ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近みたDVD
「フレンチ・コネクション」

先日の「許されざる者」ジーン・ハックマンを見て、ずっと本作を観直したかった事を思い出し…多分レンタル店にも置いてあるでしょうが、Amazonに出品されていたレンタル落ちも借りるのと大差ない金額だったので買っちゃいました。
ポパイと仇名される刑事役でジーンを一躍スター俳優に押し上げた本作は'71年度のアカデミー賞5部門で受賞、しかし44年前の作品ですから今では流石に古臭いかな…まぁ個人的には70年代アメリカの街並みやファッションなどを満喫したので文句なしです、敢えて言えば要らないカットが多くて今の感覚より間延びしたテンポに思えます。

それと「アメリカに密輸される麻薬」というと現在では中南米ルートをイメージしますけど、この頃はフランスが大口の輸出元だったんですかね…潜水ゲーム「エバーブルー」の町みたいなマルセイユから始まって大西洋を隔てたN.Y.のブルックリンと、序盤は場面が行ったり来たりします。
ポパイ刑事と相棒を組んでいるのはロイ・シャイダーですか、これまたジーンに輪をかけて若い!…ちなみに吹替の担当は小池朝雄と羽佐間道夫、売人サルバドール役の山田康雄に黒幕アラン役の大平透と今や貴重な声優陣の共演もナイス。
TV放映時の吹替らしく、所々で切れるのが残念。

捜査のためとはいえ強引な手腕のポパイ刑事、ちょっとマズイだろそれはって行動の連続です…最後は対立するFBI捜査官を誤射とはいえ殺しちゃっても平然としてるし、しかも追い詰めた黒幕を逃がしちゃうとかオマエは内通者かよ!笑
中途半端な幕切れにナレーションで後日談とはショボいよな、殺されなかった逮捕者も罪が軽くて余計にモヤモヤ…ところでポパイと相棒は麻薬課より転出となり、ナレーションでは「後に解任」と言っているけど字幕では「復帰」とオチが正反対(画面には“reassigned=再び委託された”とあるので字幕が正しい)。

エンドロールが1分程度と短く、もしや超低予算映画だった?…そして序盤の酒場で歌っていたのがスリー・ディグリーズとはね、妙に歌手を映してて不要なカットだとは思いましたが。
はっきり言って、終盤30分の名場面「地上の地下鉄高架下チェイス」だけで名作扱いされてる駄作です…だけど僕は70年代N.Y.要素がタップリ詰まっていたので大満足、購入するだけの価値はあったなぁ〜。笑
この高架線路とか、既に失われた光景というのは古い映画の大きな魅力です…また「70年代クヨクヨ邦画」が観たくなりましたが、DVD化されてる作品じゃあ充たされないんだよね。


関連記事:
【最近みたDVD】「フレンチ・コネクション」(再視聴)| 2016.03.26
【最近みたDVD】「フレンチ・コネクション」(再々視聴)| 2016.05.22
0
    | cinema | 2015.11.19 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top