おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだマンガ
長崎尚志(原作)、きら「SQ[エスキュー]」

手に取った時は気が付きませんでしたが、借りて帰ってからパラパラと見てたら原作者が巻末あとがきを書いていて珍しいなと…しかもそれがまたなんか尊大な文章で(何者だよコイツ)と思った時に思い出したんです、浦沢直樹と組んで大当たりした元編集者かと。
よく知らないけど厭な奴っぽいなと勝手に思ってたんですが、マジでそうかも…という先入観バリバリですので、当然ながら読んでも評価が高い筈ありません。
漫画家の絵も特に上手くはないし、推理サスペンスとしてもトレンディ・ドラマにありがちな突飛さ先行。

停職明けの熱血刑事が相棒を組む事になったのがSQ(雪の女王)と陰で呼ばれるミステリアスな女性、極度のコミュニケーション下手ながら「殺人犯の描いた絵からプロファイリングする」という風変わりな心理学の客員教授で…この水と油のような男女が2件の連続猟奇殺人捜査を通じて理解し合い、またSQが隠された過去と向き合いながら心の傷を癒していくという作劇テンプレート的な内容。
ただし「竹取物語」を下敷きにした事件で、かぐや姫の求婚者5人が時の権力者を揶揄していたという説は興味深かったな…5人のリーダーが、陰ではいじめの主役という生々しさもね。

凝った人物造形を落とし込むには紙数が足りなかったのか、前半は特に展開が性急で読み手を担ぎ切れてません…これは漫画家の画力不足か、原作者のコミュニケーション不足からか?
まるでアイドル俳優で作ったドラマを観ちゃった気分、時間を損した的な。笑

〈長崎尚志〉関連記事:
(プロデュース)
【最近読んだマンガ】浦沢直樹×手塚治虫「プルートウ」1巻| 2013.01.14
【最近読んだマンガ】浦沢直樹×手塚治虫「プルートウ」2巻| 2013.01.17
【最近読んだマンガ】浦沢直樹×手塚治虫「プルートウ」3巻| 2013.02.07
【最近読んだマンガ】浦沢直樹×手塚治虫「プルートウ」4巻| 2013.02.01
(原作)
【最近読んだマンガ】芳崎せいむ(漫画)「うさぎ探偵物語」1巻| 2015.12.01
【最近読んだマンガ】芳崎せいむ(漫画)「うさぎ探偵物語」2巻| 2015.12.08
(“江戸川啓視”名義)
【最近読んだマンガ】クォン・カヤ(作画)「プルンギル ―青の道―」2巻| 2012.10.25
0
    | comic | 2015.12.29 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top