おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 最近読んだマンガ | main | 最近みたDVD >>
最近聴いたCD
今井美樹「Ivory」

このところ(布袋寅泰以前)の今井美樹が聴きたくて、幾つかAmazonでチェックしてたんですが…たまたま近所のワゴンセールで¥280だったから買っちゃいましたよ、本当は「FIESTA」「MOCHA under a full moon」が欲しかったんですけども。
確か布袋寅泰が楽曲提供を始めたのは「LLUVIA」か「Flow into space」からだったと思うのですが、本作はデビューからその直前までのアルバムよりセレクトされたベスト盤です。
まぁベストでも悪くはないんですけど、アルバム単位で聴きたかったんですよ。

デビュー・アルバムから3作目辺りまでは、時代に迎合しないA.O.R.を意識した音作りで通していたような印象があって…そうした楽曲のルーツと思しき70年代の女性SSWをカバーした「Fiesta」や夏をコンセプトにした「MOCHA〜」を境にアラサー路線へとシフトテェンジ、しかし間もなく布袋の色に染まり始めていったという風に個人的には記憶しております。
布袋の楽曲は非常に好いんですけど、彼が関わると思いっきり彼の色になっちゃうんですよね…山下久美子がそうだったように、決して変な意味じゃなくてアーティストを食っちゃうの。

実際、それで今井美樹も売れたんだけど…やっぱり初期の売れ線じゃない玄人っぽいサウンドの彼女が好きだったんですよ、僕は。
なので本作に集められたタイアップや小ヒットした初期の楽曲は、僕からすれば逆に外したい曲が多いのですよ…例えば「オレンジの河」とか「野性の風」はオリジナル・アルバムで聴いてた頃も飛ばしてましたからね、なんか陳腐だし。
まぁベストですからシングル曲が優先されるのは仕方ないけど、その辺をやっぱりアルバム曲の「泳ぐ」とか「9月半島」なんかに入れ換えたくなるんです。

しかしソバージュ・ヘアに白シャツ+オーバーサイズのUSED501という、お約束のスタイリングが懐かしいな…確か「mc Sister」のモデルから役者になって歌手も並行してたんですよね、私生活まで布袋に染まった事は一向に構わないのですが激ヤセした今の彼女がどこで別物になったのかとも思う訳で。
そのように思うと本作はまさに(布袋以前の今井美樹)というサウンド的な統一感がありますし、歌詞としても「半袖」辺りからのアラサー目線な方向性未満として20代半ばの心情でまとまっているような気も…とはいえ自分が聴きたかったのとは何となく違う感じで、余計にモヤモヤしちゃった。笑


関連記事:
【最近聴いたCD】今井美樹「mocha under a full moon」| 2016.05.21
【最近聴いたCD】今井美樹「Bewith」| 2016.05.27
【最近聴いたCD】今井美樹「ルトゥール」| 2016.06.01
【最近聴いたCD】今井美樹「Lluvia」| 2016.06.08
【最近聴いたCD】今井美樹「fiesta」| 2017.09.20
0
    | music | 2016.01.04 Monday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top