おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近聴いたCD
THE BEATLES「LET IT BE」

'70年リリース作品で'87年のCDですね、それ以外は分かりませんけど…同僚君が貸してくれたので、ジャケも解説書もないのです。
先日の海水浴で持って来ていた一枚で、その時に「ウチで聴く?」と訊かれて「お、聴く聴く!」と即答。
なので家で聴いていても海へ向かうドライブの記憶が重なってしまいます、そのせいか今までに聴いたビートルズのアルバムと比べて妙に耳馴染みが好いな!笑
或いは各曲の一発録りっぽい雰囲気が、過去に聴いた作品のカッチリ作られた感じよりも好みなのかもね?

流石に表題曲は知ってましたが、本作で初めてタイトルと一致した曲が結構ありましたよ…つまり「Across the universe」や「The long and winding road」など、曲名は知っていても聴いた事ないと思っていたのが(誰かは知らないけど聴き覚えある楽曲)として記憶していた曲だったり。笑
それと、お喋りとかジングル的なフレーズが曲間に挟まっている感じに(今っぽいな)と思ってから「逆じゃん!」と独りツッコミ…むしろ今ビートルズが新人バンドとして本作をリリースしても却って斬新で売れそうだし、あの時点でこんなバンド・アンサンブルやられたんじゃ敵わんなぁ!

なるほど散々聴いておいて今更ですけど、確かにビートルズは凄いバンドですわ…ようやく僕にも実感できました、現代でも数多あるバンドを圧倒する程のクオリティには思わず聴き入ってしまう魅力があります。
しかし意外だったのは、UKバンドのビートルズがCCRCSN&Y辺りの演りそうなR&Bがかったフォーキーなテイストの曲を結構やっている事ですね。
と、ここで本作のWikipedia情報をチェックしてみたら…重ね録りを排して原点回帰を目指すも解散寸前の状態で作業は中断、フィル・スペクターに任せたので当然コンセプト無視の過剰プロデュースになったものの完成に漕ぎ着けたのだとか。

ちなみにエレピを弾いてるのはビリー・プレストンらしいです、表題曲イントロのピアノは同僚君いわく「ポールが弾いてる」らしいですがオルガンの方は彼だったのかな?
「同僚オススメCD」シリーズその46


関連記事:
【最近聴いたCD】THE BEATLES「Magical Mystery Tour」| 2013.06.30
【最近聴いたCD】THE BEATLES「SGT. PEPPER'S LONELY HEARTS CLUB BAND」| 2013.08.23
【最近聴いたCD】THE BEATLES「REVOLVER」| 2014.05.06
0
    | music | 2015.10.28 Wednesday | comments(0) | - |













    ↑ top