ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近読んだ本
筒井康隆「農協 月へ行く(下)」

角川文庫の「農協 月へ行く」を底本に分冊した「大活字シリーズ」、下巻は「自殺悲願」「ホルモン」「村井長庵」の3作品です。
「自殺悲願」は売れない作家のドタバタ悲喜劇で、自殺すると著作が売れるという風潮をネタにしてます…もちろん作家を踊らせるのは世間の風潮で、この設定を音楽業界にすれば今でも通用するのが情けない。笑
「ホルモン」はノンフィクション仕立てで、架空の切り抜き記事を並べて話を進める実験的手法が特徴です…ビデオの時もでしたが、PCやDVDが急速に普及した裏にはスケベなコンテンツが貢献していたという噂を思い出します。

「村井長庵」はピカレスク時代小説で、自分が極悪非道である自覚すらない医師が小さな島で繰り広げる悪虐の宴を描いています。
村井という異常性欲者の性的異常性が増すにつれ、例え「農協 月へ行く」を理解している小学生でも流石にドン引きする展開に…屍姦までは笑えても嬰児レイプは肝が冷えましたよ、その辺でようやく笑い話じゃなかったのかと気付かされるのですが特にオチのない点も当時は衝撃でした。
しかし巻末の解説を読むと、70年代のツツイ作品は反逆と暴走を旨としていた事が腑に落ちます…つまり(愛と平和)を弾劾し、自ら悪漢として振る舞ったと。

解説の言を借りるなら“すべての人間は自己保存の本能だけをふんだんにかかえて孤独である”、そんな登場人物の俗悪ぶりが世間の綺麗事を読者に問うのです…これは当時の著者が頻繁にマスコミ関係者を主役に据えている事も、あながち無関係ではない筈ですよ。
村井の発想は我慢を知らない子供のように読者を挑発しますが、計算高い犯罪者として描かなかったのは「おれ」に関する話だからですね…社会との関係性は棚上げして、徹底的に読者自身という「個」を検証させる企みがあったのでは?
だからこそ十代の僕はツツイ作品に反応したのだと、妙に合点がいきます。笑

自分の中の常識に刷り込まれた偽善、あるいは抑圧の正体…世の中と関わる年頃に生じる様々な違和感を、笑いに変換し検出する装置だったのかもしれません。
そしてまた、フランシス・ベーコンの絵画に惹かれた理由もツツイ作品が示した実相と仮想のズレと同根だったように思えました。
いつの間にか大人になり、世間への適応と引き換えに目を背けていた欺瞞…それは社会の嘘や腐敗というより、むしろ汚れた鏡へと同化していた自分の滑稽さや薄弱さにも見えてきます。
醜悪さも卑屈さも、どこかで心当たりがあるから笑うのです…要するに、自分への異議申し立てなのですな。


〈筒井康隆〉関連記事:
【最近聴いたLP】「ザ・インナー・スペース・オブ・ヤスタカ・ツツイ」| 2008.05.13
【最近読んだ本】筒井康隆「エンガッツィオ司令塔」| 2009.08.15
【最近観たアニメ】「時をかける少女」| 2009.08.24
【最近読んだ本】筒井康隆「七瀬ふたたび」| 2010.03.12
【最近読んだ本】筒井康隆「近所迷惑」| 2010.05.25
【最近読んだ本】筒井康隆「ヘル」| 2010.07.27
【最近読んだ本】筒井康隆「W世界の少年」| 2011.08.12
【最近読んだ本】筒井康隆「出世の首」| 2013.03.28
【最近聴いたCD】タモリ「TAMORI」| 2013.04.01
【最近読んだ本】筒井康隆「ビアンカ・オーバースタディ」| 2014.01.25
【最近読んだ本】筒井康隆「旅のラゴス」| 2014.04.14
【最近読んだ本】筒井康隆「農協 月へ行く(上)」| 2016.03.08
【最近みたアニメ】「PAPRIKA」| 2016.11.09
【最近みたDVD】「パプリカ」| 2017.01.01
【最近読んだ本】筒井康隆「最後の喫煙者 自選ドタバタ傑作集 1」| 2017.07.04
【最近読んだ本】筒井康隆「傾いた世界 自選ドタバタ傑作集 2」| 2017.07.16
0
    | books | 2016.03.15 Tuesday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top