ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近聴いたCD
RCサクセション「THE KING OF LIVE」

昇り調子の'83年に出たライブ盤で、CDとしては'05年にリマスタリングされ再発された2枚組です。
本作は、まだ僕がアンチRCだった時代にクラスメイトがダビングしてくれて初めて聴いたRCなのです…それまで兄貴や姉貴の受け売りで絶賛してる奴らとかミーハー女子とかホントに厭で、何より「見た目はストーンズにグラムとパンク混ぜてるけど所詮はフォーク」な似非ロックなんて当然ながら聴こうなんて気にならなかった訳なんです。

しかしまぁ、何故だか録ってもらったんですね…ちょうどその頃小林じん子が「風呂あがりの夜空に」を描いていて、まだ作曲は出来なくても作詞を趣味にしていた僕にも「風呂…」で引用されるRCの歌詞が凄い事は認めざるを得なくて。
実際、彼らの本領は歌詞なんだと僕は今も思っています…音楽としては惹かれないし、特に新味もないし。
本作でアンチRCから改心した僕は「EPLP」など何枚かアルバムを聴きましたけど、やっぱり本作の演奏が一番好きですね…まさにタイトルどおりですよ、それに本作で聴けるレゲエ調の「お墓」が好いんだ!

先ず「ドカドカうるさいR&Rバンド」のギターリフでメンバー登場、その勢いで「雨あがりの夜空に」とノリノリでスタートです。
まぁ昔のライブ盤ですから、曲間を摘まんで繋げてる違和感はやむを得ません。
他にもピチカート・ファイヴ「万事快調」の最後に引用した「DRIVE MY CAR」スチャダラパーが「ドゥビドゥWhat?」で歌詞を引用した「たとえばこんなラヴ・ソング」など、代表的なナンバーを数多く収録…個人的には「お墓」と同様「Oh! baby」の歌詞が本作で強く印象に残りました。
「NEW SONG」と「ブルドッグ」は清志郎の声じゃなかったけど、誰の歌なんた?

2枚組といっても長い気がしませんね、普通なら合計で88分もあったら集中して聴けなかったり中間の曲が耳に残らなかったりするのに…それは過去に繰り返し聴いてたせいなのかな、ライブ盤の長所はサウンドが陳腐化しにくい点でしょう(録音状態は別として)。
あの時代、日本語ロックの頂点に君臨していた「華麗なるフォークバンド」が今夜もどこかでドカドカしてる…そんな気にさせる本作をアルバムに残した事は、いっそバンド冥利に尽きるんじゃないでしょうか。

オマエの匂い…他の女とは区別が付くさあ
…って、このスケベ!笑

追記:「Drive my car」は、大元はビートルズの曲がネタなんですね・・・言われてみれば確かに、迂闊でした!汗
0
    | music | 2015.09.08 Tuesday | comments(0) | - |













    ↑ top