おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近聴いたCD
BILLY PRESTON「THE KIDS & ME」

ビートルズ好きな同僚君にビリー・プレストンの「神の掟」を聴かせようと図書館へ行ったら見当たらず、だけど本作があったので自分でも聴こうと借りてきた次第です…てっきり「神の掟」以降もビートルズ人脈で活動してたのかと思ったのですが、割と早々に引き返してたみたいですな?笑
まぁ「神の〜」の製作が「LET IT BE」と同時進行だったというから、ほとんどビートルズ解散の立会人状態だったのを思えば古巣のアメリカに戻った方が気楽にやれたのじゃないかと。
因みに本作、彼の代表作とされる「Nothing from nothing」や「You are so beautiful」を収録してます。

「神の掟」から本作までには幾つかのアルバムをリリースしていますし、別に聴き比べたって仕方ないんですけど…ざっくり言っちゃうと「神の〜」はロックっぽく感じますね、要は本作の方が彼自身のスタイルなんだろうなといいますか。
基本的にはルーツ音楽であるゴスペルが彼の持ち味なんです、んで彼をリスペクトするジョージ・ハリスンを筆頭にヤードバーズやストーンズのメンバーが参加した成果が「神の〜」で。
母国に戻って伸び伸び演った成果が本作、といった見方もあながち見当外れではないんじゃないですかね?

ただ持ち味といってもゴスペル一本槍じゃなくて、南部の大御所R&B系アーティスト達をサポートしてきた経歴もブレンドされているせいか非常に聴きやすいのですよ…まぁ'74年の作品ですからサム・クックとかオーティス・レディングの時代より洗練されてるのも当然ですが、それにしたって全体的にポップだな。
少なくともブッカーTドラマティックスよりはサッパリしてますね、結構ブラスが入ってるので賑やかではありますが。
0
    | music | 2015.12.16 Wednesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top