おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
こうの史代(絵と文)、宮部みゆき(原作)「荒神絵巻」

初版'14年、朝日新聞出版より刊行…宮部の小説「荒神」が新聞に連載されていた時の挿絵403点をオールカラーで収録し、更に原文から作者が書き下ろした文章を添えて「絵巻」に改めたものなのだそうです。
荒神、といっても台所の神様の話ではありません…といって地荒神とも異なる、文字通りの荒ぶる神です。
まぁ神かどうかは意見が分かれるところでしょう、古来より日本人にとっての神様は(人の姿をした善)とは限らなかった訳ですから。
個人的には、まぁ何が似てるって訳ではないんですけども「もののけ姫」っぽい感じがして好みでしたが。

ただね、いかんせん登場人物が覚えにくかったなぁ…本格的な伝奇物っぽく人間関係が入り組んでいて、何度もページを行きつ戻りつしながら読みましたよ。笑
江戸時代、北関東辺りの山の麓に境を接する二つの藩があり…片や軍事大国、片や隣国に対抗するため呪術と毒術に長けた小国。
大国側には小国の御落胤的な出自を知らぬ兄妹や流れ者の浪人が、小国側には狩人の老人と孫と藩士がいて…他に兄妹と似た出自ながら小国の間者として育った男装の女、小国育ちながら阿呆のフリをしていた幕府の隠密や胡散臭いけど単なる絵師などが国境を跨ぐ化物に関わっていくのです。

化物の正体が徐々に判明するにつれ、化物の仕業と思われた別の怪異の真相も明らかになり…すべての謎が一つに集約される、そこら辺が今ひとつ判然としない微妙な読後感でしたけど。
基本的に伝奇物が好きだから楽しめたのであって、そうでもない読者にとっては物足りない印象なのでは?
きっと宮部の小説版では脇役たちも細かく描かれているのだろうし、本書は飽くまでも絵巻物として「とある奇怪な顛末」を主眼に描きたかったのでしょうね。
言い換えればファンブック的な、原作の副読本といった作品なのだと思います。


〈こうの史代〉関連記事:
【最近読んだマンガ】こうの史代「夕凪の街 桜の国」| 2008.07.03
【最近読んだマンガ】こうの史代「ギカタウン 漫符図鑑」| 2020.02.05

〈宮部みゆき〉関連記事:
【最近読んだ本】宮部みゆき「日暮らし」上下巻| 2007.06.24
【最近読んだ本】宮部みゆき「本所深川ふしぎ草紙」| 2007.10.17
【最近読んだ本】宮部みゆき「天狗風」| 2008.05.03
【最近読んだ本】宮部みゆき「幻色江戸ごよみ」| 2008.05.17
【最近読んだ本】宮部みゆき「平成お徒歩日記」| 2008.05.19
【最近読んだ本】宮部みゆき「今夜は眠れない」| 2008.05.21
【最近読んだ本】宮部みゆき(文)、黒鉄ヒロシ(絵)「ぱんぷくりん」鶴亀2巻| 2008.10.04
【最近読んだ本】宮部みゆき(作)、吉田尚令(絵)、東雅夫(編)「悪い本」| 2013.01.27
【最近読んだ本】日本SF作家クラブ・編「SF JACK」| 2014.02.18
【最近読んだマンガ】宮部みゆき(原作)、皇なつき(作画)「お江戸ふしぎ噺 あやし」| 2014.10.19
【最近読んだ本】高橋克彦「ホラー・コネクション」| 2016.08.15
【最近読んだ本】V.A.「5分で凍る! ぞっとする怖い話」/V.A.「七つの怖い扉」| 2016.08.17
【最近読んだ本】宮部みゆき「あやし」| 2017.10.29
0
    | books | 2015.10.10 Saturday | comments(0) | - |













    ↑ top