ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近みたDVD
「80日間世界一周」(DISC TWO)

「INTERMISSION」で終わった「DISC ONE」からの続きです、なので「ENTER'ACTE」と表示された画面のままで4分ちょっと放置…なんだかまるで映画館の中にいて、ロビーに出て休憩したりしてた観客がバラバラと席に戻ってくる空気が感じられるのが面白いですね。
本編は太平洋上から始まり、路面電車と馬車が行き交うサンフランシスコで立ち寄った酒場でマレーネ・ディートリッヒとフランク・シナトラに遭遇…しかし慌ただしくも大陸横断鉄道でN.Y.を目指す一行、もはやフィクス刑事の白々しい嘘もお見通しでロンドン中がフォグの動向に釘付け!

騎馬スー族の襲撃に立ち向かい、無事にN.Y.から出航はしたものの予定の客船には間に合わずオンボロ外輪船の上に洋上で燃料切れ…フォグは船を買い取ると何から何まで石炭がわりに燃やして遂にイギリス上陸、しかしフィクス刑事が本性を現して銀行強盗の容疑で逮捕されてしまいます。
賭けの期限が刻一刻と迫る中、ようやく真犯人が捕まり釈放された時には時間切れ…全財産を失って失意の帰宅、ですが実は重要な点を失念していたとはね〜!
最後までヒヤヒヤドキドキさせられて、最後にバァーン!っといかないのもまた英国紳士の奥ゆかしさ?笑

エンド・ロール後のラスト5分は「EXIT MUSIC」の固定画面で送り出し、晴れやかな顔で連れと笑み交わしながら席を立つ観客たちの姿が目に浮かぶようです。
ちなみに音楽はヴィクター・ヤング、画面の動きとシンクロした音とレトロな曲調が今では却って新鮮。
そして「DISC TWO」の特典映像は、本編プロデューサーの記録映像です…「イントロダクション&ドキュメンタリー:マイケル・トッドの世界」「イントロダクション&ロサンゼルス・プレミア試写」「イントロダクション&1957年 アカデミー賞授与式」「イントロダクション&1957/10/17 テレビ番組"プレイハウス90"」「スペインへ」。

このあらゆる項目の「イントロダクション」で解説してくれてる人は、アメリカの荻昌弘的なポジションなのでしょうか…それはともかく「マイケル・トッドの世界」は'68年に公開されたドキュメンタリー作品で、友人を自認するオーソン・ウェルズが進行役を務め若きエリザベス・テーラーが夫について語ります。
様々な職業を渡り歩いてきた、稀代のカリスマ興行師…唯一の映画製作で世界中から絶賛され、まさに絶世の美女と結婚するも3年後の'59年には飛行機事故により他界したそうです。
それにしてもリズの美しさ、仕草も含めて文字通り「お人形さんのよう」ですな。

「プレイハウス90」は上映1周年パーティーの様子にスキットを織り交ぜたような番組で、先述のドキュメンタリーでリズが“大惨事”と表現していた状況の一歩手前でしょうか…ちょうど食べ物が運ばれてきたら放送終了となって、収拾がつかなくなる様子はオンエアされなかったのね。
本来90分枠の番組が、何故45分なのかは謎です。
ホッケー場の観客席に1万8千人もの招待客を詰め込んで、リハーサルなしの危なっかしいパレードとか…この杜撰な仕切りを見ればトッドの人柄も分かろうというもので、映画の成功は幸運と奇跡の賜物だったのだとしか思えませんよ。


関連記事:
【最近みたDVD】「80日間世界一周」(DISC ONE)| 2015.10.15
【最近みたDVD】「80日間世界一周」(音声解説)| 2015.10.29

〈アメリカ開拓時代〉関連記事:
【最近読んだ本】三省堂図解ライブラリー「アメリカ西部開拓史」| 2009.04.05
【最近読んだ本】知のビジュアル百科「カウボーイ事典」| 2009.04.07
【最近読んだ本】シオドーラ・クローバー「イシ 北米最後の野生インディアン」| 2010.08.14
【最近読んだ本】ラヴァット・ディクソン「グレイ・アウル 野生を生きた男」| 2011.12.23
【最近読んだ本】ウィリアム・アンダーソン「ローラの思い出アルバム」| 2012.01.22
【最近読んだ本】ワルデマール・アベグ「100年前の世界一周」| 2012.10.29
【最近みたDVD】「レボリューション/めぐり逢い」| 2014.11.18
【最近みたDVD】「許されざる者」| 2015.11.04
【最近みたDVD】「ロング・ライダーズ」| 2015.12.10
【最近読んだ本】「シートン動物記 狼王ロボ」| 2017.05.28
【最近読んだ本】クリストファー・プリースト「奇術師」| 2017.09.23
【最近みたDVD】「ある決闘 −セントヘレナの掟−」| 2018.06.02


*以下の動画は、携帯からでは視聴できないかもしれません。

『Victor Young 映画「八十日間世界一周」 Around The World(Part 1)』
0
    | cinema | 2015.10.22 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top