おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 最近みたDVD | main | 最近みたDVD >>
最近みたDVD
「進撃の巨人 attack on titan 1」

ちょっと前に実写化されたりもした漫画のアニメ版です、まぁ(何がそんな人気なの?)とは思ってましたが流行ってるタイミングで観るのも間抜けなので放置してたんです…というか忘れてたんですけど、レンタル店の棚で見付けたので「シリーズ物アニメ1巻借り企画」その4として選択。
“その日、人類は思い出した…奴らに、支配されていた恐怖を”というモノローグで始まる初回「二千年後の君へ」、副題「――シガンシナ陥落(1)――」…中世ヨーロッパ風の町を囲む高い塀の向こうから覗き込む皮膚なし巨人という、このアバン一発で本作の世界観を語っているのは見事。

舞台は845年のシガンシナ区、アバンに出てきたのと同じ町っぽいけれども…壁外の巨人たちは先ほどの皮膚なしと違って肌も髪の毛もあるし、50mの壁を越えるには余りにも小柄です。
故に兵士は弛緩し、主な任務は壁の補修という有様。
しかしエレンが憧れる調査兵団は、閉ざされた町の外を探索し謎多き巨人たちを調査する任務に就いております…とはいえ何も成果は挙げられず、いたずらに巨人の餌となるばかりです。
危険を承知で外の世界が見たいエレンと、非力な彼の向こう見ずさを案じるミカサ…それに「探しに行こうよ」そっくりな町の雰囲気、これはズルいよなぁ!

(「探しに〜」がリメイクされたら好いな)という願いが、まさかこんな風に叶うとはなぁ…ちょっと成長した主人公たちとゲームでは決して行けなかった壁の向こうが、って言うまでもなく僕の妄想ですがね?笑
壁は三重構造になっていて、町の中央から約250km四方を囲む壁がシーナでその約130km先がローゼ、更に100kmを隔てて最も外側は壁マリアと呼ばれています。
この壁によって続いている100年の平和を過信した王政府は、壁の外に興味を持つ事自体を禁じましたが。
冒頭の皮膚なし巨人が壁を蹴り開け、町に小さな巨人が続々と侵入してきます。

瓦礫の下敷きになった母が巨人に食われるのを救えなかったエレンとミカサですが、死を恐れず巨人に立ち向かった兵士が決意を翻して2人を担ぎ逃げ出した理由が気になりますね…巨人の顔が身内に似ていたのでしょうか、食われた者もまた巨人へと転生するとか?
2話目の「その日/――シガンシナ陥落(2)――」では、町が壁マリアの外に小さく張り出して囮の役割を果たしていた事が判明…突然の災厄は最小限度の被害に抑えられる筈でしたが、皮膚なしとは別の体育会系な大巨人が壁マリアに突っ込んで人類の活動領域はローゼ内まで後退しました。

シガンシナだけでなくマリア域内から押し寄せた膨大な避難民、僅かな配給食や厳しい住環境への苛立ち…何よりも過酷な現実への怒り、受け入れ地域住民の不安と軋轢などは現在の世界情勢を予見したかのよう。
王政府は総人口の2割に相当する避難民を充分な訓練も装備もなく実戦に投入、思惑通りに食料不足への口減らしは達成…気弱な友人アルミンも身内を失って3人は訓練兵に志願します。
実に寓意性の高い話ですね、これは流行るのも納得。
ところでエレンとミカサは兄弟か姉妹と思ったらミカサは苗字が違うのね、彼女の生い立ちもストーリーに絡んでくるんだろうな。

人類領域の中心ほど標高が高く、領域内は水や地下資源に恵まれているという設定はともかく…中世ヨーロッパ風の文化に対して異質な、金属製と思しき人体装着式の兵装に複雑なワイヤーアクションは違和感が。
それとエレンのグリグリした目付きは苦手だなー、その内面にたぎる正義感と復讐心を表しているにせよ…そして不気味なのは「人体の不思議展」みたいな外見した大巨人より、むしろ尖った歯以外は現実の等身に近い小さな巨人の方だわ!
人々を素っ裸で捕食する小巨人の姿も露骨なメタファーだけど、支配者が行使する権力より分かりやすく暴力を象徴する巨人は最後まで文字どおりの巨悪なのかな?
0
    | animation | 2016.05.05 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top