おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近聴いたCD
CORINNE BAILEY RAE「同」

'06年リリースの、コリーヌ・ベイリー・レイのデビュー盤です…何だか非常に今更な感じですが、近所のワゴンセールで¥280だったもので買っちゃいました。
一時期なんだか流行ってましたよね、シャレオツ系ってよりは意識高い系ノリで…ノラ・ジョーンズの二番煎じといいますか、スザンヌ・ヴェガの持て囃され方と似てる感じでしたけど。
楽曲としては嫌いじゃなかったので、世間の熱が冷めた今なら聴けるかなって。
だけど不思議なくらい印象に残らないのです、何回も聴いてみたけど無味無臭。
ま、それが潔癖症の若い世代に受けた理由なのかも?

楽曲的には誰に似ているとも思わないし、後に残る曲も幾つかあるんですよ…UKソウルと言われれば成る程、と腑に落ちる感じも。
サウンド的にはアンプラグドなオーガニックぽさが売りなんでしょう、個人的には低音の効き方がレゲエとも違う重さで興味深いんですけども…ただこの舌足らずなロリータ声ですよ、段々と聴いているのに嫌気が差してしまいましてね〜。笑
もうちょっと好い所あったんじゃないの?と思わないでもないんですが、もう改めて聴いてみる気にはなれないので何時かまた後日。
0
    | music | 2016.02.06 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top