おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近聴いたCD
LABELLE「NIGHTBIRDS」

ナイトバーズ、ですかぁ…なんかシャカタクを思い出しますが、後先で言えば本作の方が先なんですよね。
'74年の本作、1曲目が「レディ・マーマレード」です…同僚君の意外な一面、という感じがしますけど。
彼に別にラベルの大ファンとかでは全然なくて、どうやら僕にとっての「Escape (the pina colada song)」みたいなものらしいです…つまり彼的には「レディ〜」がコメディ映画のネタ音楽なんだそうで、僕はそれほどピンと来ないけど。
ラベルと言えば僕は、ソロに転向してからのパティ・ラベルが歌っていた「If you asked me to」を先ず連想してしまうのでした。

確かに「レディ〜」は有名ですが、他に何かヒット曲ってあったんだろうか?…いわゆるR&B女性コーラス・トリオなんですが、パティ以外の2人は名前がラベルじゃないんですなぁ!
それと本作のアレンジとプロデュースを担当したのが、なんとアラン・トゥーサンなんですね〜?…しかしアランもまた僕にとっては謎の人で、二十歳頃に「FROM A WHISPER TO THE SCREAM」というアルバムを聴いたものの全然サザン・ソウルらしくないし印象自体が非常に薄かったんですよ。
本作も系統的にはモータウンというよりスタックスっぽいんですが、解説書がないので詳細は不明です。

まぁ敢えて例えれば、初期のポインター・シスターズを思わせるゴスペル要素が特徴かな…ほとんどの曲でホーンとエレピが鳴っている点は先日のビリー・プレストンにも通じるのですけど、そこまでゴスペルではないし楽曲もキャッチーとは言い難いのですよね。笑
「同僚オススメCD」シリーズその48
0
    | music | 2016.02.13 Saturday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top