ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 最近買ったもの >>
最近読んだ本
グレイス・ベイリー(著)、村上春樹(訳)「最後の瞬間のすごく大きな変化」

最初にお断りしますが、本書を借りたのは決して村上春樹目当てではありません…背表紙のタイトルに先ず足を止め、そしてエドワード・ホッパーの絵をあしらった表紙カバーに惹かれたからなのでありました。
内容的には、どの短編も「男ってのは」という女たちの止む事のないお喋り…様々な会話が脈絡なく入り乱れ、同時に脳内のビジョンや独り言も割り込みます。
アメリカでは幅広い年齢層の女性読者に支持されているようですが、僕には読むのに労力を要しました。笑
何にしてもクセが強い嗜好品は好きか嫌いかに分かれる訳です、訳者もそれを承知で著者を紹介した様子。

もしかしたら訳者がフィクションを書く時に用いる、あの独特な形容文は著者から多大な影響を受けているのかもしれませんね…僕が気に入った、幾つかの文章を引用するとこんな感じ。
“彼女はフェイスの悲しみを、そんなものは実際には世界のすべての主要毒物の中で最も毒性の少ないものなんだから、という感じで圧殺してしまった”
“でも今は、彼の話に耳を澄ませながら、太い愛の肉棒の向こうに、孤独な老年と寂しい死をはっきり目にすることができた”
更に、ユニークだけど何言ってんだか考える気も起きないようなのも一応ご紹介しておくとしましょう。

“あと二年生きて子どもたちやらこのごみため状態がどうなっているのか見てごらんなさいよ、きっと世界じゅうのチーズの穴がぼうぼうと火を吹いて燃えあがっているわよ”
“やつらは普段はこっそり身をひそめている。やつらは風呂につかって微笑んでいる。そしてそのあいだに東海岸じゅうの皮革製品産業が、やつらの歯のあいだのカスの中からすくすくと育っていくんだ(中略)ひとりのおいぼれのギリシャ人、こいつは半分眠っているんだが、それでも五十人のユダヤ人にその大理石の双肩をもたせかけている”
徹底的に訳分かんない言い回しは、もう潔い位です。

本書は大して厚くもないのに17もの短編が詰め込まれていて、まるで砂丘の競歩か大嫌いな野菜の小鉢みたく量の割には一向に減らず忍耐力と慈愛の精神を求められますが…読む努力を放棄して分かろうとするのを止めた途端、不意に馬鹿馬鹿しい気持ちで笑いながら坂を駆け下るようにページが進み始めるのですよ。
それは人によるのでしょうが、おそらくどこかで何かが麻痺するとスイッチが入る仕掛けなのではないかと…まるで(所詮、人は分かり合えないのだ)と気付いた時から円滑になる人間関係みたいに、著者は左脳で読解される事を拒んでいるようにも思えてきます。

あちこちに作者を仮託したようなフェイスという名の女性が出没するのも本作の特徴で、彼女が何かを語り出すと独特のトーンに支配されます…最初のうちはそれが手強い存在だった筈なのに、いつの間にか近所の面倒臭いババアだと割り切って話半分で聞き流すようになると案外取っ付きやすく感じるから不思議です。
もしかしたら、この感覚が訳者のいう“中毒性”なのかな…さすがに一冊目なのでハマりはしませんでしたが、分かる気はしますね。
0
    | books | 2016.04.10 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top