ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近みたDVD
「キャプテンハーロック -SPACE PIRATE CAPTAIN HARLOCK-」

松本零士の原作漫画は「クイーン・エメラルダス」同様に未完のまま放置されていた気がしますが、何故か唐突に映画化されたんですよね…てっきり実写の特撮物だとばかり思ってスルーしてたら、レンタル店のアニメ・コーナーにあったので好奇心から借りました。
しかし人物をフルCGで描写する手法って、なんか「FINAL FANTASY」っぽくて一昔前な感じがしますね。
しかもタイトルのロゴが宇宙戦艦ヤマトみたいな墨書風、もっともらしい用語の目眩ましでも誤魔化せない“ダークマター機関”というご都合主義…さすが松本零士ワールドという、日本SF最後の大ネタです。笑

ハーロック役の小栗旬といい青年ヤマ役の春日晴馬といい、ミーメ役の蒼井優もヤッタラン役の古田新太も俳優キャスティングにありがちな棒読みでも過剰演技でもなく違和感ないです。
ただしエンドロールでメインキャストの彼ら有名人の後に、わざわざ線で区切りを入れてから声優をクレジットしたのは何故なのか?
それと主題歌のONE OK ROCKね、初めて聴いたけどKPOP調アコースティック・バラードとはダサ過ぎてビックリ!
加藤登紀子の挿入歌は編曲にシアター・ブルックの名が入っていたけど、どこで流れてたやら分からんし。

とはいえ黄昏時を迎えた人類と不可侵の聖地である地球を巡る、意外なストーリー展開は予測が付かず楽しめました…不滅の体で反旗を翻す宇宙海賊の船長と、密偵として海賊に加わった青年が握る命運と知られざる地球の真実や如何に?
誰もが格好付けてる陰に隠した弱さや、確固たる信念を容易く自らの煙幕としてしまうなど寓意を込めた演出は辛辣で好い感じです。
結局みんな幻にすがって絶望から目を背けていた、その最大要素であり最後まで頑なに目を閉じていたのが支配者達だったのね…“すべての命は その内側に――永遠を宿している!”、この一言に共感しました。

あ、そうだ…まゆってTVアニメだけのキャラだっけ?
あとさ、執拗に「死んで、また生き直す」とか言わせるのって…もしかして「さらば宇宙戦艦ヤマト」で感動的に散った筈のヤマト&乗員で平然と続編を作った、恥知らずな過去への35年越しの言い訳かい?
まぁメカは好かったし、キャイ〜ン天野っち激似のヤッタランを始めとしたキャラもモーション・キャプチャー入れたシーンは好かったな…もうさ、このメンツで松本零士と歌抜いてやり直せば?笑
なんか本当に勿体ないわ、好い部分が際立って逆に粗が目立っちゃった感じで。


〈松本零士〉関連記事:
【最近読んだ本】むとうやすゆき「銀河鉄道物語 闇の慟哭」| 2011.02.19
【最近読んだ本】松本零士「クイーンエメラルダス」vol.1| 2011.03.18
【最近読んだ本】松本零士「クイーンエメラルダス」vol.2| 2011.03.30
【最近みたアニメ】「さよなら銀河鉄道999−アンドロメダ終着駅−」| 2013.08.30
0
    | animation | 2016.02.07 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top