おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
 (JUGEMレビュー »)

こちらも「アーサー王宮廷のヤンキー」同様「トウェイン完訳コレクション」の一冊、子供の頃に読んだ童話絵本をイメージしたら大違いです。
古き良きアメリカの牧歌的なジュブナイルに見せ掛けた辛辣な社会批判は、巻末あとがきのナイスフォローを先に読む方が好いかも?
紹介記事【2019.05.22】
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue
Ben Folds & Nick Hornby - Lonely Avenue (JUGEMレビュー »)
Ben Folds & Nick Hornby
「ハイ・フィデリティ」作者×ベン・フォールズ・ファイブ元リーダー(?)のコラボ作。
SOSとはまた異なるバカラック的ドリーミーさ+初期B.ジョエル的な吟遊ピアノ感、ヴィンテージ系シンセ&ストリングスのあしらいも絶妙。
紹介記事【2019.06.27】

<< 本日の脳内BGM | main | 本日の脳内BGM >>
最近聴いたCD
V.A.「ROLLING WITH THE PUNCHES; THE ALLEN TOUSSAINT SONGBOOK」

先日の同僚君から貸してもらったラベルを聴いた時、プロデュース&アレンジにアラン・トゥーサンの名前がクレジットされていたのを見付けて(結局この人って何者だったんだろう?)と思ってたら…まるで待ち構えていたかのように図書館で本作を発見しましたよ、やはり彼は裏方仕事での評価の方が有名なミュージシャンだったようですな?
アラン自身が歌っている1曲を含め24曲をコンパイルした本作は、彼が楽曲を提供したり彼の曲をカバーした中でも特にアランの履歴と関連性の高いアーティストを中心に選んだ様子。

有名どころではボズ・スキャッグス、ボニー・レイット、ローウェル・ジョージ、ポインター・シスターズ、ロバート・パーマー…それとマリア・マルダーにウォーレン・ジヴォン、グレン・キャンベル辺りかな?
こうして列挙しただけでも、カントリー・ウェスタンにR&Bと実に多彩です。
というか単にカテゴリーに囚われないのではなく、それぞれにリズムもコード進行も異なるジャンルの音楽を手掛けている点は驚きですね…現在のようにはボーダーレスじゃなかった当時の製作事情を考えると、裏方としての彼にジャンルを超えた依頼が来るのは非常に特殊な気がするんです。

ぶっちゃけ全曲シブいです、チャート音楽に慣れた耳では合わないでしょう…ただしバーで流れていたら美味い酒が飲めそうですね、適当にBGMかけてる店ではないなって思うかも。笑
しかし(どこを切っても)的な個性は意外と感じられないんですよ、まぁ印象に残る楽曲の特徴といえばサザン・ソウルを思わせる“フォンキー”なディレクションですけど…その辺は彼の関わり具合と選曲の傾向に左右されてる気がして、つまり彼を分かった気になるには全仕事をフォローするべきって事なんでしょう。
それで本作の需要があるのですな、いやはや懐が深いぜアラン・トゥーサン!笑


以下、曲名/アーティスト名
V.A.「Rolling With The Punches - The Allen Toussaint Songbook」(2012) Ace Records Ltd.‐CDCHD 1354

01・Here Come The Girls/Ernie K-Doe
02・Hercules/Boz Scaggs
03・What Is Success/Bonnie Raitt
04・Occapella/Lee Dorsey
05・Let's Live/Aaron Neville
06・Everything I Do Gonh Be Funky (From Now On)/Don Covay
07・Ride Your Pony/The Meters
08・Soul Sister/Allen Toussaint
09・Working In The Coalmine/The Judds
10・Get Out Of My Life Woman/Solomon Burke
11・Sweet Touch Of Love/Irma Thomas
12・Shoo-Rah/Frankie Miller
13・Yes We Can Can/The Pointer Sisters
14・Fortune Teller/Benny Spellman
15・Freedom For The Stallion/Bill Medley
16・Sneakin' Sally Thu' The Alley/Robert Palmer
17・Whoever's Thrilling You (Is Killing Me)/Z.Z. Hill
18・Brickyard Blues (Play Somethin' Sweet)/Maria Muldaur
19・What Do You Want The Girl To Do/Lowell George
20・I'll Be Rolling With The Punches/Millie Jackson
21・Tampin'/The Rhine Oaks
22・A Certain Girl/Warren Zevon
23・Holy Cow/Lee Dorsey
24・Southern Nights/Glen Campbell


Written by :
Allen Toussaint = tracks: 1 to 4, 6, 8 to 13, 15 to 21, 23 to 24,
Naomi Neville (His pseudonym for songwriting credits in his early work) = tracks: 5, 7, 14, 22

Himself arranged = tracks: 1. 4 to 5. 7. 14. 17. 21. 23

Himself Produced = tracks: 1. 4. 7 to 8. 12. 17. 21. 23
0
    | music | 2016.03.31 Thursday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top