おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだマンガ
長崎尚志(原作)、芳崎せいむ(漫画)「うさぎ探偵物語」2巻

1巻では「少女の猫探し」と「重病人の妻子面会依頼」、この2巻では「失踪した夫の探索」と「取り壊し物件にまつわる噂の調査」…そしてラストの「名探偵登場」は依頼人なし、幽霊いわく“自分で事件を推理して探り出す……名探偵誕生だ”っておいおい登場じゃなくて誕生なのかよ!笑
というより2巻で完結してるのかと思って借りてきたので、ようやくスタートライン的なオチには勝手ながら正直ズッコケました。
それから顔は角度じゃなくて表情が乏しいんですね、この場面でこの表情?的な…あと三次曲線も苦手らしく、資料をなぞった自動車は白い画面で浮きまくり。

でも幽霊の設定は面白い。
“互いに姿は見えるが話すことは出来ない”
“人間の声は聞こえるが、話しかけることは出来ない”
“食欲はないらしい”
その他「嗅覚がない」「寝ない」「モニター画面が見えない」など、まるで一昔前の2ちゃんねるオカルト板にあったスレッドの「幽霊なんだけど質問ある?」(←まとめ記事)「幽霊と暮らしてる」(←まとめサイト)などで報告されている様々な幽霊の共通項と一致してるのがね…なんか夢中になってオカ板を漁ってた時期が懐かしくもあり、原作者もあの辺のスレをチェックしてただけかもしれないけどさ。笑
リアル、というのは変か。

生前の記憶がないってのも多くの幽霊に共通してたけど、基本的に生に執着ないんだよねぇ…多少は覚えてる例もあったし、思い出す事で成仏しちゃうパターンもあった気がしますがね。
まぁ所詮は2ちゃんというか創作である可能性も高い訳で、それが何かしらの根拠になるとも(幽霊は実在する!)とも正直なところ思ってはいないんです。
霊感が欲しいとか思ってないし自分で体験したいとも思わない、だけど恐怖の対象としてでなく「所在なさ気に存在している幽霊」って発想が興味深いんです。
そうした設定が活かされている漫画っていうのも、ありそうでなかったもので。

本作では(憑かれている人間の食欲は倍増する)という設定になっておりますが、これは初耳ですな…憑いている幽霊の分もエネルギーを摂取する必要がある、という理屈は分からなくもないけども食事の場面が無駄に多い気がしてね。笑
でも「名探偵登場」の回の扉絵は好いな、雪の日の独特な明るさが感じられて…こういった、パッと見てハッとさせる絵も描くのね。
ただ続きが気になるかというと、なんか想像ついちゃうよなぁ…この世の未練が回収されたら昇天するでしょ、特に未練もなくフラフラしてる霊じゃないし。
それにしても表紙のウサギは話に関係なくない?笑
うさぎ探偵物語3
作画崩壊&トレス作画例→うさぎ探偵物語2


〈芳崎せいむ〉関連記事:
【最近読んだマンガ】芳崎せいむ「金魚屋古書店出納帳」上巻| 2011.02.17
【最近読んだマンガ】芳崎せいむ「金魚屋古書店出納帳」下巻| 2011.02.20

〈長崎尚志〉関連記事:
(プロデュース)
【最近読んだマンガ】浦沢直樹×手塚治虫「プルートウ」1巻| 2013.01.14
【最近読んだマンガ】浦沢直樹×手塚治虫「プルートウ」2巻| 2013.01.17
【最近読んだマンガ】浦沢直樹×手塚治虫「プルートウ」3巻| 2013.02.07
【最近読んだマンガ】浦沢直樹×手塚治虫「プルートウ」4巻| 2013.02.01
(原作)
【最近読んだマンガ】きら「SQ[エスキュー]」| 2015.12.29
(“江戸川啓視”名義)
【最近読んだマンガ】クォン・カヤ(作画)「プルンギル ―青の道―」2巻| 2012.10.25
0
    | comic | 2015.12.08 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top