ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
安島太佳由「要塞列島 ― 日本への遺言」

初版'08年、'95年から日本各地を訪れて撮り溜めた十余年に及ぶ「忘れられた戦争遺産の記録」です…第一章「戦争指導者たちの館」に収められた、華やかで大切に補修されている建築物は記憶されるでしょうが。
北は北海道から南は沖縄まで、多くの兵士が記憶に留めていたろう真の戦争遺産…それは風雨に曝され草木に覆われたコンクリートの塊です、将校会館にはない前線の緊迫と恐怖を刻まれたまま朽ちていく無名の兵士のようなトーチカです。
硫黄島での貴重な写真に目を見張り、対ソ戦をも想定していたという舞鶴や北海道の写真には「本土決戦」の重みが感じられました。

本土決戦…。
松本に大本営が作られていた事を知ったのは中学生の時だったでしょうか、最初は真実味のない作り話と思っていて徐々に(学校で教わる歴史には政治的なバイアスが入る)と気付く切っ掛けとなった史実でした。
しかし大阪もまた、地勢の防備が弱い東京を陥落された場合の最終防衛拠点とされていたのだそうで…幕僚たちは、本気で一億玉砕を覚悟していたのだと改めて驚き悲しくなりました。
海岸のトーチカは、台湾の小琉球で見た物と同じで…今もし海岸線の彼方から中国軍がと、そう考えただけで足がすくんで動けなくなったのを思い出しました。

そしてまた、木々の幹に埋もれつつある掩蔽壕(えんぺいごう)の静けさには却って平穏な日々の長さを感じもするのです…かつて争った時代があったけれども戦禍は緑に覆われ、深い眠りに就いているかのよう。
日本全国の海や山が拓かれ、各地の人々が動員されたが未遂に終わった本土決戦…天皇がポツダム宣言を受諾すると決断しても尚、戦争の継続を意図したクーデターが計画されたとか。
もしも戦争が終わらなかったら、と考えても詮ない事ですが戦争終結という選択は非常に困難な力業だったように思えてきました。

あの時、敗北を受け入れてくれてありがとう…そして改めて沖縄戦で身代わりとなってくださった方々にも、感謝だけでなく申し訳ない気持ちになりました。
上陸戦で原形を留めないほど外観を削られた戦争の遺物たち、そして出番を迎える事なく静かに朽ちてゆく遺物たち…それらもまた物見遊山で荒らすべきではない聖地なのです、こうして写真越しに眺めて敬虔な気持ちになる場所なのです。
R.I.P.


関連記事:
【最近読んだ本】安島太佳由「東京痕跡」| 2008.11.16

関連ありそうな記事:
【最近読んだ本】阿久井義孝、伊藤千行「水辺の生活誌 軍艦島」| 2008.03.10
【最近読んだ本】牛島秀彦「真珠湾の不時着機」| 2010.11.04
【最近読んだ本】元田久治「NEO RUINS」| 2012.06.19
【最近読んだ本】ドン・ジョーンズ(著)、中村定(訳)「タッポーチョ 太平洋の奇跡」| 2012.11.16
【最近読んだマンガ】水木しげる「戦記短編集 幽霊艦長 他」| 2014.05.04
【最近読んだ本】中條高徳「孫娘からの質問状 おじいちゃん戦争のことを教えて」| 2014.05.05
【最近読んだ本】江成常夫「まぼろし国・満州」| 2014.06.19
【最近読んだ本】小林伸一郎「亡骸劇場」| 2014.08.03
【最近読んだ本】MASATAKA NAKANO「TOKYO BLACKOUT」| 2015.01.23
【最近読んだマンガ】小林よしのり「卑怯者の島」| 2017.06.20


以下、個人的メモ画像。
安島太佳由「要塞列島 ― 日本への遺言」 (5)

安島太佳由「要塞列島 ― 日本への遺言」 (1)

安島太佳由「要塞列島 ― 日本への遺言」 (2)

安島太佳由「要塞列島 ― 日本への遺言」 (4)

安島太佳由「要塞列島 ― 日本への遺言」 (3)
0
    | books | 2015.10.17 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top