おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近みたDVD
「許されざる者」

原題「UNFORGIVEN」、クリント・イーストウッドが製作/監督/主演を務めた'92年の西部劇です…封切り当時も観に行きましたよ、もちろん独りっきりで。笑
まぁ(彼が再び西部劇に!)って鼻息荒くするような人なんて、同世代にいる筈もなく…それに徒党を組んで観に行く映画でもないですしね、本作は(独り胸熱)で正解なのですよ。
中学生の頃は祖母と毎晩のようにTVの洋画番組を観ていたので、同世代の中で僕は割と昔の戦争映画や西部劇が好きなのだと思います。
それらは僕にとっては祖母との思い出ですけども、祖母にとっては祖父との思い出だったのかもしれません。

ともかくまぁそんな次第で(イーストウッドの西部劇がリアルタイムで観られる!)と、ちょっと前のめりに封切り館へと出掛けたのですが…流石に勧善懲悪な娯楽活劇の時代じゃなかった、といいますか社会派イーストウッドの面目躍如という程じゃないにしても。
どてっ腹に重たい石を据えられたようなワイルド・ウェストの生々しさと、それでいて現代的にクオリファイされたローン・ガンマンの潔さに酔わされました。
本作は、イーストウッドを銀幕デビューから育てたセルジオ・レオーネ「ダーティ・ハリー」で新たな役柄を切り開いたドン・シーゲルの両監督に捧げられています。

しかしながら本作を日本語吹き替えで観直してみて思い出したのは、昔から山田康雄がイーストウッドのフィックス声優というのが僕には解せないって事…まぁ当たり役「ルパン三世」などのコミカルなイメージに圧されたのだろうけど、なんか凄味が足りない気がして。
ともあれ本作、復讐劇というマカロニ・ウェスタンの王道を踏襲しつつも重層的にメタファーを織り込んでますね…老いた殺し屋にイーストウッドの老境を重ね見たり、漁夫王神話やフロンティア精神への郷愁とか。
冒頭と同じ夕景が締め括る最後は、人が夕陽を眺めると様々な思いを巡らす習性を活かしたようでもあり。

舞台は1880年のワイオミング州、フロンティア消滅宣言の10年前…イングリッシュ・ボブと伝記作家ボーシャンプが乗って来た汽車は「80日間世界一周」で使用された狭軌鉄道かな?
イーストウッドが若造の誘いに乗るのは、生活の苦しさや幼な子の将来で言い訳していても本心は違いますよね…モーガン・フリーマンとの会話から透けて見えるのは現実逃避というか、無宿者だった頃の身軽さをもう一度という出来心で。
黒人のフリーマンの女房が何故インディアンなのか、それは西部開拓の歴史と無縁ではないのでしょう…あるいは「フォレスト・ガンプ」で、ダン中尉がアジア系の婚約者を連れてくる場面のような含みがあるのかな?
だけど事態は、手強い保安官(ジーン・ハックマン)相手に急展開…遂にイーストウッドが禁を破って酒を口にする時、過去の獣が憑依した眼差しの恐怖に痺れます。

一見すると公正で勇敢な保安官なのですが、極悪イーストウッドによって却って独善という実像が際立ちます…娼婦たちは象徴としての女であり、マッチョな時代に踏みにじられていた女性の尊厳を本作は語っているのでしょう。
懐古補正で最も見失いがちな「力の正義と男尊女卑」といった要素を強調して「旧き良き時代の醜悪さ」を演出し、もし現代人の僕らが実際に西部劇の世界へと入り込んだら感じるであろう不快さをも見せ付けます。
復讐を遂げたイーストウッドが、ハッタリを利かせて酒場を出るラスト…慌ても急ぎもしない、雪のような冷静さで去り行くガンマンの時代に幕を引くのでした。


〈クリント・イーストウッド〉関連記事:
【最近みたDVD】「セロニアス・モンク ストレート・ノー・チェイサー」| 2013.05.04
【最近みたDVD】「ダーティハリー」| 2014.06.06

〈アメリカ開拓時代〉関連記事:
【最近読んだ本】三省堂図解ライブラリー「アメリカ西部開拓史」| 2009.04.05
【最近読んだ本】知のビジュアル百科「カウボーイ事典」| 2009.04.07
【最近読んだ本】シオドーラ・クローバー「イシ 北米最後の野生インディアン」| 2010.08.14
【最近読んだ本】ラヴァット・ディクソン「グレイ・アウル 野生を生きた男」| 2011.12.23
【最近読んだ本】ウィリアム・アンダーソン「ローラの思い出アルバム」| 2012.01.22
【最近読んだ本】ワルデマール・アベグ「100年前の世界一周」| 2012.10.29
【最近みたDVD】「レボリューション/めぐり逢い」| 2014.11.18
【最近みたDVD】「80日間世界一周」(DISC TWO)| 2015.10.22
【最近みたDVD】「ロング・ライダーズ」| 2015.12.10
【最近読んだ本】「シートン動物記 狼王ロボ」| 2017.05.28
【最近読んだ本】クリストファー・プリースト「奇術師」| 2017.09.23
【最近みたDVD】「ある決闘 −セントヘレナの掟−」| 2018.06.02


*以下の動画は、携帯からでは視聴できないかもしれません。

『Unforgettable Scenes - Unforgiven, "Hell of a thing..."』(発端となった若造は賞金首を殺した事に泣き、フリーマンを殺されたイーストウッドは「分け前は子供たちに届けろ」と言って復讐に向かいます・・・長く単調な場面ですが、クライマックスへの緊張を高める重要なシークエンスです)


『Unforgiven 1992』(かなり明度を上げてありますね、実際は非常に暗いんだけど・・・イーストウッドは店の前にフリーマンの遺体を晒す店主を撃ち、それから保安官を撃ちます)
0
    | cinema | 2015.11.04 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top