ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
筒井康隆「農協 月へ行く(上)」

本書は社会福祉法人 埼玉福祉会より'00年に刊行された「大活字シリーズ」の一冊で、角川文庫の「農協 月へ行く」を底本に上・下巻の分冊として500部のみ出版されたそうです。
しかしまさか、このような形であれ再び本書に出会えるとは思ってもみませんでした…僕が最初に読んだツツイ本が、底本となったその文庫本だったのです。
朝日ソノラマで文庫デビューした僕が次に選んだのが日本SFのアンソロジーで、そこで小松左京、豊田有恒、かんべむさし横田順彌らと共に作者を知ったのでした…その文庫本の題名はおろか各作品のタイトルも内容も完全に忘れてしまいましたが。

そうして文庫本コーナーで筒井康隆を物色していて目に止まったのが、この物騒な題名でした…今では農協なんて言葉は牛乳のパック位でしか見掛けませんし、これがJAだとニュアンスが変わってしまうんです。
当時ガキだった僕でもイメージとしての農協は知っていて、無論この表題作ほどではないにしても割と昨今話題になる(爆買い中国人観光客)的な存在として認識されていたのでした。
ほぼ最初の文学作品がコレでは、ある意味「ワースト・コンタクト」だったのかもしれません…でも35年ぶりに読み返して、小学6年生の僕が完璧に理解していた事に驚かされました。

まだ○○○○に○が生えたばかりのガキでも分かるもんなんですよ、そういえば確か江口寿史もコレを漫画化していましたよね?笑(←もしかしたら導入部が「すすめ!!パイレーツ」に引用されただけかも)
SFというジャンルは、いわゆるハードSFのように硬派な作品ばかりではない間口の広さがあるのだと教えてもくれた衝撃作です。
成金の観光を揶揄しながら第一次接近遭遇と絡め、著者の好きな上方落語のユーモア・センスでくるんだ強烈な毒は今も作者の金字塔的な代表作といえますね。
“しゃべる言葉もだぢづでど”などリズム感のあるシュールなフレーズは未だに焼き付いていますし、どさくさ紛れに“無知な大衆の暴力は恐ろしい”とも。

「日本(以外全部)沈没」は小松左京のパニックSF「日本沈没」をネタ元とした、()内を敢えて小さいフォントで表記するパロディ小説…白人優位社会の逆転が生む嗜虐と、当時ウサギ小屋と揶揄された過密国家の自虐が調和する可笑しさ!
「経理課長の放送」はラジオ局の全面ストで急きょアナウンサーを押し付けられた中間管理職、という設定で音声ブツ切れも含めた一人称視点ならぬ聴点のアバンギャルド独り芝居。笑
「信仰性遅感症」は禁欲的な女教師が体験する奇跡、17時間ってバチカンとの時差かな…エロ小説かと思わせて、カトリックを根底から笑いのめした異色作。

いやー、まさか今でも笑えるとは思いませんでした。
80年代以降のギャグって、ほとんどが著者の洗礼を受けていますよね…もはや二番煎じどころか四番煎じレベルな気もしますが、やはり70年代の筒井作品は無茶苦茶キレがあります。
パクられまくって陳腐化しちゃったかと思ってて、再読して落胆するのが怖かったんですが…時代が古くなった事で、却って時代性の鋭さが明確になるとはな!
まぁ今から読みます的な若い読者は、そういう時代の空気が読めなくて面白さも半減しちゃうだろうけど。
もう仕方ないよね、解説されて笑える話でもないし?


〈筒井康隆〉関連記事:
【最近聴いたLP】「ザ・インナー・スペース・オブ・ヤスタカ・ツツイ」| 2008.05.13
【最近読んだ本】筒井康隆「エンガッツィオ司令塔」| 2009.08.15
【最近観たアニメ】「時をかける少女」| 2009.08.24
【最近読んだ本】筒井康隆「七瀬ふたたび」| 2010.03.12
【最近読んだ本】筒井康隆「近所迷惑」| 2010.05.25
【最近読んだ本】筒井康隆「ヘル」| 2010.07.27
【最近読んだ本】筒井康隆「W世界の少年」| 2011.08.12
【最近読んだ本】筒井康隆「出世の首」| 2013.03.28
【最近聴いたCD】タモリ「TAMORI」| 2013.04.01
【最近読んだ本】筒井康隆「ビアンカ・オーバースタディ」| 2014.01.25
【最近読んだ本】筒井康隆「旅のラゴス」| 2014.04.14
【最近読んだ本】筒井康隆「農協 月へ行く(下)」| 2016.03.15
【最近みたアニメ】「PAPRIKA」| 2016.11.09
【最近みたDVD】「パプリカ」| 2017.01.01
【最近読んだ本】筒井康隆「最後の喫煙者 自選ドタバタ傑作集 1」| 2017.07.04
【最近読んだ本】筒井康隆「傾いた世界 自選ドタバタ傑作集 2」| 2017.07.16

関連ありそうな記事:【最近読んだ本】V.A.「5分で凍る! ぞっとする怖い話」/V.A.「七つの怖い扉」| 2016.08.17
0
    | books | 2016.03.08 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top