山岸凉子「ゆうれい談」2


関連記事:
【最近読んだマンガ】山岸凉子「鬼」| 2009.06.29
【最近読んだマンガ】山岸凉子「月読」| 2009.10.29
【最近読んだマンガ】山岸凉子「自選作品集 ハトシェプスト」| 2010.09.08
【最近読んだマンガ】山岸凉子「自選作品集 タイムスリップ」| 2010.09.11
【最近読んだマンガ】山岸凉子「白眼子」| 2014.10.04

〈怪談〉関連記事:
【最近読んだ本】荒俣宏(編訳)「ゴードン・スミスの日本怪談集」| 2007.08.06
【最近読んだ本】木原浩勝「隣之怪 木守り」| 2008.07.18
【最近読んだ本】木原浩勝「隣之怪 蔵の中」| 2008.08.02
【最近読んだ本】松谷みよ子「あの世からのことづて」| 2008.09.24
【最近読んだ本】岡本綺堂「中国怪奇小説集」 | 2008.10.07
【最近読んだ本】ラフカディオ・ハーン「完訳 怪談」 | 2010.05.19
【最近読んだ本】篠塚達徳「新釈 諸国百物語」 | 2010.07.12
【最近読んだ本】夢枕獏「奇譚草子」| 2010.10.10
【最近読んだ本】高橋克彦「鬼」| 2010.10.15
【最近読んだ本】東郷隆「人造記」| 2010.12.16
【最近読んだ本】新井由木子「誰かの見たもの」| 2011.06.01
【最近読んだ本】松谷みよ子、樋口 淳・責任編集「死と再生の民話」| 2011.07.13
【最近読んだ本】高橋克彦「星の塔」| 2012.09.11
【最近読んだマンガ】杉浦日向子「百物語」壱 | 2012.09.16
【最近読んだ本】阿刀田高・選「ひたすら奇妙にこわい話 寄せられた『体験』」| 2012.11.07
【最近読んだ本】話梅子(編訳)「中国怪談」| 2013.06.26
【最近読んだ本】ラフカディオ・ハーン「新編 日本の怪談」| 2013.06.29
【最近読んだマンガ】南伸坊「李白の月」| 2013.07.01
【最近読んだマンガ】南伸坊「仙人の壺」| 2013.07.04
【最近読んだ本】遠藤ケイ「<山界風聞>おこぜの空耳」| 2013.10.15
【最近読んだ本】志村有弘・編「戦前のこわい話 近代怪奇実話集」| 2014.02.12
【最近読んだ本】小原猛(作)、三木静(画)「琉球怪談百物語 不思議な子どもたち」| 2014.04.29
【最近読んだ本】富岡直方「日本猟奇史 明治時代編」| 2014.06.07
【最近読んだ本】木原浩勝+中山市朗(著)、恩田陸(編)「新耳袋コレクション」| 2014.09.11
【最近読んだマンガ】宮部みゆき(原作)、皇なつき(作画)「お江戸ふしぎ噺 あやし」| 2014.10.19
【最近読んだ本】蒲松齢(作)、柴田天馬(訳)「和訳 聊斎志異」| 2014.11.19
【最近読んだ本】小野不由美「鬼談百景」| 2014.12.09
【最近読んだ本】小林和彦(著)、柴田ゆう(画)「知識ゼロからの妖怪入門」| 2016.05.17
【最近読んだ本】加門七海「怪のはなし」| 2016.06.26
【最近読んだ本】加門七海「怪談を書く怪談」| 2016.07.21
【最近読んだ本】小田イ輔「実話コレクション 呪怪談」| 2016.07.26
【最近読んだ本】雨宮淳司「恐怖箱 水呪」| 2016.07.27
【最近読んだ本】V.A.「怪談−黄泉からの招待状−」| 2016.07.28
【最近読んだ本】戸神重明「恐怖箱 深怪」/福澤徹三「忌談 終」| 2016.08.16
【最近読んだ本】V.A.「5分で凍る! ぞっとする怖い話」/V.A.「七つの怖い扉」| 2016.08.17
【最近読んだ本】V.A.「超−1 怪コレクション 黄昏の章」| 2016.11.19
【最近読んだ本】V.A.「怪談五色 破戒」| 2017.08.01
0
    | comic | 2015.09.06 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top