おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近聴いたCD
RED HOT CHILI PEPPERS「CALIFORNICATION」

真っ青な海を背にしてスイミング・プールがあり、その水面には血のように赤い雲が渦巻いている…この海も雲も実は天地が逆さまで、彼方のプールサイドには置物じみた巨大な蛙が横顔を向けて鎮座している。
清々しく荒々しく禍々しいジャケットのアートワークが印象的な'99年の本作、前作「ワン・ホット・ミニット」のみで脱退したデイヴ・ナバロの穴を埋めたのは復帰したジョン・フルシアンテ。
かつて同僚君は「このアルバムからレッチリはクソ詰まらなくなった」と言ってたけれど、聴き直してみたら「思ってたより好かったわ」ので僕にもオススメする気になったのだとの事。

しかしフリーがベース弾いてりゃ何やってもレッチリですな、上手いしセンス好いし音も好い…ってベース弾きしか分かんないだろうけどね、普通はギターと見た目で混同されてるし低音なんて聴いてないもんね?
でもベース上手けりゃ好きになるかっていえば、デイヴ・リー・ロス・バンドもアイアン・メイデンも好きにはならない訳で…まぁ話を戻すとフリーの音がレッチリのキモで、そこにジョン・フルシアンテの変態ギターが絡んで完成という。
ここでドラムスまで変態に走らない匙加減ね、ビートは飽くまで地味に分かりやすくしてるのがマニアック過ぎなくて受けたのかも?

実際コードの展開だけなら面白くも何ともなさそうな曲だって、フリー&フルシアンテのアレンジと勢いとで聴かせてる気もするし…と思えば「Scar tissue」とか「Porcelain」なんて逆に勢いじゃ聴かせてない曲に、不思議な味わいがあったりしてね。
「同僚オススメCD」シリーズその49


〈レッチリ〉関連記事:
【最近聴いたCD】THE RED HOT CHILI PEPPERS「One Hot Minute」| 2013.06.09
【最近聴いたCD】V.A.「THE BEAVIS AND BUTT-HEAD EXPERIENCE」| 2013.12.24
【最近聴いたCD】RED HOT CHILI PEPPERS「BLOOD SUGAR SEX MAGIK」| 2014.05.18
【最近聴いたCD】THE RED HOT CHILI PEPPERS「The Uplift Mofo Party Plan」| 2014.08.01
0
    | music | 2016.03.12 Saturday | comments(0) | - |













    ↑ top