ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近みたDVD
「イン&アウト」

以前にも観た事あって、大笑いした記憶があるのでまた観たいと思ってたのですが…レンタル店には置いてなくて遂に買っちゃいましたよAmazonで、もちろん中古DVDですけどね。笑
舞台はインディアナ州の田舎町、高校教師のケビン・クラインは3年越しの交際を経て同僚ジョーン・キューザック(ジョン・キューザックの実姉)と挙式を控えております…そんな折も折、おらが町の有名人マット・ディロンが、アカデミー授賞式で「先生はゲイ」と爆弾発言したから大騒ぎに!
そう言われればゲイっぽい、お洒落で清潔でポエムの先生だし…スーツにリュック背負ってチャリ通だし、婚約者とヤッてないし!笑

この先ネタバレですのでご注意くださいね、自分の記憶では最後にカミングアウトする筈だったんですけど中盤過ぎの結婚式で言っちゃうとは…自分の中では(散々否定しといてオチで認める)という話だと思い込んでいて、ネタは可笑しくても話が詰まらない映画と記憶されていたのですが。
実際は破談になった事で教職を追われ、形式的に呼ばれた卒業式で逆「セント・オブ・ウーマン/夢の香り」風クライマックスを迎えて名誉を回復するのでした…母親の悲願だった「結婚式で踊る」夢も叶えられ、ジョーンもマットと幸せになり全員ハッピーエンドに!ってえぇ?笑

アメリカでも田舎では未だマッチョ信仰というか「男らしさ」が重要なのかね、誰もが少なからず当てはまってしまうゲイ疑惑には「家庭の医学」的な側面があります…しかし「バーブラ・ストライサンド好きはゲイ」には笑いましたけど、アカデミー授賞式の場面で大物俳優をおちょくるネタには誰が笑うのやら?という感じ。
ディーン・マーティンっぽいゲイのリポーターを演じたトム・セレックが美味しい役どころでしたね、それとラストで主人公の両親が婚姻の更新で二度目の結婚式を挙げるアイデアには感心しました…実際、結婚に更新制度を設けるって名案だと思いますけど?笑

ウーピー・ゴールドバーグやグレン・クローズらが本人役で出演、それから名前だけですが“ジョニー・コクランを雇えよ”という場面があって「ショータイム」を思い出しました…本作は'97年の作品ですが、彼は全米レベルで有名な弁護士だったんですねぇ。
そうそう、念のため申し上げますと本作は「ゲイを笑う映画」ではありません…予告編でそう勘違いした観客に同性愛者への偏見を正すようなコメディ、と思えば肩肘張らずに楽しんでご鑑賞いただける筈です。
だけど後半は感動路線なので、笑えるのは前半のゲイネタなんですけども。笑

パケ裏の解説によると、マットの爆弾発言は“「フィラデルフィア」(93)でアカデミー主演男優賞を受賞したトム・ハンクス”の受賞スピーチが元ネタだそうで…つまり一発ギャグだったって事かな、それならオチが付かないのも納得。


*以下の動画は携帯などでは視聴できないかもしれません

『In & Out - Trailer』(「日本語予告篇」はコチラ→https://youtu.be/MPlh7sy_BkM)
0
    | cinema | 2015.09.24 Thursday | comments(0) | - |













    ↑ top