ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 最近買ったもの | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
矢野直美「汽車通学」

もうタイトルどおりの、電車で通学している少年少女たちを収めた写真集です。
直球すぎて、それしか説明のしようがありません。笑
ただし都市部の満員電車による通学風景ではありません、かなりローカルかつ長閑な風情が漂う光景です。
あの殺伐としたラッシュアワーに揉まれる少年少女たち、というのも面白そうですけどね…まぁ技術的な問題とは別の困難さが伴うでしょうけど、チャレンジする価値はあると思います。
そのような写真集があったら、きっと本作は素人写真家が投稿するレベルに見えるのではないでしょうか?
だってコレ、リスクもスキルもないスナップじゃん。

だからといって本作に価値がないとかいう訳ではありません、居ながらにして旅情が味わえますし…まるで少年少女らの話の輪に加わっているような和やかさも楽しめるのですね、現実には遠目に眺めているだけであっても次第に車内の空気が悪くなる筈ですが。笑
それに作者の掲げるテーマが「ゆれて ながれて であう 幸せな瞬間」だそうなんで、都市部のハードな通学風景は範疇外ですよね。
初版が'10年という事は、高3だった生徒も社会人になった頃かな…自分だったら肖像権を盾に削除要求をする気がしますが、今の子はプライバシーを晒す事に抵抗を感じないのかなぁ?

ところで本作の撮影場所は北海道各地のローカル線で、四季折々の撮影は大変だったろうなと思ったら…作者の出身も道内らしく、ご実家や知人宅を足掛かりにしたならば案外と容易だったのかもしれませんな。
今も北海道のローカル線はディーゼル列車が主力で、蒸気機関車も遅い時期まで残っていたため「汽車通学」という言葉が定着しているのだそうです…この少年少女が体験した“きしゃつー”は、山手線で通うのとは別物なんだって思う。
吹雪の日もバスに乗って、学生専用と化した汽車で仲間と喋って早弁して…部活帰りに一本逃して、小一時間も待合室で暇潰したり。

大人になって汽車に乗る機会がなくなり、だけど何かの用事で最寄り駅に行ったりすると通学時代がフラッシュバックしたりしてね…そういう事は、山手線だと先ず有り得ないもんなぁ。
僕にしてみれば旅目線でしかない、なかなかお気楽仕事な写真集に見えるけど…本作と同じような“きしゃつー”体験を共有した人からすれば、くすぐったいような懐かしいような気持ちになるのかもしれません。
それにしてもローカル駅のプラットホーム低すぎ、これじゃ年寄りが乗り降りに苦労しそう…でもそういう些細な不便さを却って大事にしたくなるのも、所詮は旅目線なのかもなぁ〜?笑


関係あるかもしれない記事
【最近読んだマンガ】岩本ナオ「Yesterday, Yes a day」| 2016.03.30
【最近行ったところ】徳島| 2016.06.10
0
    | books | 2016.01.12 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top