おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだマンガ
長崎尚志(原作)、芳崎せいむ(漫画)「うさぎ探偵物語」1巻

漫画家の名前に見覚えがあったのと、探偵の相棒が幽霊という設定に興味を惹かれて借りてみました…表紙カバーに描かれているウサギは出てきません、単に「卯月探偵事務所」の看板から月が見えなくて顧客が「卯探偵事務所」と勘違いするというだけなんですね。
主人公は保険会社の総務職をクビになった女の子、バイト感覚で叔父の稼業を引き継いだのですが…持ちビルの一階で営んでいた副業が本業になってしまった叔父の洋食屋で、合コンの店でと異常なほどの食欲を発揮する不思議ちゃんです。

そんな霊感ゼロの彼女にだけ見えてしまう男は記憶喪失の幽霊で、仕事をアシストするから自分の身元調査をしろと持ち掛けます。
数話読み切りで依頼をこなしてゆく駆け出し探偵、尾行や潜入調査は幽霊の出番…というか幽霊の方が探偵の心得がある様子、話の展開はちょっぴり強引。笑
画力は程々という印象、ただ顔を特定の角度でしか描けないのかな…なので人物が活き生きしてないし、たまに顔が破綻してたりも。
感情移入といいますか、そういう感じの惹かれる要素がないのがキビシイ…それでも幽霊の扱いに関しては、ご都合主義ではない何かリアルな気がするのです。
うさぎ探偵物語1

次巻


〈芳崎せいむ〉関連記事:
【最近読んだマンガ】芳崎せいむ「金魚屋古書店出納帳」上巻| 2011.02.17
【最近読んだマンガ】芳崎せいむ「金魚屋古書店出納帳」下巻| 2011.02.20

〈長崎尚志〉関連記事:
(プロデュース)
【最近読んだマンガ】浦沢直樹×手塚治虫「プルートウ」1巻| 2013.01.14
【最近読んだマンガ】浦沢直樹×手塚治虫「プルートウ」2巻| 2013.01.17
【最近読んだマンガ】浦沢直樹×手塚治虫「プルートウ」3巻| 2013.02.07
【最近読んだマンガ】浦沢直樹×手塚治虫「プルートウ」4巻| 2013.02.01
(原作)
【最近読んだマンガ】きら「SQ[エスキュー]」| 2015.12.29
(“江戸川啓視”名義)
【最近読んだマンガ】クォン・カヤ(作画)「プルンギル ―青の道―」2巻| 2012.10.25
0
    | comic | 2015.12.01 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top