ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD]
ReLIFE 完結編(完全生産限定版) [DVD] (JUGEMレビュー »)

ブラック企業で心を折られた27歳ニートが、渡りに舟と食い付いたのは人生リセット人体実験?
アニメが描く夢の世界も、時代を表しているのですなぁ。
うっかり大人目線で色々やらかすネタに笑いつつ、いつしか心を掴まれてしまいました。
紹介記事【2018.05.16】
おいでよ どうぶつの森
おいでよ どうぶつの森 (JUGEMレビュー »)

22世紀を目指し、カレンダーの最終日までタイムスリップしたりと相変わらず楽しんでます。
2100年のどうぶつ村は如何に?笑
紹介記事【2019.06.19】
エクソダスギルティー (通常版)
エクソダスギルティー (通常版) (JUGEMレビュー »)

異なる3つの時代の物語を切り替えながら進む、マルチタイム・ザッピングシステムのアドベンチャー・ゲームです。
資料本「ワールドガイダンス」必携、正直クセが強く微妙ですが。笑
当時流行ったであろう「小説『聖書』」やガイア仮説のSFファンタジー&サスペンス、システム的には不便ですが僕は楽しめました。
紹介記事【2018.11.05】

<< 本日の脳内BGM | main | 最近みた夢 >>
最近みたDVD
「閃光のナイトレイド 1」

アニメのタイトルで最近とみに増えた気がしますな、この「(漢字2文字)の(カタカナ6文字)」パターン…てな事はさておき'10年にテレ東の深夜帯「アニメノチカラ」枠で放送されたらしい本作、CG使うわ葉加瀬太郎に楽曲依頼するわ声優さん達に北京語を特訓するわと気合いタップリ。
大戦前夜の1931年(昭和6年)、清朝政府の主権が及ばぬ租界と化した上海が舞台というだけでゾクゾクしますな…日本の架空組織「桜井機関」の特務員4名が活躍するスパイ・アクション、彼らがエスパーという設定もまた70年代SFっぽくて個人的には堪らん!

第1話「救出行」は4人の「桜井機関」初仕事、国民党と対立する軍閥に誘拐された財閥会長を奪還せよ…しかし会長は密約を交わして、自分の身代金で武器の取引を画策していました。
リーダーの伊波葛はテレポーテーションの瞬間移動に長け、ムードメーカー兼お調子者の三好葵は2分間限定のテレキネシスと「009」でいう島村ジョーの加速装置っぽい能力の持ち主…彼らが主に実働部隊となり、テレパスでサイコメトラーの苑樹雪菜と彼女の元・従者で透視が利く鍵谷棗(なつめ)は情報収集と後方支援で作戦を遂行します。
この件で、桜井機関は政治的カードを得た訳ですな。

実質的には清朝政府など既に崩壊しており、国民党と地方軍閥(八路軍?)が内戦を繰り広げていた中国…大東亜共栄圏構想を掲げる日本は満州国を建国しただけでなく、租界を足掛かりに諜報戦を仕掛けてもいたというね。
この辺りの歴史を把握していない僕としては、フィクションであれど先ずは大掴みに理解しておきたいんですよね…何れにしても真実なんて誰にも分からないでしょうし、角度によって見方が違ってくるのが現代史ってものだと思いますが。
さて次は第2話かと思いきや、何故か前日譚の第0話「船上のクランクアップ」が収録されておりました。

神戸から上海へ向かう客船で、若い女性の連続失踪事件を調査せよ…チーム結成を前に、桜井は各自の能力を試すため個別に調査を依頼していたのであります。
どうやら桜井は4人の訳有りな過去を利用してスカウトした様子、ゆくゆくは桜井とメンバーの対立も起こり得るのではないかと予想…更に音声特典のプロローグオーディオストーリー「上海到着、そして……」で葵&葛による第0話の続きを収録、まぁ八割方喋ってるのは葵でしたけども!笑
因みに第1話分のオーディオコメンタリーは、主役の声優さん4人による和気あいあいトーク…要は雑談ね、なので声優ファン向け。

そして第0話分は、製作のアニプレックスと製作および原作のA-1 Picturesという両社のプロデューサーによる裏方トーク+ゲストとして雪菜役の声優さんが続投…新人らしき彼女は第1話分でもフリートークに緊張してる感じだったけど、お偉いさんに挟まれて一段とやりにくそうだな〜?笑
A-1 Picturesって初めて知りましたが、気合い入った仕事してますね…まさか予算度外視って訳ないし、委員会システムにしてもどんだけバジェット組んでんた?っていう気がしました。
しかし製作サイドも大した裏話なしのグダグダかよ、史実との相違とか歴史的な話題を期待したのに残念。

「シリーズ物アニメ1巻借り企画」その7


追記;A-1 Picturesは、Wikipedhia情報によれば爛▲縫廛譽奪ス傘下の日本のアニメ制作会社”だそうで爐修領悪な労働環境がマスコミに取り上げられ、『ブラック企業大賞2014 業界賞』を受賞した”とも・・・ちなみにアニプレックスはソニー・ミュージックエンタテインメント傘下の、アニメーション中心に映像コンテンツの企画・製作から販売/配給を手掛ける企業だそう。
0
    | animation | 2016.05.08 Sunday | comments(0) | trackbacks(0) |









    トラックバック機能は終了しました。




    ↑ top