ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近聴いたCD | main | 昨日の脳内BGM >>
最近みたDVD
「巴里のアメリカ人」

原題「An American In Paris」、ジョージ・ガーシュウィンによる同名の交響曲や代表曲が全編に流れる'51年のMGMミュージカル映画です…実は昔スティング「Englishman in New York」という歌をヒットさせた時に、元ネタは本作なのだと思い込んでおりました。笑
その「Englishman〜」が流行る前、ほんの一時期でしたがMGMミュージカルにハマっていた事がありまして…個人的にはフレッド・アステアの優美さよりジーン・ケリーのコミカルで力強いダンスに惹かれたのです、あの頃に見逃してしまった本作がワゴンセールで¥180?買うっきゃない!笑

主演&振り付けのジーン・ケリーに対し、ヒロイン役は本作のためにスカウトされたレスリー・キャロンというフランスのバレリーナ…つまりドラマ的な演技経験という意味では素人同然の筈なんですが、如何にも(外人に心許さない小娘)って感じでキュートです。
パリで終戦を迎えたジェリー(ジーン・ケリー)は除隊後も帰国せず、画家になる夢を叶えるべく芸術の都で絵筆を振るう日々…セットとは思えないセーヌ左岸の古い街並み、アパルトマンの無駄のない調度品と無駄のない動き!笑
元ピアニストのアメリカ人アダム、現スター歌手のフランス人アンリの典型的ユーモア・トークもグーね!

「パリもアメリカ人が増えたわね」という台詞で思い出したのはレヴィ=ストロースと中沢新一のサンタクロース本、第二次大戦で欧州の経済力は疲弊してアメリカの経済と文化が席巻する的な…イタリア映画「ぼくの伯父さん」でもチラッと触れていましたが、新たな文化の心気と喪われゆく伝統への感慨といった戦後ヨーロッパの屈折したムードをアメリカ映画である本作でも感じられる点はなかなか興味深いですな。
「きっとアメリカ人が好きになるよ」という台詞の裏側にあるのは戦勝国で唯一、国土を脅かされなかった事への妬みか…それとも後から参戦して総取りしたようなアメリカへの恨みか?

まぁストーリーは小娘の美貌に翻弄される大人達、というか筋書きで観せる映画でもないのでね…特に名画の世界に次々と入り込むラスト17分のダンス・シーンは圧巻です、もちろん今からすれば色々と野暮ったいんですけど。
ちなみに作詞がアイラ・ガーシュウィンとありましたが、本作のために書き下ろしたのかなぁ?
小柄でガッチリしたジーンもですが、出っ尻で太ももがパーンと張ったレスリー(個人的には堪りませんが)といい必ずしもプロポーションが好い訳ではない二人が華麗に舞い踊るからこその魅力というのもあるのではないかとも思ったり。

監督はヴィンセント・ミネリ、amazonのレビューに“言わずとしれたあの大女優ジュディ・ガーランドの元夫でライザ・ミネリーの父親である。ちょうど1951年3月にジュディと正式離婚をしたばかりで、心気一転この作品にはかなり集中できたのか云々”とありました…個人的にはラストの妄想ダンスが元ネタ分からず世間が言うほど名シーンとは思えませんでしたが、数々のアカデミー賞を獲得しただけはありダンスだけではない魅力にあふれた作品だと思いましたよ。


〈ミュージカル〉関連記事:
【最近みたDVD】「オズの魔法使い」| 2013.03.11
【最近みたDVD】「サタデー・ナイト・フィーバー」| 2013.06.23
【最近みたDVD】「ロック・オブ・エイジズ」| 2014.02.26
【最近みたDVD】「メリー・ポピンズ」| 2014.05.25
【最近みたDVD】「ティーン・ビーチ・ムービー」| 2014.12.28

〈戦後アメリカの文化侵略〉関連記事:
【最近みたDVD】クロード・レヴィ=ストロース/中沢新一「サンタクロースの秘密」| 2008.11.06
【最近みたDVD】「ぼくの伯父さん」| 2013.10.28
【最近読んだ本】千足伸行「すぐわかる20世紀の美術――フォーヴィスムからコンセプチュアル・アートまで」| 2013.12.02
【最近みたDVD】「グローイング・アップ5 ベイビーラブ」| 2018.11.22

〈50年代〉関連記事:
【最近読んだマンガ】波津彬子「お目にかかれて」| 2009.11.04
【最近聴いたレコード】ビル・ヘンダーソン「モーニン」| 2011.02.21
【最近聴いたCD】V.A.「ルンバでブルース! マンボの時代」| 2012.01.05
【最近聴いたCD】「The Best Of Miles Davis & John Coltrane (1955-1961)」| 2012.11.11
【最近聴いたCD】THE CECIL TAYLOR QUARTET「Looking Ahead!」| 2013.02.24
【最近みたDVD】「ベン・ハー」| 2014.06.11
【最近読んだ本】ポール・アンダースン「地球帝国秘密諜報部員」| 2014.09.08
【最近みたDVD】「アイアン・ジャイアント」| 2014.12.03
【最近みたDVD】「80日間世界一周」(DISC ONE)| 2015.10.15
【最近読んだ本】ロベール・ドアノー「ドアノーの贈りもの 田舎の結婚式」| 2016.04.17
【最近みたDVD】「バック・トゥ・ザ・フューチャー」| 2016.09.21
【最近みたDVD】「クイズ・ショウ」| 2017.02.04
【最近読んだ本】ポール・アンダースン「大魔王作戦」| 2017.06.21
【最近読んだ本】池波正太郎「夢の階段」| 2019.06.15


*以下の動画は、携帯からでは視聴できないかもしれません。

『巴里のアメリカ人』(カンカン帽にステッキ突いて、まるで「メリー・ポピンズ」のディック・ヴァン・ダイクにしか見えませんけど・・・って本作が先なのね)
0
    | cinema | 2015.10.01 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top