ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近みたDVD
「ロング・ライダーズ」

原題「The Long Riders」、ウォルター・ヒル監督がメガホンを取った西部劇です…'80年には西部劇なんて既に下火もいいとこでしたが、祖母と住んでいた当時の僕は昔の西部劇や戦争映画が好きだったのです。
夕飯の後にいつも二人でTVの洋画番組を観ていて、おそらくは祖父に連れていかれたであろう戦争映画や西部劇は祖母の食い付きが違ったんですよ…それで僕も影響されちゃって、ニキビ面を洗顔スクラブでガリガリ擦りデコボコのアバタ面になるよう努力していたりしたのですけれども。
祖母には「ケーシー高峰みたい」とか言われてましたが、それはともかく本作。

本作は、その頃の映画雑誌に載っていたスチル写真に心踊らせつつも観逃してしまった映画でして…ロングコートにライフルで騎乗するそのスタイルは、60年代の西部劇やマカロニ・ウェスタンにはない新鮮なガンマン像だったのです。
要するに「テンガロンハット&革のベスト+ホルスター」といった、典型的な格好じゃなかったんですよ。
まぁ「それが何か?」と言われてしまえば、それまでなのですけども…僕にしてみればリアルというか洒落て見えたんですね、既存のカウボーイ風ガンマンよりもワルっぽい気がして。笑
実際、正義のヒーローなんかじゃないんですけど。

舞台はミズーリ州、時は南北戦争後…有名なジェシー・ジェームズを筆頭とする兄弟と親戚兄弟は元南軍、未だに北部を目の敵にして荒事を重ねておりました。
ジェームズ=ヤンガー強盗団として知られるようになった彼ら、ピンカートン探偵社の賞金首となりますが…探偵社側の杜撰な手口で無関係な身内を次々と殺され、報復を誓うのでした。
余所者の探偵に対して地元は身内の結束が固く、保安官からも形式的な協力しか得られない…それでも時代は負け犬の南部人を置き去りに、新たな秩序を迎え入れていくのであります。

ずっとタイトルの意味が分からなかったんですけど、彼らが地元から離れた場所で悪事を働いている事が関係しているのかな…親族が固まっている地元で悪さしても仕様がないし、身バレしないためにも遠方で一仕事して追っ手を撒いてくる=「ロング・ライド(長距離移動)する者」と考えれば辻褄が合うような気も。
列車強盗の場面は見応えありましたが、汽車って馬より遅いのね…これも「80日間世界一周」で使われてた狭軌鉄道だったりするのかな、こうしたディテールも個人的には楽しめました。
「許されざる者」とは異なる時代と視点ながら、破滅的な美学が貫かれてますね。

素っ裸でも帽子は被ったままで、娼婦に聖書の一節を唱えてご満悦…どう考えてもアホですが、南北戦争の根っこを単純化してしまうと詰まらなく感じるかも。
しかしジェシーを演じたジェームズ・キーチの目が妙に怖いんだ!
結婚式の独特なフォークダンスは南部の習慣なのかな、リバーダンスっぽいんだけど関連性は不明…全編に流れるブルーグラスはライ・クーダーが担当しており、ミュージシャンのクレジットにはデヴィッド・リンドレーの名も。

ジェシー&フランクのジェームズ兄弟を演じたのは、製作総指揮と脚本も担当したジェームス&ステーシーのキーチ兄弟。
ジェシーの赤ちゃん役はカレン・キーチ、ヤンガー3兄弟はデヴィッドキース&ロバートのキャラダイン3兄弟…ミラー兄弟を演じたのは、デニス&ランディのクエイド兄弟。
裏切り者のチャーリー&ボブ・フォード兄弟を演じたのはクリストファー&ニコラス・ゲスト兄弟と、実際に兄弟同士の役者でキャスティングされているのがユニーク。
ピンカートン探偵社のリクスリーを演じたのは、ジェームス・ウィットモア・Jr.。
The Long Riders(←左クリックで拡大表示されます)

再視聴| 2017.03.20

〈アメリカ開拓時代〉関連記事:
【最近読んだ本】三省堂図解ライブラリー「アメリカ西部開拓史」| 2009.04.05
【最近読んだ本】知のビジュアル百科「カウボーイ事典」| 2009.04.07
【最近読んだ本】シオドーラ・クローバー「イシ 北米最後の野生インディアン」| 2010.08.14
【最近読んだ本】ラヴァット・ディクソン「グレイ・アウル 野生を生きた男」| 2011.12.23
【最近読んだ本】ウィリアム・アンダーソン「ローラの思い出アルバム」| 2012.01.22
【最近読んだ本】ワルデマール・アベグ「100年前の世界一周」| 2012.10.29
【最近みたDVD】「レボリューション/めぐり逢い」| 2014.11.18
【最近みたDVD】「80日間世界一周」(DISC TWO)| 2015.10.22
【最近みたDVD】「許されざる者」| 2015.11.04
【最近読んだ本】「シートン動物記 狼王ロボ」| 2017.05.28
【最近読んだ本】クリストファー・プリースト「奇術師」| 2017.09.23
【最近みたDVD】「ある決闘 −セントヘレナの掟−」| 2018.06.02

〈南部ローカル・ジョーク〉関連記事:
【最近みたDVD】「デュークス・オブ・ハザード」| 2008.08.19
【最近みたDVD】「ソウルメン」| 2013.01.07
【最近みたDVD】「フォレスト・ガンプ/一期一会」| 2014.05.28
【最近みたDVD】「ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習」| 2015.01.04
【最近みたDVD】「タラデガ・ナイト オーバルの狼」| 2015.01.08
【最近みたDVD】「あいつはママのボーイフレンド」| 2015.05.06
【最近みたDVD】「レディ・キラーズ」| 2016.02.17
【最近みたDVD】「コンボイ」| 2017.01.17
【最近みたDVD】「トランザム7000」| 2017.08.31
【最近みたDVD】「コンボイ」(再視聴)| 2017.09.24
【最近みたDVD】「ある決闘 −セントヘレナの掟−」| 2018.06.02
【最近みたDVD】「奇跡の絆」| 2018.06.16
【最近みたDVD】「キングスマン: ゴールデン・サークル」| 2018.11.15
【最近みたDVD】「ローガン・ラッキー」| 2019.01.10
【最近読んだ本】マーク・トウェイン(著)、大久保博(訳)「ハックルベリ・フィンの冒険」| 2019.05.22


*以下の動画は、携帯からでは視聴できないかもしれません。

『The Long Riders - Trailer』


『David Carradine - Best Knife Fight Ever! - The Long Riders』(娼婦の亭主と決闘を演じるデヴィッド・キャラダイン、余裕です)
0
    | cinema | 2015.12.10 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top