ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 最近買ったもの >>
最近読んだ本
ロベール・ドアノー(著)、平松洋子(監修)「ドアノーの贈りもの 田舎の結婚式」

本書は、初版が'13年である…ドアノーといえば50年代前後に活躍したフランスの写真家だが、ブレッソンや彼の写真は誰もが一度は目にした事がある筈だ。
パリのエスプリを感じさせるモノクロ写真は日本でも長く人気を保っているし、80年代には何故かジグソーパズルにもなったりした…それが今更、重版でも復刊でもなく新刊だって?
(また楽して一儲け企んでる出版社か)と僕が偏見を抱いたのは、そんな消費のされ方を思い出したからだ…「贈り物にも最適!ラヴリーなフォト・ブック」とかそんな惹句で、またぞろ借り物を並べてるのかと。

しかしそうではなかった。
監修者は本業がエッセイストで、元々ドアノーの娘と親交があったのだという。
ドアノーの著作管理をする彼女たちから見せられた、未発表のシリーズ作品…それは戦時中に疎開していた家での結婚式を撮影した、私的な贈り物であるが故に持ち主も門外不出としてきた写真群だったのである。

先ずは結婚する2人の支度風景、そして披露宴を催す花嫁側が1週間前から準備してきた400個のチーズケーキと料理の数々…当日は花嫁と父親が行列を従えて4キロ離れた町へ向かう、その道中では2人が婚約した農場に藁束が燃やされ家々が用意した椅子にリボンを通したゲートを通る。
両家の宗派が違うので役場で式を挙げると、花嫁の隣は花婿に交替…一張羅の行列は長閑な道を引き返して隣家の祝砲に迎えられ、大きな板張りのテントに用意された宴席で人々は飲んだり踊ったりして楽しむ。
新郎新婦がウェディングケーキの炎を消すとお開きで、2人は短い旅に出る。

巻末には、撮影時に記していたノートに基づく解説文が載っている…モノクロ映画のシーン集にも見える光景が、その時に書き付けた言葉によって現実味を帯びて感じられるから面白い。
これは'51年当時、本当にあった出来事なのだと…彼らは実在し、こうした祝い事が村全体のイベントとして日常から区切られていた世界に鑑賞者は直面する。
村に伝わる婚礼のしきたりなど我々の感覚では異世界に等しいが、花嫁行列の前後を慌ただしく動き回るカメラマンを想像すると今も昔も変わらない気がした。
ヌケの悪さやピンの甘さはエマルジョンや印画紙に由来するのか、経年劣化か?

監修者による長文のあとがきだが、エッセイストだけあって実に読ませる。
彼女の文章を読まなければ、この先も僕はドアノーを誤解し続けていただろう。
彼は芸術家である前に、一家を養う職業写真家だった事…そして有名な「パリ市庁舎前のキス」は米ライフ誌の注文にあわせた一枚であり、これが代表作と見なされた事が晩年までドアノーを悩ませていたとは!
彼はチャラい写真を撮るチャラい男ではなかった、写真と家族が生き甲斐の義理堅い苦労人だったのだ。
パリ市庁舎前のキス (←左クリックで拡大表示されます)「パリ市庁舎前のキス」


関連あるかもしれない記事:【最近読んだ本】齋藤亮一「ふるさとはれの日」| 2016.04.24

〈結婚〉関連記事:
【最近みた夢】米倉涼子とクドカン夫妻| 2008.02.04
【最近読んだマンガ】藤臣柊子「幸せな結婚しようね」| 2010.03.19
【最近読んだ本】柴田れいこ「Sakura さくら」| 2011.01.04
【最近みた夢】違和感だらけの結婚式| 2013.05.06
【最近読んだ本】「ジョンレノン 祝福 ―グロー・オールド・ウィズ・ミー―」| 2013.08.25
【最近読んだ本】林典子「キルギスの誘拐結婚」| 2015.04.20

〈50年代〉関連記事:
【最近読んだマンガ】波津彬子「お目にかかれて」| 2009.11.04
【最近みたDVD】「ぼくの伯父さん」| 2013.10.28
【最近みたDVD】「ベン・ハー」| 2014.06.11
【最近みたDVD】「アイアン・ジャイアント」| 2014.12.03
【最近みたDVD】「巴里のアメリカ人」| 2015.10.01
【最近みたDVD】「80日間世界一周」(DISC ONE)| 2015.10.15
【最近みたDVD】「バック・トゥ・ザ・フューチャー」| 2016.09.21
【最近みたDVD】「クイズ・ショウ」| 2017.02.04
【最近みたDVD】「グローイング・アップ5 ベイビーラブ」| 2018.11.22
【最近読んだ本】池波正太郎「夢の階段」| 2019.06.15
0
    | books | 2016.04.17 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top