ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近聴いたCD
DEVO「Q: Are We Not Men? A: We Are Devo!」

'78年、あの有名なストーンズの「(I can't get no)Satisfaction」カバーを収録したディーヴォのデビュー盤ですね…プロデューサーは彼らが敬愛していたらしいブライアン・イーノ、ちなみにバンド名の由来はWikipedia情報によると“「De-Evolution」の略”だそうで“人間は進化した生き物ではなく、退化した生き物だ”という意味合いが込められているのだとか(邦題「頽廃的美学論」)。
実は同僚君が彼らの「サティスファクション」を何故か高く評価していて、それとはまた別にYMOが彼らの影響でビートルズの「Day tripper」をカバーしたというから(どんだけ〜?)とか思って借りてきた訳。

とりあえずストーンズのカバーだけは大昔に聴いた事があって、その時の印象はヴァン・ヘイレンの「Jump」をカバーしたアズテック・カメラと同じ位(酷いな)って感じだったんですが。
そういうカバー曲を集めた編集テープではなくアルバムとして聴いたからか、あるいは当時と感じ方が変わったのか…原曲の黒っぽいグルーヴ感を打ち込みビートの単調なループに変えて、特徴的なギターのリフを再構築したアレンジは大胆かつ実は練られていたんだなと気付かされましたよ。
細野晴臣YMOでやろうとした「ノリの数値化」も、もしかしたら彼らの方法論にヒントを得たのかも?

とはいえディーヴォはテクノじゃありません、少なくとも本作はタイトでミニマルながらもロックンロールしてます…技巧的ではないというか演奏自体は上手い訳じゃないのに、音数を絞った上で効果的に鳴らしているせいか雑には聴こえない辺りが只者じゃないな!
コンセプト上チープに演ってるだけで本当はスキルありそう、決してセンスだけでは出来ない構成ですし。
まさか今になって彼らの評価が反転するとは自分でもビックリですわ、もしかしたら(どうせキワモノ)的な先入観があったのかな…だからといって好きにはならないけど、ロック史の特筆に値するバンドでしょう。


*以下の動画は、携帯からでは視聴できないかもしれません。


『Devo I Can't Get No Satisfaction』(この格好、よく江口寿史がネタにしてましたね…ちょっと前に似たような格好の日本人バンドがいましたけど、このパントマイムめいた動作はクラフトワークにも通じてるのかな?)


『Devo - Too Much Paranoias - 1978 - France』(この曲スゴイよね、もしかしたらXTCって「Train Running Low On Soul Coal」で真似してない?)
0
    | music | 2016.01.09 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top